日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
2008年08月31日 (日) | 編集 |
美味しいお酒のおつまみを発見!!!
先日とある輸入食材のお店に行った時、試食品コーナーにありました。
食べてみると、これがメチャクチャ美味しかった!!!!
すかさず材料を買って帰りました。


おつまみ01
店で食べたものを忠実に再現しました。
これは生ハムにドレッシングをかけたものです。


おつまみ02
材料は生ハムの切り落とし、玉ねぎドレッシング、フライドオニオンの3点。
作り方は至って簡単。
皿に盛った生ハムにドレッシングをかけてフライドオニオンをトッピングして出来上がり。
お酒のおつまみにピッタリです。お試しあれ!!!





黒酢たまねぎドレッシング 3本セット

今回使用した黒酢たまねぎドレッシング
一般的なドレッシングに比べるとやや割高ではありますが、サラダにかけても美味しかったし、個人的にはオススメです!!!

スポンサーサイト
2008年08月31日 (日) | 編集 |
もう8月も終わります。
あれだけ暑い暑い言っていたのに、夏の終わりは何だか寂しいものです。

花火は見に行ってないし、海にも行っていないし…。
振り返ると、あんまり夏らしい事しなかったなあ~。
夏らしい事といえばかき氷やスイカを食べた事ぐらいでしょうか(食べ物の事ばかりです…笑)。
また、今年の夏はオリンピック一色だったように思います。
私も選手たちの活躍を一喜一憂しながら見ておりました。

今年の夏は例年に比べて雨が多かったです。
福岡ではお盆前後からよく雨が降っていました。
雨が多かったせいでしょうか、8月の下旬は暑さも和らぎほとんどエアコンなしで過ごせました。
お盆前の熱帯夜が嘘のようです。

そんな暑かった8月も終わり、明日からはもう9月です。
DO YOU REMEMBER?(それはEW&F!!!)
もうしばらく残暑が続きますがもう秋です。
朝晩は涼しくなりましたので、風邪には気をつけて下さい。



グレイテスト・ヒッツグレイテスト・ヒッツ
(1999/11/03)
アース・ウィンド&ファイアー

商品詳細を見る


2008年08月28日 (木) | 編集 |
タイトルに表示はないものの、バットマンシリーズ最新作です。
前作「バットマン・ビギンズ」に引き続き、クリストファー・ノーラン監督が手がけています。


<ストーリー>
欲望と犯罪が渦巻く街、ゴッザムシティ
街の平和を守るべく、バットマンゴードン警部補検事ハービー・デントらと共に日夜悪と戦っています。
そんな中、ジョーカーと名乗る極悪非道な男が現れ、ゴッザムシティを恐怖のどん底へ陥れます。


もはやアメコミ映画ではありません(いい意味で)。
ヒーローアクションというよりはテロムービーに通ずるものがありました。
ジョーカーの挑発に翻弄されるバットマンや警察、両者の際限ない騙し合い、さらには究極の二者択一を迫られ…と息つく暇も与えぬ怒涛の展開です。
緊張感が最後まで持続し、実に観応えありました。

この作品はあらゆる部分で”二面性”が印象に残りました。
まずバットマンとジョーカー。
ジョーカーの「バットマンがいる限りジョーカーもいる」というセリフがまさにそう。
善と悪は表裏一体と言わんばかりで、従来のアメコミヒーローものにありがちな単純な善悪でないところが奥深いです。
ハービー・デントとバットマンの対比も印象的。
デントは法をもって正義を貫き、バットマンは力で悪を成敗する闇の仕事人。
まさに”光の騎士””闇の騎士(ダークナイト)”です。
同じ正義を目指す騎士でありながら、バットマンは犯罪者と同列な扱いなのが何とも皮肉です。
物語後半に登場するトゥーフェイスの顔や彼の持っているコインもまた二面性を象徴しています。

