日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
2006年09月28日 (木) | 編集 |
先週、弟が私の家に訪ねて来ました。よりによって先週の台風が来た日です。
弟は買い物が目的で来ましたが、例の台風で思うように出来なかったようでした。


それはそうと、弟が訪ねて来た際にお土産を持ってきてくれました。
弟は海外旅行が好きで(特に東南アジア方面が好きだそうです)そのときのお土産でした。
だいたい買ってくるお土産は現地の珍しい食べ物を買ってきます。
今回もいろいろ買ってきてくれました。見慣れないから新鮮に見えます。
(もっともあまりおいしくないものもありましたが…)


今回の土産で驚いたのはこれです。

20060928224739.jpg

これはカレーの粉末です。「コルマカレー」とでも読むのでしょうか。とにかく日本のカレーとは違うようです。
これを見て、私が作らないはずはありません。
果敢にもこの得体の知れないカレーを作ることにしました。


しかし…


作り方が英語と中国語で書いてある!!!


どうしたものか…。

辛うじて肉と玉ねぎとココナッツミルクを使うことが判明したので素直にそれらの材料を使い作りました。
普通に肉と玉ねぎを炒め、カレーの粉末を入れココナッツミルクを入れて煮込みました。
ここで気づいたのがカレー粉の香りが独特なことでした。なんかカレーと言うより漢方薬のような匂いでした。やはり中国をはじめ、東南アジアには医食同源の発想があるのでしょうか。

出来あがりました。

20060928224747.jpg

見た目はいかにもタイあたりに行ったらありそうな感じのカレーです。
やはりあちらのカレーは辛いものを想像しておりましたので恐る恐る口に入れました。


んっ???


………………



「なんじゃこりゃぁーーー!!!!」

と松田優作ばりに叫びたくなりました。




激辛と思って恐る恐る食べてみたところ、とんでもなく激甘でした!!!


恐らくココナッツミルクのせいでこんなに甘かったのでしょう。
仕方なくカレー粉やガラムマサラなどを入れてどうにか食べました。

まあ、あまり有り難がって食べる代物ではなかったですね。

しかしまだ、このカレー粉は半分以上余っています。弟よ、この責任はどう取ってくれるのか…。
そうだ、今度帰省する際に作ってタッパーに入れて持って帰り、無理やり食わせよう。よし、それに決定!!!


スポンサーサイト
2006年09月28日 (木) | 編集 |
秋の味覚といえばまずさんまが思い浮かびます。
私は塩焼きが一番好きです。
さんまと醤油をかけたおろし大根を御飯と一緒に食べるのは最高ですね。
今回は塩焼きだと芸がないので照り焼きにしてみました。


さんまの照り焼き

さんまを“照り焼き”にしました。“蒲焼”だとどうも缶詰のイメージが強いので…。

20060928224210.jpg
材料(2人前)
さんま 2尾
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ1
酒 大さじ1
小麦粉 適量





作り方
1. さんまを三枚におろし骨を取り除く。そのさんまに小麦粉をまぶす。
2. フライパンに油を引き、中火でさんまを焼く。
3. 両面焼いたらいったん皿にとる。
4. フライパンにしょうゆ大さじ2・みりん大さじ1・酒大さじ1を入れ、煮立ったら先のさんまを入れる。
5. さんまにたれがからんだらできあがり。


塩焼きとはまた違う味わいです。御飯の上に乗せてさんまの照り焼き丼にするのもいいでしょう。


2006年09月26日 (火) | 編集 |
今朝のニュースでまたまたびっくりしました。
丹波哲郎さんが亡くなられました。享年84歳でした。
「Gメン75」「キーハンター」など多くの作品に出演されていました。
私はあまり丹波氏の作品を観ていませんが,「砂の器」は名作だと思います。
あと、豪快なしゃべり方が印象に残っています。
クラスや職場に1人は必ずものまねする奴がいたものでした。
後年は大霊界について説かれていました。
霊やスピリチュアルのことを世に知らしめた点では江原啓之さんの先を行ってましたね。
そしてご自身の説かれていた大霊界へ旅立たれました。
ご冥福をお祈りいたします。


2006年09月24日 (日) | 編集 |
私は車で音楽を聴くことが多いです。
自分で編集したものを聴くこともあれば、普通のアルバムも聴いています。
最近聴いたCDをいくつか紹介します。


