日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年11月26日 (日) | 編集 |
沖縄旅行記Ⅱ未公開写真です。


20061126014043.jpg

まずは「万座毛公衆便所」
トイレなのに立派な表札があります。交番みたいです。
たかがトイレと侮れません。


20061126014105.jpg

ゆいレール。


20061126015108.jpg

沖縄では山羊を食べるそうですが、クセがある味なので好き嫌いが分かれるそうです。
ちなみに私もまだ食べたことがありません。


20061126014121.jpg

これはとあるレストランの看板です。
食堂の名前に「次男」とはすごいネーミングセンスです。
外人にも分かるように「second son」とわざわざ英語でも書いてあります。


20061126014150.jpg

おみやげで買いました。「シイサーマスク」のハンカチです!!!
某プロレスマンガのパクリであることは明白です。
ここまで確信犯的にパクるとは…。脱帽ものです。
おみやげ屋の店先で見て吹き出したのは言うまでもありません。


スポンサーサイト
2006年11月21日 (火) | 編集 |
沖縄旅行から帰って2週間程たちました。
今回の沖縄旅行のブログはいろんな試みを行いました。
リアルタイムモブログはドラマ「24」を見て思いついたものです。
沖縄旅行をリアルタイムで伝えるのも面白いかなと思ってやってみたのですが、予想以上に大変でした。
ものすごい頻度で更新したのは初めてでした。そう考えるとしょこたんはすごいなと思います。
今回の沖縄旅行のブログは1日1日の出来事に加え、食べ物や宿の事、花など1つのテーマに焦点を当てて書きました。
当初はちょっとしたコラムみたいな感じでやるつもりが膨大な量になってしまいました。
沖縄旅行記Ⅱはこれで完結ですが、沖縄ネタは今後もブログに書きそうです。


沖縄は実に魅力的な島です。
多くの人を引きつけてやまない何かがあります。
リピーターや移住者が多いのもうなずけます。
かく言う私も沖縄に魅せられた一人です。


沖縄から帰ってくると
「あれもすればよかった。」
「あそこに行けばよかった。」

等、次から次にやり残した事が出てきます。前回そうでした。
前回やり残したことのリベンジを果たすべく今回再び沖縄に行きましたが、またしてもやり残した事だらけでした。
とはいえ、やり残した事があるからこそ、次回沖縄へ行く口実や目的ができるというものです。
次回沖縄へ行ったら何をしようか、考えると楽しみです。
沖縄に行ってやりたいことを箇条書きにしたら100超えるかもしれません。
次回は石垣島などの離島にも行ってみたいなと思います。竹富島や西表島にも行ってみたいですね。

沖縄はとても素晴らしいところです。皆さんも是非お出かけ下さい。


2006年11月21日 (火) | 編集 |
「沖縄旅行全日程書き終えたのになぜプロローグだ?」
と思った方もいるでしょう。
いやいや、また行くわけじゃありません(いずれ行くけど)。
プロローグと言うことで沖縄旅行に行く前の段取りをどうしたか書いてみました。

沖縄旅行の段取りはだいたい2~3ヶ月前ぐらいから始めます。
片っ端からいろいろな情報をインターネットで集めます。
そうして航空券や宿などを手配します。

まず最初にやるのが航空券の確保。これがないと始まりません。
直接航空会社に申し込むこともあれば、格安航空券で申し込むこともあります。
早割などもあるようですので、早いに越したことはありません。

次にやるのは宿の確保です。
宿は沖縄に着いてから見つけることもできますが、インターネット予約した方が割引や特典があったりしますのでそちらの方がお得です。

沖縄旅行で絶対欠かせないのがレンタカー。
沖縄は本土と違い鉄道がありませんので必然的に車が移動手段になります。
現地で借りることも出来ますが、インターネットで予約したら割引が適用されることもありますのでそちらの方がお得です。できればカーナビはあった方がいいです。