何といっても今作の立役者はジョーカー。
故・ヒース・レジャーの鬼気迫る演技が強烈でした。
ティム・バートン監督版でジャック・ニコルソンが演じたジョーカーは原色系でコミック的だったのに対し、今回のジョーカーは見るからに薄汚くて不気味。
存在感というかアクの強さではある意味、ニコルソンを超えていたように思います。

派手な爆発シーンやカーチェイスなどアクションの見せ場にも事欠きません。
個人的にはバットモービルに目を奪われました。
過去4作に登場したバットモービルもあれはあれで捨てがたい魅力がありましたが、「バットマン・ビギンズ」から登場したジープみたいな無骨なデザインも最高にカッコいいです。
今回は何とバイク状に変形!!!
そのシーンはほんの一瞬ですが、超カッコよかったです。

2時間半の長い上映時間を感じさせない、実に密度の濃い映画でした。


ダークナイト [Blu-ray]ダークナイト [Blu-ray]
(2010/04/21)
クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン 他

商品詳細を見る




   「バットマン・ビギンズ」(2005)


バットマン ビギンズ [Blu-ray]バットマン ビギンズ [Blu-ray]
(2010/04/21)
クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン 他

商品詳細を見る


「ダークナイト」の前作。
こちらもアメコミ映画らしからぬ展開でした。
前半はバットマン誕生秘話でバットマンの活躍が拝めるのは後半に入ってから。
思ったより渡辺謙さんの出番が少なかったなあ…。
ゴードン警部役のゲイリー・オールドマン田代某に見えて仕方なかったです(苦笑)。
終盤の列車内での戦いの時、最後にバットマンの取った行動(セリフ)には「してやられた!」と思いました。
DVD観るまですっかりド忘れていましたが、ラストは2作目の前フリだったんですね~。


ティム・バートン監督によるバットマンが公開されたのは1989年。
当時はものすごいブームでバットマンマークのTシャツなどグッズがバカ売れしていましたが、中にはこんな物も。
バットマンマークのシール。
海水浴に行った際、シールを胸に貼ります。
すると…
バットマンマーク状に日焼けします!!!
今考えるとそんなアホな商品もありました(笑)。

2008年08月25日 (月) | 編集 |
読書といえば秋のイメージが強いですが、私の場合は夏に本を読む事が多いです。
夏になると無性に本が読みたくなり、何冊も本を購入する事があります。

「何で夏なんだろう???」
子供の頃は夏休みの宿題に読書感想文や読書感想画がありましたし、ただでさえ夏休みは時間があるので本を読む機会が多かったです。
夏に本をよく読むようになったのは、そういった子供の頃の名残りだろうと思います(多分)。
大人になってからは夏休みもないし、読む本もノンフィクション系が多くなりましたが、夏に多く本を読むという事は子供の頃からあんまり変わっていません。

読書感想文に読書感想画、懐かしいなぁ…。
感想文はほとんど覚えていませんが、感想画に関しては2,3思い出があります。
(あんまりほめられるような事ではありませんが…)
1つは、感想画を描くのに本の表紙の絵を丸写ししてえらく怒られた記憶があります。
当時は何で怒られたのか分かりませんでしたが、今考えると丸写しするなんて芸がないなぁと思います。
もう1つは、読んでもいない本の感想画を描いた事があります。
確か「かわいそうな象」の感想画で、本は読まず内容を人から又聞きして、それを元に絵を描き上げました。
本を読んだのはそれからだいぶ後の事です。
でも何で「かわいそうな象」だったんだろう?
単に象の絵を描きたかっただけかもしれません。

そんな私ですが、何を隠そう、読書感想画では2度賞状をいただきました。
小学生の時と高校生の時です。
高校生の時に描いたのは芥川龍之介著「蜘蛛の糸」の感想画。
鉛筆で下書きしている段階で美術の先生の目に留まり、描いている時に先生からいろいろアドバイスを受けました。
そうやって仕上がった絵がコンクールで見事入賞。
小学生の時は……フッフッフッ…。
先ほどの「かわいそうな象」の感想画で賞状をいただきました。
こんなんで賞をいただいてもいいのでしょうか???(笑)