1.HORIZON : レミオロメン
なんかミスチルを彷彿とさせます。よくよく調べるとプロデューサーが同じ小林武史氏でした。個人的には2曲目・5曲目がお気に入りです。

HORIZON HORIZON
レミオロメン (2006/05/17)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る



2.HOME : アンジェラ・アキ
人に頼まれてダビングしたのですが自分の分もちゃっかりダビング。1曲目が好きです。
アンジェラ姉さんはメガネが知的でいいですね(断じてメガネフェチじゃありません!!!!)。歌もうまいし。

Home (通常盤) Home (通常盤)
アンジェラ・アキ (2006/06/14)
ERJ

この商品の詳細を見る



3.thank you. : monkey majik
ドラマ「西遊記」の主題歌でお馴染み。昔のゴダイゴ同様外人と日本人の混合バンドです。そのせいか洋楽っぽいテイストがあります。最近のアーティストの中では気に入っておりよく聴いています。シングル曲もさることながら、2・3・7曲目がよかったです。

thank you thank you
MONKEY MAJIK (2006/05/24)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

この商品の詳細を見る



4.Back to Bedram : James Blunt
「よ~びゅりほー、よ~びゅりほー」この曲聴きたさにダビング。何度聴いてもいい曲ですね。

バック・トゥ・ベッドラム(初回限定スペシャル・プライス) バック・トゥ・ベッドラム(初回限定スペシャル・プライス)
ジェイムス・ブラント (2005/12/07)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る



5.The Best of Shogo Hamada vol.1&2 : 浜田省吾
浜省のベストですが知らない曲が多かったです。マニア向けの選曲でしょうか?
ちなみに最新曲である「I am a father」という曲も入っていますが、久々にカッコイイ浜省ロックでした。去年コンサートにも行きましたが最高でしたよ!!!

The Best of Shogo Hamada vol.1 The Best of Shogo Hamada vol.1
浜田省吾 (2006/08/09)
SE

この商品の詳細を見る

The Best of Shogo Hamada vol.2 The Best of Shogo Hamada vol.2
浜田省吾 (2006/08/09)
SE

この商品の詳細を見る



6.VOCALIST & VOCALIST2 :徳永英明
女性アーティストのバラード曲をカバーしたもので、タイトル通り歌う事に徹しきっています。このアルバムは実によかったです。選曲が良すぎます。「涙そうそう」「ハナミズキ」が特に好きです。

VOCALIST (通常盤) VOCALIST (通常盤)
徳永英明 (2005/09/14)
ユニバーサル・シグマ

この商品の詳細を見る

VOCALIST2 VOCALIST2
徳永英明 (2006/08/30)
ユニバーサル・シグマ

この商品の詳細を見る



こんな風に車の中では新旧洋邦問わずいろいろ聴いています。
ただ、ノリノリの曲をかけるときはスピードの出し過ぎに気をつけてください(私もよくありますが…)。


2006年09月24日 (日) | 編集 |
今日(9/23)は久々にプールに行きました。といっても遊びではなく健康増進のためです。
泳いだのは約500メートル。泳ぐ前にランニングを30分ほどしました。
久々に体を動かしたので腕が筋肉痛です(痛~)。

体を動かす必要は以前から感じていました。
このブログを始めたあたりからパソコンに向かう時間が長くなったので、肩こりや腰痛が増えました。また、体重もこのところ増加傾向でした。一言で言えば運動不足ですね。

一念発起という訳ではないのですが、体を動かすように心がけようと決心しました。
まずは週1ぐらいのペースでもプールに通おうと思います。
あと、10月下旬にはマラソン大会もありますのでそれに向けてのトレーニングもやる予定です。

目指すはヨン様ブラピ(ファイトクラブの頃の)のような引き締まったボディです(????)。
何はともあれ、体を動かすことは大事だなと今日プールで泳いで思いました。


2006年09月19日 (火) | 編集 |
朝晩が涼しくなり日に日に秋らしくなってきました。秋と言えば食欲の秋ですね。では始めましょう。今回は前々回に引き続き野菜メニューです。


豚キムチ炒め

定食屋の定番メニューっぽいです。前回のなすと豚肉の味噌炒めを作った際に余った豚肉を使い作りました。豚肉とキムチは相性抜群です。

20060919214656.jpg
材料(2人前)
豚肉 150g
キムチ 200g








作り方
1. フライパンに油をひき、豚肉を炒める。
2. 豚肉の色が変わったらキムチを入れ、軽く炒めてできあがり。
 
超簡単ですね。あっという間にできたでしょう。もし辛いのが苦手でしたら、キムチを少なめにしたり、炒める際にもやしを加えてもいいでしょう。あと、酸味が強くなったキムチはこのように炒め物に使うとおいしくいただけます。



