日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
2007年09月28日 (金) | 編集 |
今回はブルース・ウィリス祭りです。


 「フィフス・エレメント」(1997)

フィフス・エレメント [DVD]フィフス・エレメント [DVD]
(2006/11/02)
ブルース・ウィリスミラ・ジョヴォヴィッチ

商品詳細を見る

リュック・ベンソン監督作品。
個人的にこの映画のビジュアルが気に入っています。
ストーリーはいたって月並みですが、未来都市のビジュアルには圧倒されっ放しでした。
この映画にはいろんなSF映画のエッセンスを感じます。
空を飛ぶ車や屋台船(?)は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ブレードランナー」を彷彿としますし、宇宙船やクリーチャーは「スターウォーズ」を思わせます。
あと、ゲイリー・オールドマンクリス・タッカーが演じるキャラが面白かったです。



 「12モンキーズ」(1995)

12モンキーズ 12モンキーズ
ブルース・ウィリス、ブラッド・ピット 他 (2004/11/25)
松竹

この商品の詳細を見る

テリー・ギリアム監督作品。私の好きなタイムスリップものです。
この作品をあえて強引に例えると、「刑事コロンボ」のようなストーリー進行です。
冒頭でいきなりショッキングな場面ですが、最初はそれが何を意味するのか分かりません。
物語が進むにつれ、冒頭のシーンを含むさまざまな謎が解けていきます。
ラストに向かうまでの過程が楽しめました。
決して明るい結末ではないのですが、このようなタイムスリップものも有りだなと思いました。
ブラット・ピットのキレた演技は見ものです。
冒頭のタイトルで流れる音楽もいいです(古畑某のテーマに似てますが…)。



 「16ブロック」(2006)

16ブロック [Blu-ray]16ブロック [Blu-ray]
(2007/02/02)
ブルース・ウィリスモス・デフ

商品詳細を見る

証人護送の話ですが、まあありがちなストーリーでした。
アル中あるいはアスピリン常用。任務を渋々引き受け、ウダウダ文句を並べる。
久々のブルース十八番キャラですが、今回は更に加齢もプラスし始末が悪いです。
ケーキ屋を夢見る証人はやたらポジティブで、ネガティブなブルースに「人は変われる!!」と熱く語りますが、「お前はビリー・ブランクスか!!」とツッコミたくなりました。



 「ラッキーナンバー7」(2006)

ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
(2007/06/22)
不明

商品詳細を見る

「ユージュアル・サスペクツ」系のネタバレ厳禁映画です。
前半は脈絡がないシーンがいくつかあって訳が分かりませんでしたが、後半になって引っかかっていた部分が1つにつながる辺りは見事でした。
まさかあんなどんでん返しがあるとは(薄々感じてはいましたが…)。
個人的にジョシュ・ハートネットは好きじゃないのですが、鼻をぶん殴られたり、バスタオル一枚で連れ回される間抜けさには笑えます。
ラストはなかなか粋な終り方でした。



ちなみに「フィフス・エレメント」と「12モンキーズ」はDVDを持っています。
書いていて気づいたのですが、これらの映画のタイトルには全部数字が入っていました(「ラッキー~」は原題が違いますが)。
そういえば「シックス・センス」もありましたね…。


スポンサーサイト
2007年09月25日 (火) | 編集 |
20070925194048
前回撮った工事現場のネオンの秋バージョンです。なかなか風流です。この調子だと来月はハロウィン、12月はクリスマスバージョンになるんでしょうか?ひそかに楽しみです。
2007年09月25日 (火) | 編集 |
20070925191304
今日は中秋の名月です。少し雲がありますが月がきれいに見えました。団子があればいうことなしですね。
2007年09月23日 (日) | 編集 |
今月は連休が2回あるとてもありがたい月です。
人によっては3連休、あるいはそうでない人もいることでしょう。
私はカレンダー通りです。

先週の9月16日・17日にはものの見事に体調を崩してしまいダウン。
連休前から風邪を引いた上、さらに寝違えてしまいトホホな連休でした(涙)。

2回目の2連休。
9月23日はマラソン大会でした。
先週の寝違えが前日まで尾を引き、今回は練習なしで臨みました。
何とか走れたものの、足が筋肉痛になりました。
やはり練習は必要ですね。
ちなみにタイムは5キロを27分59秒で走りました。

マラソンがすんで、家に帰りついたのは3時前でした。
DVDを観ていたら10分もしないうちに爆睡。
よほど疲れていたのでしょうか、起きたのは夜の7時でした。
そんな風であっという間に1日終りました。
さて明日の休みは何をしようか…。