夏に本を読む話がいつしか思い出話になってしまいました(懐)。
今年の夏もいろいろ本を読んでおります。
ちなみに今読んでいる本は「かもめ食堂」。
文庫本で発売されていたのを見つけ、すかさず買いました。
私が大好きな映画の原作です。


かもめ食堂 (幻冬舎文庫 む 2-12)かもめ食堂 (幻冬舎文庫 む 2-12)
(2008/08)
群 ようこ

商品詳細を見る


2008年08月24日 (日) | 編集 |
20080824170832
今日、天神岩田屋で開催されている“めんそーれ大沖縄展”に行ってきました。
多くの人でごった返しており大盛況でした。
そこでマンゴー入りのかき氷を食べました。
マンゴーの爽やかな酸味と練乳の甘味が絶妙に絡み合い美味でした。
2008年08月24日 (日) | 編集 |
20080824112223

久々にCDを購入しました。80年代モノです。
ザ・スクエア「THE SQUARE LIVE」大滝詠一「A LONG VACATION」の2枚。
「THE SQUARE LIVE」は6月にT-スクエアのコンサートに行って聴きたくなりました。
CDレンタル店にもCDショップにもなかったのでネット通販にて購入。
まだ”ザ・スクエア”という名前だった頃のアルバムですが、これを聴くとライブの興奮が甦ります。
もう1枚の「A LONG VACATION」はもはや語るまでもなく名盤中の名盤。
楽曲はどれも素晴らしく、何度聴いてもいいです。
本当はスクエアのアルバムのみ購入予定でしたが、2枚買うと20%OFFにつられて購入。
夏にぴったりのアルバムですが、もう夏も終わりつつあります。
これを聴いて、残り少ない夏の気分に浸ろうと思います。


A LONG VACATION 20th Anniversary EditionA LONG VACATION 20th Anniversary Edition
(2001/03/22)
大滝詠一

商品詳細を見る


THE SQUARE LIVETHE SQUARE LIVE
(2007/09/19)
ザ・スクェア

商品詳細を見る



2008年08月22日 (金) | 編集 |
北京オリンピック開会式翌日に鑑賞。
「ドラゴン~」「~パンダ」に続く中国シリーズ(?)第3弾です。


<ストーリー>
1946年、イギリス。
かつて2度の冒険をしたリックエヴリンオコーネル夫妻は悠々自適の生活をしています。
一方息子のアレックスは大学を中退し、中国で遺跡発掘に精を出しております。
そこで何と2000年前の皇帝の墓を発掘します。
ある日オコーネル夫妻は外務省より”シャングリラの眼”と呼ばれる秘宝を上海の博物館に届けるよう依頼されます。
オコーネル夫妻はこれが途轍もない秘宝であるとは知らず、また息子が中国にいる事も知らずに上海へ向かいますが…。


気楽に楽しめる冒険映画でした。
テンポもよく、アクションや特撮の見せ場も満載でした。
ストーリーは良くも悪くも今までと同じようなパターンでした。
オリンピックに合わせてかどうかは知る由もありませんが、舞台を中国にしたのは正解かも。
またエジプトだったらいよいよマンネリ化しそうです。
ツッコミどころはいろいろありますが、何も考えずに観る方が断然楽しめます。

特撮も前作からすると随分こなれてきたように思います(2作目のスコーピオン・キングは見るからにCGという感じで唖然…)。
兵馬俑ミイラVS骸骨ミイラのバトルにも圧倒されましたが、イエティやキングギドラ(?)が登場したのには驚いた…ていうか笑ってしまった。
ドラクエよろしくモンスターがうじゃうじゃ出てきて……やりたい放題ですね(笑)。