チンジャオロース

今回は中華にも挑戦しました。普通のピーマンだけでもいいのですが今回は彩り鮮やかに赤ピーマンとパプリカを使いました。

20060919214729.jpg
材料(2人前)
牛肉 150g   しょうゆ 小さじ4
ピーマン 2個   酒 小さじ4
赤ピーマン 1個  片栗粉 適量
パプリカ 1個   塩こしょう 適量
オイスターソース 小さじ2





作り方
1. ピーマン、赤ピーマン、パプリカを細切りにする。牛肉も細切りにする。
2. 牛肉に塩こしょうをまぶし、しょうゆ、酒 各小さじ2でからめる。次に片栗粉をまぶす。
3. オイスターソース小さじ2、酒小さじ2、しょうゆ小さじ2を混ぜてソースを作る。
4. フライパンに油を引き、2で味付けた牛肉を炒める。
5. 牛肉の色が変わってきたら、ピーマン、赤ピーマン、パプリカを入れ炒める。
6. 3で作ったソースを入れ、軽く炒めてできあがり。

これも調味料がそろえば簡単にできます。今回は使いませんでしたが、より本格的(?)に作るのでしたらタケノコを入れるといいでしょう。


前々回の料理より器をいろいろ変えてみました。これは私のブログを見ていただいた方からのアドバイスです。やはり器を変えてみたら見た目が新鮮です。あとは写真をうまく撮ることが今後の課題ですね。


2006年09月18日 (月) | 編集 |
「花田少年史」はマンガが原作で過去にアニメでもありました。私は見たことありませんが…。
この映画はキャスティングに惹かれて観に行きました。「ALWAYS 三丁目の夕日」に出ている須賀健太君や私の好きな篠原涼子さん、西村雅彦さんなど個性的で多彩な俳優さんが出ています。


ひょんな事件がきっかけで幽霊が見えるようになった花田一路少年の騒動を描いています。前半は町の中でいろいろとありますが、後半は過去に行ったりSFっぽいストーリーになってます。


マンガ原作と言う点で期待半分不安半分でしたが思った以上に楽しめました。確かに時代考証などツッコミどころもありましょうが、ここは流れに身を任せて観た方が断然面白いです。この映画では親子、特に父と子の絆がよく描かれていました。運動会でのエピソードはグッときました。あと、終盤はある意味「スターウォーズ」的でしたね…(笑)。


この映画で特に何がよかったかというと、キャスティングがよかったです。
主演の須賀健太君,「ALWAYS~」ではおとなしい子を演じていましたが今作ではうって変わって腕白小僧です。この変身ぶり、はっちゃけぶりがよかったです。
西村雅彦さんやもたいまさこさんも毎回ながら味わい深い演技を見せてくれましたし、私の好きな篠原涼子さん(もういいって!)もサバけたお母さんを好演していました。
杉本哲太さん演じる壮太(一路の友人)のお父さんもよかったです。彼はかつて銀蝿一家の一員でしたね~(世代バレバレ)。骨っぽい感じは今も健在です(嶋大輔さんとは対照的です…)
個人的にウケたのがドラマ「夜王」でナンバーワンホスト聖也を演じていた北村一輝さん。クールなイメージがありますが、物語前半のぶっ飛んだキャラに笑ってしまいました。ドラマでああいうキャラをやって欲しいものです。


この映画のロケ地は広島県竹原市ですが、広島は尾道なども映画のロケ地として有名です。どこか懐かしい佇まいがいいですね。是非一度訪れてみたいものです。


この映画は「ALWAYS 三丁目の夕日」が好きな人は割と楽しめると思います。
私的には今年観た邦画でも楽しめた作品といえます。
邦画といえばまだ“ゲド・沈没”観ていません。どうしたもんかの~。