私はダイビングをしますので、レジャーの予約もします。
ただし、マリンスポーツなどは天候に左右される部分が大きいので、万一中止になったときのために代替プランも一応練っておいたほうがいいでしょう。

私の沖縄旅行は安い民宿に泊まったり、地元の人が行きそうな大衆食堂に行ったりとかなりベタですが、段取りはインターネットなどのハイテク(?)を駆使しております。航空券の手配や宿の予約にインターネットは欠かせません。割引の適用でどうかしたら1万円近く浮くこともありますから。

私はこのようにして沖縄旅行の段取りを組んでいます。これから沖縄に行く方のお役に立つかどうか分かりませんが(一応)参考にしてください。


2006年11月20日 (月) | 編集 |
垣花樋川を後にし、次の目的地に向かいました。
次の目的地はこの旅のメインイベントの1つでもありました。
なんと、久高島に渡ろうというものでした。


ところが…。


前回にも述べたとおり、その日はマラソン大会があって交通規制がなされておりました。
車もゆっくり進む状態でした。
そのため、時間が大幅に遅れ…
久高島に渡る船の時間に間に合わなかったのです。

船着場に着いたときはもうすでに船は立っており、次の船は1時間半後でした。
次の船に乗るには時間が遅すぎるので、泣く泣く断念しました。


「クヤシィーーーー!!!!」


せっかく久高島に渡って、島内サイクリングをした後にイラブー汁を食べることまで計画してたのに…。

久高島は神様がいる島だと言われています。
きっと神様が私に「ここに来るのはまだ早い」と判断したのでしょう。
またの機会に行こうと思います。

「それにしてもイラブー食べたかった…。」


気を取り直して、プランBに変更。といってもそこから近い観光地に行くことしか思いつきませんでしたが。



 平和祈念公園

沖縄戦で亡くなった人々を慰霊するために作られた公園です。
30分ぐらいで見ようと思って行ったら、予想以上に広い敷地面積でした。
時間がなかったので一部しか見ることが出来ませんでした。
資料館にも行けませんでした。
次回訪れた際はじっくり見ようと思います。

20061125212343.jpg

20061125212354.jpg

20061125212404.jpg

20061125212414.jpg

沖縄には旧海軍指令部壕ひめゆりの塔など戦跡がいくつもあります。
これから沖縄に行かれる方は是非訪れて欲しいものです。
リゾート目的の旅行者の中には、このような所に来るのは気が乗らない人もいるかもしれません。
せっかく沖縄に来るのだから、少しでも沖縄の文化や歴史を吸収して帰って欲しいものです。
悲しい歴史と向き合うのはとても辛いことですが、沖縄の歴史を知ることで沖縄というものをもっと好きになれると思います。
そして、「沖縄にはこのような悲しい歴史があったのだ」ということを心の片隅にでもいいから留めて欲しいと思います。



一路那覇へ向かいました。
レンタカーを返して、国際通りに向かいました。
遅めの昼食を取りました。


「大東そば」にて沖縄そばをいただきました。
麺にコシがあって美味しかったです。

20061125212424.jpg

その後、お土産を買いに牧志公設市場へ向かいました。

20061125212435.jpg

20061125212444.jpg

ここ牧志公設市場は常に賑わっています。
肉屋、魚屋などいろんな店が軒を並べています。
生ものなのでお土産は買わなかったのですが、見ているだけでも楽しいところでした。


実をいうとお土産を買う時間が1時間ぐらいしかなかったので急いで済ませました。
お土産を買った後、急いでモノレールに乗り空港へ行きました。
空港に着いたのですがかなりギリギリでした。さすがに慌てました。
急いで手続きを済ませ、飛行機に搭乗しました。
なんか慌しく沖縄を去るのでとても名残惜しかったです。
もっと時間に余裕を持てばよかったなと後になって思いました。


飛行機が飛び立ちました。
今回は日が暮れる前に飛行機に乗りました。
窓から那覇の町が見えました。
どんどん遠ざかっていきます。
旅の終わりは寂しさに包まれます。
密度の濃い時間であればあるほどなおさらです。