個人的には上海のシーンが観ていて楽しかったです。
派手なチェイスシーンや”クラブ・イムホテップ”(笑)なんかは「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」を思わせますし、1940年代の上海の街のセット(CGか?)もよくできていたと思います。

惜しむらくはエヴリン役がレイチェル・ワイズからマリア・ベロに代わった事。
前作から続けて観るとちょっと違和感あるかも。
ジェット・リーも思ったより出番が少なかったし、リック役のブレンダン・フレイザーも20歳ぐらいの息子がいる設定にはかなり無理があったなあ~。

最近の冒険映画は家族ぐるみの冒険が流行りなんでしょうか?
「ナショナル・トレジャー」然り。「インディ・ジョーンズ」然り。そして今作も。


ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 リミテッド・バージョンハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 リミテッド・バージョン
(2008/12/19)
ブレンダン・フレイザージェット・リー

商品詳細を見る



新作公開前に前作をおさらい……嘘です。後で見ました。



   「ハムナプトラ 失われた砂漠の都」(1999)


ハムナプトラ/失われた砂漠の都 デラックス・エディション (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾)ハムナプトラ/失われた砂漠の都 デラックス・エディション (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾)
(2007/09/13)
ブレンダン・フレイザー.レイチェル・ワイズ.ジョン・ハナ.ケビン・J・オコナー.アーノルド・ボスルー

商品詳細を見る

記念すべき第1作(早いもので、1作目からもう10年近く経ちます…)。
元々は「ミイラ再生」(1932)のリメイクだそうですが、そんな事全然知らなかった…(だいいちオリジナル観た事ないし)。
劇場でも観ましたが、アクションやユーモアが満載で結構楽しめました。
CGや特撮もなかなかよくできておりましたが、スカラベの群れは気味悪かったなあ…。
まさしく冒険映画の王道を行く作品です。



   「ハムナプトラ2 黄金のピラミッド」(2001)


ハムナプトラ2/黄金のピラミッド   (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾)ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾)
(2007/09/13)
ブレンダン・フレイザー.レイチェル・ワイズ.ザ・ロック.ジョン・ハナ.アーノルド・ボスルー

商品詳細を見る

2作目になってアクションがパワーアップ。
アヌビスの軍隊や女同士の戦いが見ものでした。
ただ、スコーピオン・キングはいかにもCGっぽくて違和感ありましたが…。
ジョナサンや息子のアレックスもユーモアたっぷりで面白かったのですが、個人的にすごくウケたのがスコーピオン・キング最期の時のイムホテップ。オーバーアクションな演技が死ぬほど笑えます。
あと、エヴリンが前作より垢抜けてきれいになったなあと思いました(笑)。



このシリーズ、日本では「インディ・ジョーンズ」風のロゴで「ハムナプトラ」とでかでかと書いてありますが、原題は「THE MUMMY」と割と地味。
MUMMY(マミー)とはミイラの事です(乳酸菌飲料のことではありません)。
ちなみにハムナプトラとはエジプトの死者の都の事で、3作目は中国なので全く関係ありません(笑)。

2008年08月18日 (月) | 編集 |
お盆休みも終わりました。
皆さんいかがお過ごしでしたか?
私のお盆休みは8月13日~15日の3日間。短い休みでした。
3日あれば旅行に行くのが私の常ですが、3日のうち1日予定が入り、自由な時間は2日しかなかったので今回旅行には行きませんでした。


13日は夜に友人達と飲みに行きました。
久々に会った友人と飲んで話して楽しいひと時でした。

14日、15日は特に予定がなかったのですが、休み前に実家から電話があったので帰省することにしました。
今回もマイカーではなく高速バスにて帰省(ガソリン代の高さには泣かされます…)。
バスは午後1時頃福岡を出発しました。