花田少年史 幽霊と秘密のトンネル 花田少年史 幽霊と秘密のトンネル
須賀健太 (2007/01/24)
バップ
この商品の詳細を見る


2006年09月16日 (土) | 編集 |
待ちに待った連休が来たものの、台風13号が接近しています。
今日から明日にかけて沖縄~九州は暴風域に入る見込みです。
台風が接近する地域にお住まいの方はお気をつけ下さい。
ベランダなどに植木や盆栽などを置いてる人は片付けておきましょう。
食料も買い込んでおきましょう。
あと家で退屈しないようにビデオかDVDを借りておきましょう。
とにかく準備するに越したことはありません。
雨も降るようですので土砂災害にも注意を。
皆さんくれぐれも用心してお過ごし下さい。


2006年09月14日 (木) | 編集 |
今回の料理は趣を変えて甘い物に挑戦しました。
なんとデザートです!!!スイーツです!!!
今回はゼラチンを使ってゼリー作りにトライしてみました。


ワインゼリー

20060914212509.jpg

材料(5~6個)
赤ワイン 250ml
水 300ml
ゼラチン 10g
砂糖 70g





作り方
1. ゼラチンを水でふやかす。
2. 鍋に水と砂糖を入れ弱火で煮る。煮立ったら1のゼラチンを入れてよく混ぜる。
3. 粗熱をとり、赤ワインを入れ混ぜる。
4. 容器に入れ、冷蔵庫で冷やす。

ワインのほのかな香りがまさしく大人の(?)デザートですね。他に白ワインや梅酒、果実酒などを使ってもいいでしょう。



サイダーゼリー

20060914212529.jpg

材料(5~6個)
サイダー 250ml
水 300ml
ゼラチン 10g
砂糖 30g





作り方は上のワインがサイダーに変わっただけです。
炭酸飲料を使ったゼリーは独特な食感があります。



グレープフルーツゼリー

20060914212542.jpg
材料(5~6個)
グレープフルーツ 3個
水 300ml
ゼラチン 10g
砂糖 30g






作り方
1. ゼラチンを水でふやかす。
2. グレープフルーツをスクイザーで絞り果汁を取る(約250~300ml)。グレープフルーツの外の皮は容器として使うので中の皮を取り除く。
3. 鍋に水と砂糖を入れ弱火で煮る。煮立ったら1のゼラチンを入れてよく混ぜる。
4. 粗熱をとり、絞ったグレープフルーツの果汁を混ぜる。
5. グレープフルーツの皮にゼリー液を流し込み、冷蔵庫で冷やす。グレープフルーツの皮はそのままだと斜めになるのでお椀で固定するといいでしょう。

皮を容器にしたのがナチュラルでいい感じです。グレープフルーツの果実を絞って作ったのでフレッシュなおいしさです。もちろん他の果汁100%のジュースで作るのもいいでしょう。



作る上で悩んだのが砂糖の量。いろんなレシピを参考にしましたが、レシピによって量がまちまちでしたので多いのと少ないのとの中間ぐらいにしました(アバウトだなぁ…)。一応控えめにしたつもりですが。
個人的にはグレープフルーツが一番おいしかったです。さっぱりした甘さがよかったです。また作りたいなと思いました。
今回は撮影用という事で容器に入れましたが、実を言うとボールに作ってカレー用のスプーンで豪快に食べるのが好きです(笑)。


2006年09月10日 (日) | 編集 |
今回は久々に韓流映画を観ました。韓流といえばオバサンの専売特許みたいですがそんなことないです。怪物が出てくるから逆にオバサンたちは引いてしまうかも…。
この映画、予告観た時からずーっと気になってました。というのも特撮が「ロード・オブ・ザ・リング」「キング・コング」のスタッフが関わっていたからです。


ストーリーはある日突然、平凡な一家の前にグエムルという怪獣が現れます。娘がグエムルにさらわれ家族が助けに行く話です。


冒頭の襲撃シーンはすごかったです。追いかけ襲って来るグエムル、逃げ惑う人々、自分もパニックの真っ只中に居合わせているようでした。息苦しささえ感じました。凄まじいシーンですがよくできていました。
ただツッコミどころもあって、グエムルが川に飛び込むとき波がほとんど立たず、近くのボートも転覆しません。あれだけの巨体だったら相当波がすごいはずなのになんでだろう?