物思いにふけりつつも
「さて、次はいつ行こうか」
と考えている自分がいました。


飛行機が離陸してしばらくの間、外の景色を見ておりました。

20061125212454.jpg

雲海が果てしなく広がっていました。

20061125212503.jpg

夕焼け空はやがて暗くなり、空には月が見えました。


飛行機に乗ること1時間半、無事福岡に到着。楽しくもあわただしい旅は終わりました。



2006年11月20日 (月) | 編集 |
沖縄旅行の楽しみの1つは何といっても食べ物です。
今回は郷土料理に加え、ステーキやバーガーなども食べました。


沖縄に行って絶対食べるのが「沖縄そば」。
沖縄に行くと島のいたる所に沖縄そばの店があります。
今回は国際通りの裏にある「大東そば」にていただきました。

20061125214137.jpg

ここの沖縄そば屋は1泊目の宿のご主人から聞いたお店です。
麺にコシがあっておいしかったです。

私は沖縄そばを食べる時、最初は何も入れずに食べます。
まず、だしの風味を楽しみながら食べます。
3~4割食べたところで「クーレーグース」なるものを入れます。
これを入れることで味がまた引き締まりおいしくいただけます。
このようにして食べると1粒で2度美味しいかも(死語…)。

クーレーグースとは島唐辛子泡盛につけた調味料で、沖縄そば屋にはたいてい置いてあります。少量でも辛いので、さしずめ沖縄版タバスコといったところでしょう。

やはり沖縄に行ったら一度は食べたいものです。



沖縄は米軍統治下の影響もあり、ファーストフード店が多いです。
サセボバーガー発祥の地で生まれ育った私としては、同じ基地の町である沖縄のバーガーにも興味があり、今回食べてみました。
沖縄で有名なファーストフード店には「JEF」「A&W」があります。
前者は沖縄独自のファーストフードチェーン店です。後者はアメリカから来たチェーン店です。
JEFにはいかにも沖縄らしいバーガーがあります。

20061125214158.jpg

1つは「ゴーヤバーガー」です。これは卵とゴーヤが入っています。

20061125214208.jpg

もう1つは「ヌーヤルバーガー」です。これは卵とポーク(沖縄でよく見かける豚肉の缶詰)が入っています。
サセボバーガーならぬオキナワバーガーですね。オリジナリティ溢れるバーガーでした。
A&Wは割とオーソドックスなバーガーでしたが、ここには変わった飲み物がありました。
「ルートビア」なるものですが、かなりクセのある味で好き嫌いが分かれそうです。

ちなみに沖縄のファーストフード店は車で注文し、車に乗ったまま食べることが出来ます。



ファーストフード店と同様、沖縄にはあちこちにステーキハウスがあります。
米軍統治時代からある老舗も多くあります。
今回は那覇とコザにて食べました。

20061125214217.jpg

見たところ何の変哲もないステーキですが、沖縄独自のスタイルで食べます。
どう食べるのかというと、ステーキにAIソースなるものをかけて食べます。
このスタイルは米兵のステーキの食べ方をそのまま真似たものだそうです。
AIソースは海外の調味料ですが味はウスターソースに似ています。
ただ酸味がかなり強いのでかけ過ぎには気をつけたほうがいいでしょう。
私も最初は強烈な酸味でむせてしまいました。
醤油ベースのソースで食べる本土と違い、沖縄ではこのソースをかけて食べるのが一般的なようです。
一味違いますが沖縄スタイルのステーキを堪能しました。おいしかったです。


タコスも食べたかったのですが、バーガーやステーキを食べてお腹いっぱいでしたので食べずじまいでした。
ゴーヤチャンプルーも食べそびれました(もっともゴーやチャンプルーは私も作れますが…)。
まだまだ食べたいものがありましたが、それらは次回の旅に持ち越しということで…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。