午後3時過ぎに佐世保へ到着。
ちょうど友人から電話があったので、このまま友人の家に行きました。
その友人と会うのは2年半ぶりで、結婚式に招待されて以来です。
会うと積もる話で盛り上がりました。
2時間近く話した後、友人は夜から用事があったので私は帰りました。
実家に帰ると両親も弟も元気にしていました。元気で何よりです。
久しぶりに家族で食事しました。

15日は昼から両親と食事に行きました(弟は仕事でした)。
”おかざき”というお蕎麦屋さんです。
蕎麦にコシがあって美味しかったです。

194.jpg

ここは創業105年の老舗ですが、今月末で閉店するそうです。
子供の頃からあったお店がなくなるというのは実に寂しいものです。
実家を離れて生活するようになって20年以上経ちますが、帰ってくる度に風景が変わっていくのを感じます…。

1泊2日と短い時間ではありましたが、後ろ髪引かれつつ佐世保を後にしました。
3時頃のバスに乗り、福岡には5時半頃到着。
福岡は雨が激しく降っていました。
博多駅近くで食事を済ませて家に帰りました。
家に帰り着いたのは7時半。
きつかったのでその日は車で家の近くの温泉に入りに行きました。
温泉から帰るとバタンキューでした。
かくして私のお盆休みは終了。

16日から仕事で17日が休み。
どうせなら16日も休みだったらよかったのに…(とグチってもしかたありませんね~)。


ラミーエ

今回自分用に買ってきた佐世保のお土産”ラミーエ”です。
佐世保では割と有名な(?)お菓子です。
食べてみるとオーソドックスなクッキーで特に佐世保らしさは見出せませんが、上品な甘さがたまりません。
このラミーエを食べていると、20数年前に放映されていたCMを思い出します。
いわゆる地方CMってやつです(ローカルネタですみません!!!)。

このCMはギターを持ったメキシコ風の3人組(私の記憶が正しければ、黒い帽子に黒いガンマン風のマントを羽織っていたと思う)がおもむろに
       
             ラミーエぇ~~
「ラミーエぇ~~   ラミーエぇ~~ 」
             ラミーエぇ~~


と歌うものです。
3人組のいでたちもさることながら、彼らの奏でる甘美なるハーモニーは今でも耳から離れません。
もう一度観たいものです(誰かYouTubeで流してくれないかな~)。



最近は高速バスで帰省する事が多くなりました。
バス内ではNintendoDSのゲーム”シムシティDS”をプレイしておりました。
一見取っ付きにくそうですが、一度味を占めるとハマるゲームです。

EA BEST HITS シムシティDSEA BEST HITS シムシティDS
(2008/07/24)
Nintendo DS

商品詳細を見る


帰省の事を書いていたのに、何かとりとめのない話になってしましまいました…(爆)。


今年のお盆休みは原油高の影響で例年よりも旅行に行く人が少なく、近場で過ごしたり帰省する人が多かったようです。
また今年は家でオリンピックや高校野球を観戦していた人も多かった事でしょう。

暑い夏はまだしばらく続きますが、皆さんも体調には気をつけて下さい。



追記(9/8):
ラミーエのCM、YouTubeにありました。
ショートバージョンでしたが見ることができて感激でした!!!(1分30秒ぐらいのところにあります)
下記URLより見ることができます。

http://jp.youtube.com/watch?v=0hF5wIENx7o

情報提供して下さった方、本当にありがとうございました。

2008年08月18日 (月) | 編集 |
お盆休みに帰省した際、出会った猫たちです。
不覚にも今回はデジカメを持って行かなかったので、携帯のカメラにて撮影しました。
そのため写真が縦長になっています。