合同葬のシーンは家族みんな取り乱して泣いています。他の家族も泣いています。観ている方もウルウル来ますが、間髪入れずに笑いのシーンが入ったりして、泣いていいのやら笑っていいのやら…。家族のシーンはけっこうベタな笑いが多く楽しめました。


それにしても警察や軍隊は何やってるんでしょう。US版「ゴジラ」では軍が総力を挙げてゴジラを鎮圧しますが、この映画では警察や軍はほとんど傍観者です。それどころかあの一家の足引っ張りまくりです。それに医療関係者も何やら胡散臭かったし…。


警察などに阻害されつつも一家はグエムルと戦いますが、一般市民なので戦いのスペシャリストではありません。主人公のダメ親父は弾の数を間違えるし、火炎ビン持った弟は最後の最後、肝心なとこでヘマをします。それに対しアーチェリー妹が一番オイシ過ぎました。ロビン・フッドやレゴラス、果ては那須与一もびっくりです。
ラストは決して手放しでは喜べないものの、幸せな光景が写し出されていて、これはこれでよかったのではないでしょうか(ジョン某の映画を思い出しました)。


この映画、個人的にはかなり楽しめました。
この映画は割と好評のようですが、私が思うには「視点の低さ」が勝因だと思います。
1つはグエムルのサイズ。あのサイズで正解だったと思います。視点の高さが人に近い分、怖さを感じます。あれがゴジラぐらいの大きさだったらあそこまで緊迫した感じはなかったでしょう。また、ゴジラは人を食べませんがグエムルは人間を餌にしますので、ゴジラの数十倍は怖いです(ゴジラにしてみれば人は眼中になさそうだし…)。
もう1つは、怪獣映画ではありますが一家族の視点で描かれています。ゴジラの場合は軍隊や国家権力といった大きな視点から描かれているので、人々の心理などがなかなか見えてきません。この映画は家族の視点で描かれることによって、怒り、恐れ、悲しみといった感情が描かれ、そこにドラマがあります。ドラマがあるので登場人物に感情移入でき楽しめました。
これがもし大上段な視点から描かれていたら、怪獣に恐怖を感じたり、登場人物に共感できなかったと思います。


この映画は娯楽作であると同時に社会に対して強いメッセージを放っています。
水爆実験によって生まれたゴジラ同様、グエムルは毒物を漢江に流したために生まれました。水爆実験と毒物タレ流し、どちらも実際にあった事です。怪獣の出現はそれらの行為に対する人類への警告だと思います。映画の中では怪獣をやっつければそれで終わりですが、その映画の持つメッセージをしっかり受け止め、教訓として生かして欲しいものです。
ちなみにグエムルはサバが突然変異した設定だそうです。驚きです…。


余談ですが同じ系統の映画では「トレマーズ」もオススメです。メッセージ性こそありませんが、この映画は「B級映画の傑作」と言われております。私もそう思います。まだの方は必見!!

グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション
ソン・ガンホ (2007/01/26)
ハピネット・ピクチャーズ
この商品の詳細を見る


2006年09月10日 (日) | 編集 |
先日、ニュースを見てびっくりしました。
同じような事件がまたしても起きたからです。
飲酒運転でまた事故がありました。しかも数件も…。
こんなに同時多発的に起こると開いた口がふさがりません。

私が住んでいる福岡では飲酒運転で3人の子供の命が失われる悲惨な事故がありました。
酒を飲んで車を運転するのはもってのほかです。
それ以上に、酒の飲み方を知らなさ過ぎる。酒があまり飲めない私でさえそう思います。

お酒は楽しく飲みたいもの。誰しもそう思います。私もです。
しかし、感心できない飲み方もあります。
酒の力を借りて、悪口や愚痴を言う。
飲めない人に酒を無理強いする。
酔った勢いでケンカする、物を壊す。
酒を飲んで車の運転、あげくに事故。などなど。

周囲の人に迷惑をかけるような飲み方は、酒飲みとして最低だと思います。「酔った勢い」で済まされるものではありません。

もう1つ、首をかしげたくなることがあります。最近増えたと思うのが駐車場付きの居酒屋。酒を飲んで運転するのを容認しているんじゃないかとさえ思います。これだと仮に飲んだ帰りに事故を起こしたら居酒屋にも責任が問われるのではないでしょうか。

分別ある大人だったら、楽しく上手に酒を嗜んで欲しい。一連の事件でそう思いました。


2006年09月06日 (水) | 編集 |
久々の料理ネタです。いやあ~暑かったです、今年の夏も。あんまり暑いので台所立つのがしんどかったです。それでご無沙汰しておりました。ホントはタイトルも「夏野菜メニュー」とする予定でしたが秋にずれ込みました。でもまだ暑い日はしばらく続くので野菜はしっかり食べましょう。