2007年09月20日 (木) | 編集 |
「オーシャン盗賊団三たび参上!!!」
公開されて1月以上たちましたが、先日ようやく観に行きました。


<ストーリー>
オーシャンの仲間であるルーベンはカジノ経営者バンクと共同経営をするはずだったのが騙された上に財産を失ってしまい、ショックのあまり心筋梗塞で倒れてしまいます。
それを聞いたオーシャンら仲間は再び結集します。
オーシャンたちはルーベンを追い詰めたバンクに一泡吹かせるべくリベンジ計画を立てます。


前作「オーシャンズ12」があんまりだったのでさほど期待はしていませんでしたが、観に行ったら思った以上に楽しめました。
傷ついた仲間の仕返しをするという実に分かりやすいストーリーでした。
仕返しするのに金や手間をかけ、あそこまで手の込んだことをするあたりは観ていて実に痛快です。
1作目のような娯楽映画のテイストを取り戻しており、オーシャンズ全3作中では一番面白かったです。
スタイリッシュな映像やセンスのいい音楽もGOODでした。

細かい部分でも笑いどころ満載でした。
サイコロ工場でのストライキ中国の空中所有権のくだり、ホテル評論家(?)のエピソード、などなど。
極めつけは媚薬大作戦。いかがわしい演出といい、あの付け鼻といい思いっきり笑わせてもらいました。

今作では力士が出たり、日本酒やお茶を飲むシーンがあったりとやたら日本ネタが多かったのも印象深かったです。ストーリーも忠臣蔵よろしく浪花節入っていますし…。
それにしてもあのらせん状のホテル、あれは実在の建物なんでしょうか(謎)???

この映画はまさしくオールスタームービーです。
主役3人に加え、今回の敵はアル・パチーノと豪華キャストです。
前作までオーシャンズを苦しめた宿敵ベネディクト(アンディ・ガルシア)も思いがけぬ形で登場し、前作に登場した怪盗ナイト・フォックス(ヴァンサン・カッセル)もトホホ役ながら再登場しています。
ギャラだけでも相当かかったでしょうね。

監督はスティーブン・ソダーバーグ。全3作すべて監督しています。
エンディングは続編ありそうな雰囲気でしたが、同シリーズを3本続けて観るとさすがに飽きが来ます。ここら辺りで「エリン・ブロコビッチ」「トラフィック」のような作品も久々に観たいところです。


オーシャンズ13 特別版(2枚組) オーシャンズ13 特別版(2枚組)
マット・デイモン、アンディ・ガルシア 他 (2007/12/19)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る




予習復讐を兼ねて前作も観ました。


 「オーシャンズ11」(2001)

オーシャンズ11 特別版オーシャンズ11 特別版
(2007/07/13)
ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット 他

商品詳細を見る


この作品が1作目ですが、ずいぶん後になってリメイクだと知りました。
オリジナル版と違いハイテク満載です。
マンガ的な軽いノリであまり後には残らないものの、肩が凝らず楽しめました。



 「オーシャンズ12」(2004)

オーシャンズ12オーシャンズ12
(2007/07/13)
ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット 他

商品詳細を見る


この作品も観に行きましたが、実は劇場で爆睡してしまいDVDで観ました。
巷では評判よくなかったようですが、私も観ていて
「制作費はギャラと海外ロケ代に消えたんかい!!!」と思いました。
話もごちゃごちゃして分かりづらく、この映画のウリである盗みのスリルや快感があまりなくてもの足りなかったです。
主役3人以外の影が薄く、前作のようなチームプレイがほとんどなかったのも寂しいです。
あと劇中でジュリア・ロバーツブルース・ウィリスが実名で登場するのはどうかと思いました。個人的にはフィクションに徹しきって欲しかったところです。



 「オーシャンと11人の仲間」(1960)

オーシャンと11人の仲間 特別版オーシャンと11人の仲間 特別版
(2006/12/08)
フランク・シナトラ、ディーン・マーティン 他

商品詳細を見る


今シリーズのオリジナル版です。
さすがに半世紀近く前の作品なので時代を感じます。
リメイク版も含めて気になったのが、何で11人なのかイマイチ分かりません。
人数は5~6人ぐらいでよかったのでは…?
リメイク版はそれなりに役割分担がありますが、オリジナルはそのへんがあやふやだったのも気になりました。
ラストはリメイク版のような能天気さはないものの、これはこれで悪くはないと思います。
オープニングアニメのセンスがよかったです。