181.jpg
沖縄のシーサーみたいなポーズです(笑)。

183.jpg
手前の猫は私にすり寄ってきました。後ろの猫は先ほどのシーサー猫(?)です。

184.jpg
ちょっと写真が逆光気味になりました。白黒で牛みたいです。

186.jpg
この猫はとても眠そうでした。

188.jpg
金網越しに撮影。のんびりくつろいでいます。

189.jpg
この猫も私になついてきました。

192.jpg
今回見た猫の中では、一番可愛らしい猫でした。

駅から実家に帰る途中に遭遇しましたが、その数何と10数匹!!!
(撮ろうとしたら逃げた猫もいましたが…)

猫を見ると、心癒されます。

2008年08月17日 (日) | 編集 |
20080817220152
私は夏にはTシャツをよく買いますが、またしても衝動買いしてしまいました。“波達”というブランドのシャツです。サーファー系のブランドでしょうか。
30%OFFで2030円でした。
2008年08月17日 (日) | 編集 |
20080817204723
とあるスーパーの店先にて見かけました。
買うと20000円するそうです。
2008年08月13日 (水) | 編集 |
20080813134442
某家電量販店にて「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(豪華版)のDVDを購入。
何と半額以下の2980円でした。
お盆明けに観ようと思います。

2008年08月13日 (水) | 編集 |
「~ポニョ」「~パンダ」に続き、アニメ映画を鑑賞しました。
「パトレイパー」「攻殻機動隊」などを手がけた押井守監督作品。

<ストーリー>
現代に似たどこかの世界。ここではショーとしての戦争が行われています。
その戦争には思春期のまま年をとらない”キルドレ”と呼ばれる子供達が戦っています。
キルドレである函南は前線基地に配属され、女性司令官の草薙と出会います…。


う~ん、難しい…。
感想を聞かれても即答しにくい作品でした。
予備知識なしで観に行きましたが、独特な設定や世界観なので置いてきぼりを喰らいそうになった事もしばしば。
また物語は淡々と進み、途中何度となく睡魔に襲われた事も…。
「ポニョ」や「パンダ」と違い、観る人を選ぶ作品のようです。

それにしても、不思議な世界観を持つ作品でした。
名前は日本名、空中戦のシーンは英語、ダイナーはアメリカ風、あとドイツやイギリスなどヨーロッパっぽい感じもあったり…。
作品全体に漂う無国籍感が妙に印象に残りました。
飛行機はジェット機ではなくプロペラ機。一体いつの時代なんでしょう???
セピア調の色彩、感情表現の希薄なキャラクターも独特な雰囲気でした。

CGによる空中戦のシーンは迫力ありました。
飛行機はプロペラ機で攻撃は機銃と第二次大戦の頃の戦法ではありますが見応えありました。
恥ずかしながら、少し酔いそうになりました(乗り物酔いしやすい私です…)。
飛行機のデザインも後ろにプロペラがあったりして面白いです(「スター・ウォーズ」に出てくるXーウィングに少し似ていました)。

物語中盤で草薙が戦争について語るシーン。
戦争があるからこそ平和の喜びをかみしめられる、戦争の対極として平和が存在するという論理は、戦争を肯定しているようでどうかなとは思いましたが、いろいろ考えさせるセリフでもありました。

この作品は好き嫌いがはっきり分かれそうですが、個人的には…ちょい微妙でした。
あと、エンドロール後の結末は、中盤のあるシーンで何となく読めてしまいました(汗)。


この映画、やたらタバコを吸うシーンが多かったなあ…。
ちなみに私はタバコをやめてすでに5年。今は吸いたいとは思いません。
吸っている人を見ると「そんなにうまいのか?」と首を傾げる自分がいます(笑)。


スカイ・クロラ [DVD]スカイ・クロラ [DVD]
(2009/02/25)
菊地凛子加瀬 亮

商品詳細を見る


2008年08月09日 (土) | 編集 |
世界中が待ちに待ったオリンピックがいよいよ開催!!!
先ほどまで私も開会式を見ておりました。
開会式は映画「HERO」などを監督したチャン・イーモウ氏が手がけています。