かぼちゃの煮付け

煮込み料理にトライしました!!といっても比較的簡単です。20分もあれば出来ます。

20060905233002.jpg

材料(2~3人前)
かぼちゃ 1/4個
だし汁 200cc(鍋に入れたかぼちゃがひたひたになる位)
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ1
砂糖  大さじ1



作り方
1. かぼちゃの種とわたをくりぬき、食べやすい大きさに切ります。適度に皮をむく。
2. 鍋にかぼちゃを入れ、だし汁、しょうゆ、みりん、砂糖を入れ火にかける。
3. 煮立ったらアクを取り除き、ふたをして煮込む。
4. かぼちゃがやわらかくなったら(箸が通るぐらい)出来上がり。

どうです。簡単でしょう。意外と短い時間で出来る簡単料理です。かぼちゃがホクホクしておいしかったです。ただかぼちゃは堅いので切るときには気をつけましょう。



なすと豚肉の味噌炒め

なすは油と相性がいいので炒め物に最適です。これも簡単ですよ。

20060905233023.jpg

材料(2~3人前)
なす 2~3本
豚肉 150g
しょうゆ 小さじ1
酒 小さじ1
味噌 大さじ1
みりん 大さじ1
酒 大さじ1
砂糖 小さじ1


作り方
1.なすは縦に4つに切り、食べやすい大きさに切る。切ったなすを水につけアクを抜く。数分後水をよく切る。
2. 肉は食べやすい大きさに切り、しょうゆ、酒各小さじ1で下味をつける。
3. 味噌、みりん、酒、砂糖で味噌だれを作る。
4. フライパンに多めの油を入れ、なすと豚肉を炒める。
5. 豚肉の色が変わったら味噌だれを入れよくからめる。
6. 軽く炒めたらできあがり。好みで唐辛子を少しかけてもいいでしょう。

甘辛い風味が食欲をそそりますね。好みでピーマンなんかを入れてもいいでしょう。


まだまだ暑い日が続き、私もハンカチ王子と化しています。
(だっ、誰だ、ハンカチオヤジと言ったのは!!!)
ともあれ、野菜を食べて今しばらく暑い日々を乗り切りましょう。


2006年09月03日 (日) | 編集 |
20060903161009
今日は久々にゲームしてました。「サイレン」というゲームなんですが難しいです。オヤジゲーマーにはけっこうきついですね。そんなわけで攻略法見ながらプレイしてます。
2006年09月03日 (日) | 編集 |
先日、DVDでティム・バートン監督の作品を2作品観ました。

「チャーリーとチョコレート工場」

「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジョニー・デップが出ています。彼は孤独なチョコレート工場の工場主を演じています。
5人の子供がチョコレート工場に招待されますが、1人を除く4人がとんでもないクソガキ。4人は勝手な行動をしてとんでもない目に合います。残る1人は素直な子だったのでひどい目に会わなくて済みました。それどころか工場主に家族の大切さを教えてあげます。あっさりめではありますが、この作品は親子の絆について描かれています。教訓じみた話の割には肩肘張らずに楽しめました。
あと、ウンバ・ルンバ族がいい味出してました。普通の人の3分の1ぐらいのサイズで顔はインド人。しかもたくさん出てきます。マイケル・ジャクソンばりに歌って踊ったり、大勢で船を漕いだりして見モノです。


チャーリーとチョコレート工場 チャーリーとチョコレート工場
ジョニー・デップ (2006/10/06)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る



「ビッグ・フィッシュ」

「スター・ウォーズ」のユアン・マクレガー主演です。
ホラ話の好きな父とそれが嫌いな息子。
父の危篤を機に断絶状態の息子が帰ってきて、息子は父のことを知ることになります。
ホラ話の中で父は「フォレスト・ガンプ」のような数奇な運命をたどります。いろんな場所に行き、いろんな人たちとの出会いがあります。父の話はどこまでがホントなのか分かりませんが、どこか惹かれるものがあります。
ラストシーンは本当によかったです。何ともいえぬ感動がありました。
事実をそのまま話しても平凡で面白味に欠けますが、起きた事を面白おかしく話すこのお父さんは最高のストーリーテラーでした。


ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション
ユアン・マクレガー (2005/12/16)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る


これらの2作品に共通するテーマは「親と子の絆」ですが、個人的には「ビッグ・フィッシュ」のほうが面白かったです。