2007年09月13日 (木) | 編集 |
NINTENDO DSを買って数日後にゲームソフトも買いました。

DS.jpg

買ったのは「逆転裁判」「脳を鍛える大人のDSトレーニング」です。


「逆転裁判」は弁護士になって被告人の無罪を証明するアドベンチャーゲームです。
もともとはゲームボーイアドバンスで出ていたゲームです。
そのためDSらしさはあまりないものの、ゲームとしてはなかなか面白いです。


「脳を鍛える大人のDSトレーニング」はもはや国民的ソフトといってもいいでしょう。
このソフトが発売されてNINTENDO DSが爆発的に売れました。
脳のトレーニングをゲームにしたものです。
早速やってみたところ…


…脳年齢80歳でした…(((爆)))


脳年齢が実年齢に近づくべくがんばります!!!


2007年09月13日 (木) | 編集 |
カップヌードルのタイ・バージョンです。

20070913214643.jpg

なぜかジャスコにあったのですかさず購入。

20070913214652.jpg

タイらしくトム・ヤム・クン味です。
早速お湯を入れ、待つ事3分。
恐る恐る食べてみました。
ほのかにレモングラスの香りがしました。
しかし、口に入れた瞬間…

死ぬほど激辛でした!!!

タイの人はこのような辛いものを何食わぬ顔で食べてるんでしょうね~?


2007年09月11日 (火) | 編集 |
8月には2本映画を観ましたが、屋久島に行く前後に観たのでだいぶ日にちが経ちました。
そんなわけで今回は寸評に近いものになりました。



 「レミーのおいしいレストラン」

<ストーリー>
料理好きなネズミのレミーはひょんな事から家を追い出され、仲間と離れ離れになります。
たどり着いた先はパリのレストラン。
そこには料理が出来ないリングイニという新入りがいて、ある日スープを台無しにしていまいます。
レミーはスープに手直しを加えたところ、お客さんに好評を博します。
これを機にレミーとリングイニの2人3脚が始まるのですが…。


CGがすごいのはもはや当たり前でしょう。
ネズミなどのキャラパリの街がよく描かれていました。
王道を行くストーリーではありますが、細かい部分の演出が凝っていました。
冒頭でレミーがチーズときのこを食べるシーン、料理評論家のイーゴがラタトゥーユを食べた時のシーンは素晴らしかったです。
料理を食べた時の気持ちが視覚的にわかりやすく表現されており見事でした。
またフランスを舞台にしているので、時々見せるフランス映画のような演出もなかなか面白かったです。
原題は「ラタトゥーユ」と日本人にはピンときませんが、邦題はなかなか親しみやすいタイトルだったと思います。
レミーと料理が出てくるので、案の定平野レミさんがプロモーションしてました。
原題のままだったらお客さん少なかったかもしれませんね。


レミーのおいしいレストランレミーのおいしいレストラン
(2007/11/14)
ルー・ロマーノ. パットン・オズワルト. イアン・ホルム. ブライアン・デネヒー. ピーター・ソーン

商品詳細を見る




 「ベクシル 2077 日本鎖国」

<ストーリー>
21世紀、日本はロボット産業によって発展を遂げますが、あまりにも危険すぎるため国連は技術を規制するガイドラインを作ろうとします。
日本はそれに反発し国連を脱退、2067年に鎖国します。
2077年、米軍の特殊部隊SWORDを派遣、女性兵士ベクシルは日本へ潜入します。
日本でベクシルが目の当たりにしたのは想像を絶する光景でした…。


てっきりマンガか何かが原作かと思いきや、この映画の完全オリジナルだそうです。
アイディアや設定がなかなか凝っていて、日本が鎖国しているという発想は面白いです(某国を連想しないこともないですが…)。
キャラのビジュアルは「アップルシード」みたいにもっとアニメアニメしていてもよかったのではと思います。
マリア役の松雪泰子さんの声がなかなかハマっていてよかったです(個人的に好きなので…)。
敵はどうみても松山千春でした(…)。


「ベクシル-2077日本鎖国-」通常版「ベクシル-2077日本鎖国-」通常版
(2008/01/25)
黒木メイサ、朴ロ美 他

商品詳細を見る



今回観た映画は2本ともアニメでした。
アニメといえば余談ですが、今DVDで「太陽の牙ダグラム」を観ています。
放映当時、私のホームタウンでは放映されなかったので今ごろになって観ています。
個人的には結構ハマっており、もう40話ぐらいまで観ました。
全部観終わったら次は「装甲騎兵ボトムズ」を観ようと思っています。