9時頃から始まりましたが、選手入場前のパフォーマンスは実に見応えありました。
大勢の人が一糸乱れず太鼓を叩いたり太極拳をする姿には鳥肌が立ちました。
相当リハーサルを重ねたのでしょう。
また、最初に歌を歌っていた女の子やピアノを弾いていた女の子が可愛らしかったです(笑)。

選手入場はお国柄を感じさせ、見ていて楽しかったです。
日本は紺のブレザー。
少し地味かな~って思いましたが、女性選手の赤いスカーフは素敵でした(客室乗務員みたいです…笑)。
選手は誰もが嬉々とした表情で楽しそうでした。

聖火点灯、感激しました。
まさかワイヤーで宙を走るとは…。映画「グリーン・ディスティニー」みたいでした。
夜空を彩る花火も実に綺麗でした。

果たして日本は何個のメダルを獲得するのでしょうか?




加油(がんばれ)日本!!!


2008年08月07日 (木) | 編集 |
スーパーで買い物していた時、見慣れない飲料を発見しました。
商品名は”タングロン”。

タングロン

何やら凄そうな名前と珍しさにつられてすかさず購入。
パッケージには”昆布エキス飲料”と書かれています。響きからして体によさそうな印象です。
さらに原材料を見ると昆布酵素エキス、リンゴ果汁、オリゴ糖などと書かれてあります。
昆布茶とリンゴジュースを混ぜたような味をイメージしてしまい
「どえらいものを買ってしまった…」と一瞬不安にかられました。

恐る恐る飲んでみました。
「……ん、!!!!酸っぱい!!!!」
比較的酸味が強い飲み物で、黒酢ドリンクに近いものがありました。
最初はとんでもない味の飲み物を想像しておりましたが、意外と美味しかったです。
ちなみに昆布の味はほとんどしませんでした。

パック4個組で売ってあり、1パックは90mlとヤクルトよりやや多いくらいの量でした。
この商品は主に北海道で販売されており、九州で見かけることは滅多にありません。
こういうものを見かけると、地域限定商品に滅法弱い私はつい衝動買いしてしまいます…。

2008年08月06日 (水) | 編集 |
「ドラゴン・キングダム」に続き、またまたカンフー映画です。
といっても今度はアニメです。


<ストーリー>
ラーメン屋の息子であるパンダのポーは仕事もサボりがちで、大好きなカンフーの事ばかり考えています。
ある日ポーは翡翠城へ行きますが、ひょんな事からポーは”龍の戦士”に選ばれます。
ところがポーはカンフーの実戦に関してはまったくのド素人。
かくして厳しい修行の日々が始まります。
その頃、かつての弟子だったタイ・ランが脱獄し、龍の巻物を奪うべく翡翠城へ向かっていました。


メタボパンダ大奮闘!!!
中国と聞いて最初に連想するものの上位に来そうなカンフーとパンダ(ドラゴンもあるかも)。
実に分かりやすい取り合わせです。
メタボ体型のパンダがカンフーをする姿はコミカルでした。
ポーの声を演じたジャック・ブラックもなかなかマッチしていたと思います(メタボ(?)という意味でも…)。
ポーはラーメン屋の息子なのに親はどういうわけか鳥です(何で???)。

全編CGアニメですが、色鮮やかな翡翠城やその下に広がる町並み、山水画を思わせる雄大な山々など、中華なビジュアルが素晴らしかったです。
アクションシーンもタイ・ラン脱獄シーンやつり橋でのバトルは手に汗握ります。
個人的にはポーと師匠が饅頭を取り合うシーンが観ていて楽しかったです。

痛快なストーリーの中にも、哲学的というか奥の深さを感じました。
老師の「この世に偶然はない」と言うセリフや龍の巻物の秘密などは実に含蓄深いものがあります。
中でも、ポーが凹んでいる時に老師が言ったセリフは「うまい事を言っているな~」と思いました。詳しくは書きませんが、なかなかの名セリフで心に残りました。