2007年09月09日 (日) | 編集 |
早いもので9月になって10日近くたちます。
日中は残暑が残るものの、朝晩は涼しくなり過ごしやすくなりました。
あと、日没が早くなりましたねー。


9月というか、秋になると秋刀魚が無性に食べたくなります。
焼いた秋刀魚をおろし大根に醤油をかけて一緒に食べると最高です。
秋刀魚と御飯があれば御の字ですね~。
秋刀魚の刺身も好きですが、数年前までは秋刀魚を生で食べられるなんて思いもしませんでした。


9月になると、
September : 竹内まりや
すみれSeptember Love : 一風堂

そして
September : アース・ウィンド&ファイヤー
を無性に聴きたくなります。
アース・ウィンド&ファイヤーは9月に限らず年がら年中聴いていますが…。


9月になりましたが、今ごろになって夏バテが来てしまいました(爆)。
季節の変わり目は体に気をつけましょう。

9月の話あれこれでした。


2007年09月07日 (金) | 編集 |
任天堂DS

ということでNINTENDO DS Liteを買いました。
色はアイスブルーです。16800円也。

ところが…
本体だけ買ってソフトはまだ買ってません(なんでやねん!!)。
基本的にはゲームをするつもりですが、脳トレや料理、株のシミュレーションといった実用的なソフトも買おうと思っています。




2007年09月06日 (木) | 編集 |
今回の屋久島旅行を思いついたのは今年始め頃で、具体的に動き出したのは6月に入ってからでした。
実は今回も旅行が暗礁に乗り上げそうになりました。
7月の台風で荒川登山口への道路が一部崩れたため通行止めになりました。
この時はさすがにガックリきました。
その後屋久島観光協会に問い合わせてみたところ、道路の崩れた地点からシャトルバスで乗り継ぐ形で行くことが可能になったのでどうにか実現しました。
実現したのはよかったのですが、ぶっちゃけ登山経験は無いに等しい状態でした。
ていうか、登山にはほとんど興味がありませんでした。
「ただ縄文杉を見たい。」

その一心だけで登山を敢行したようなものでした。



屋久島に来て何よりも驚いたのは雨が多いことです。
登山中も断続的に雨が降りました。
また屋久島には日本の気候が全てあると言われております。
海沿いの平地にはガジュマルやハイビスカスなどの亜熱帯植物があるかと思えば、高い山には冬になると雪が積もります。
屋久島は水と自然に恵まれているので、パワースポットといえるでしょう。
実を言うと私の旅には一応スピリチュアルな旅という裏テーマ(?)があります!!!



今回の旅のメインイベントである縄文杉登山。
まるで縄文杉を見ることが目的のようですが、登山の初めから終わりまで見るものには事欠きません。
実際に行ってみるといろいろなものを見て、多くの事を感じることでしょう。
私も実にいろんな事を感じました。


トロッコ道を歩いていると、少年時代の冒険心を呼び起こされたり、

小杉谷集落跡ではかつて人々の営みがあった往時に思いを馳せてみたり、

愛らしいヤクシカを見て優しい気持ちになれたり、

目に写る緑に心癒されたり、

何度も降る雨や足の痛みでめげそうになったり、

目的地で食べる弁当や湧き水を飲んだ時の達成感や安堵感、

倒木から芽生えた杉の幼木に受け継がれていく命を感じたり、

太古の昔より立ち続ける巨木に自然の偉大さや畏怖の念を感じたり、



などなど…
目の前にある全てに驚いたり、感激したり、時には教えられたりもしました。
これから縄文杉登山をされる皆さんも、五感を研ぎ澄まして自然と対話し、多くの事を感じ取って欲しいです。



今回の屋久島旅行、初の屋久島にして初の登山という快挙(?)を成し遂げました。
また屋久島に行くことがあれば、白谷雲水峡に行ってみたいです。
縄文杉登山も機会があればまたトライしたいです。
島の各地に温泉や滝など見どころはたくさんありますので、次回行くとしたらレンタカーを借りて島内観光もいいですね。
また、短い滞在時間でしたが鹿児島もじっくり観光したいものです。



そうそう、私の経験から1つアドバイスしたい事があります。
屋久島は雨が多いですので、登山の際はカメラに何らかの防水対策をしておいたほうがいいでしょう。
私のデジカメは雨に濡れて逝きましたので…(涙)。




 今回のマイおみやげ


今回もいろいろ自分用のおみやげを買いました。


屋久島みやげ1

 「屋久杉ケーキ」

バームクーヘンを屋久杉に見立てたお菓子です。
黒砂糖
が入っており、やや色が濃いです。
なかなか美味しく頂きました。
お茶やコーヒーと一緒に頂くといいでしょう。


屋久島みやげ2

 「森の素麺」

屋久島の水を使用した素麺です。
喉ごしもよく、美味でした。
素麺を美味しく頂くにはゆで加減とつゆがポイントです。
あと薬味も入れましょう。


屋久島みやげ3

 「たんかん&パッションジュース」

地元産の果物を使ったジュースです。
フルーティな酸味
が爽やかでした。


屋久島みやげ4

 「スモーク鯖」

首折れサバ
を食べ損ねたので買いました。
食べてみると、鰹節のような味でした。
醤油につけて食べると美味しいです。酒のつまみに。


屋久島みやげ5

 「屋久杉の箸」

屋久島みやげで是非欲しかったのが屋久杉を使った工芸品。
屋久杉の伐採は禁止
されているので、工芸品は屋久杉の倒木から作られるそうです。
そのため、屋久杉の工芸品はそこそこの値段はします。
手頃な価格で実用的なもの
という事で箸を買いました。
使うとほのかに杉の木の香りがしました。
この箸が何百年(?)も生きてきた杉だと思うと、感慨深いものがあります。

おみやげをいろいろ買うのも旅の楽しみの1つです。



 参考文献



屋久島ブック (’06)屋久島ブック (’06)
(2006/03)
不明

商品詳細を見る


島へ。 2007年 09月号 [雑誌]島へ。 2007年 09月号 [雑誌]
(2007/08/01)
不明

商品詳細を見る

これらの本を旅行前に読んでました。屋久島に行かれる方は是非参考にしてください。




屋久島旅行記を最後まで読んでいただきありがとうございました。
縄文杉登山、皆さんもトライしてみてはいかがですか。



追伸:

今年は私にとって島旅がマイブームのようです。
2月に壱岐へサイクリング、5月に沖縄旅行、そして今回屋久島で登山を敢行しました。
他にも行ってみたい島は多くあります。
沖縄の離島
小笠原諸島にも行ってみたいですし、軍艦島も見てみたいですね(他にもまだまだあります)。


                    (屋久島旅行記  完)

2007年09月05日 (水) | 編集 |
前回の未発表写真は登山時の写真でした。
今回は島内のあちこちで撮った写真です。(中には鹿児島の写真もあります。)



屋久島0054

登山前日。夕食を食べた後、ぶらりと歩いていた時に撮りました。


屋久島0055

数少ない海の写真です。小雨が降っていました。


屋久島0063

登山翌日。宮之浦川にて。竜の形をした船がありました。


屋久島0064

屋久島0065

宮之浦橋。古くからある橋のようです。隣には新しい橋も架かっています。


屋久島0066

ガジュマルの樹。亜熱帯の地域で多く見られます。


屋久島0067

2日目の宿(民宿かわかみ)の前にあった噴水。癒されます。


屋久島0068

朽ち果てた自動販売機。近くに猫がいました。


屋久島0069

本当はフェリーに乗る予定でしたが、時間が合わずに却下。


屋久島0070

港の近くにある祠。航海の無事を祈ったのでしょうか。


屋久島0071

高速船の前部はこのようになっています。


屋久島0072

鹿児島港にて。マイアミの風景みたいですね。(欧米かっ!!!)


2007年09月04日 (火) | 編集 |
屋久島では多くの写真を撮りましたが、載せられなかったものも多くあります。
ここでは未発表の写真を紹介したいと思います。


屋久島0038

荒川登山口にて。トロッコ列車です。


屋久島0056

歩き始めて20分ほど。滝のように水が流れていました。


屋久島0027

ウィルソン株より少し先で。目に映る緑がきれいです。


屋久島0057

ヤクシカ3匹。本土のシカより小柄です。とても可愛らしいです。


屋久島0058

トロッコ道途中の橋。いい眺めです。


屋久島0059

川の流れは速く、音も轟々とすごかったです。


屋久島0060

こんなところにもたくましく木が立っています。


屋久島0061

目の前には雄大なパノラマが広がっておりました。絶景でした。


屋久島0062

朽ち果てたトロッコ列車。かつてはこのトロッコ道を行き来していたのでしょう。



これらの写真は登山時に撮影しました。