カンフー好きな人はもちろん、ストーリーもシンプルなので大人から子供まで楽しめる作品だと思います。


カンフー・パンダ スペシャル・エディションカンフー・パンダ スペシャル・エディション
(2008/12/05)
ジャック・ブラックダスティン・ホフマン

商品詳細を見る




この映画を観た後、急遽DVDレンタルして観ました。
こちらも同じく中華アニメです。


   「ムーラン」(1998)

男になりすまして軍隊に入った女・ムーランの活躍を描いた映画。
ディズニーのアニメでは大好きな作品の1つです。
フン族の大軍の襲撃シーンは圧巻で、映画館で観た時は度肝を抜かれたものです。
中国が舞台ですが「何で英語で話したり歌ったりするの?」とツッコむのはやめて、頭を空にして楽しみましょう(笑)。


ムーラン スペシャル・エディションムーラン スペシャル・エディション
(2004/12/17)
マシュー・ワイルダー

商品詳細を見る



今年は北京オリンピックが開催されることもあり、中国やカンフーを題材にした映画が多いように思います。
オリンピックもいよいよ開幕ですが、今度はどんなドラマが繰り広げられるのでしょうか。

2008年08月05日 (火) | 編集 |
久しぶりにカンフー映画を観ました。


<ストーリー>
気弱なカンフーおたくの少年ジェイソンは行きつけのチャイナタウンの質屋で店内を物色していると、金色の棒を見つけます。
店から帰る途中、ストリートギャングに脅されて質屋の強盗を手伝う羽目になります。
店に入り、ギャングは発砲。
店主は負傷し、ジェイソンは金色の棒を持ち主に返すよう託されます。
棒を持って逃げるジェイソンですが、屋上に追い詰められビルから転落します。
ジェイソンは目を覚ましますが、気がつくとそこは古代の中国でした…。


夢の共演!!!
ジャッキー・チェン&ジェット・リーの2大スター共演が最高でした。
これ観たいがために鑑賞したようなものです。
アクションもさる事ながら、同時に懐かしさも感じました。
酔拳や蛇拳、蟷螂拳など懐かしいカンフーアクションのオンパレードで往年のカンフー映画ファンにはたまりません。
懐かしいといえば、オープニングのカンフー映画のポスターも味わい深いものがありました。

ストーリーは割と王道的なもので「西遊記」をモチーフにしたような冒険。
孫悟空も登場するのでほとんどファンタジーです。
今作はヘタレ少年が成長するストーリーでもありますが、師匠の元で修行する少年の姿はかつて「酔拳」などで観た若き日のジャッキーと重なります。
そんなジャッキーも今や師匠。時の流れを感じます。
(助さんから黄門様になった里見浩太朗さんを思い出しました…笑)。
物語終盤はの展開はひねりが効いていてよかったと思います。

スパロウや白髪魔女などの女性キャラもこの作品に華を添えています。
この2人のアクションもなかなかのものでした。
ただ白髪魔女はアニメやゲームのキャラみたいで、作品の中では少し浮いていたような感じがしましたが…。
あと、ジェイソンは思いっきりヘタレ顔だし(一応主人公です)、敵将軍はアイシャドーが不気味でした(笑)。

2大スターの共演を十分に満喫させていただきましたが、あえて言うならもっと早い時期(80年代後半~90年代頃)に実現させて欲しかったというのが正直なところです。


ブルース・リー以来多くのカンフー映画を観てきましたが、ジャッキーやジェットの後に続くフォロワーがいないのが少し寂しくもあります…(涙)。


ドラゴン・キングダム プレミアム・エディションドラゴン・キングダム プレミアム・エディション
(2008/12/05)
ジャッキー・チェンジェット・リー

商品詳細を見る


2008年08月03日 (日) | 編集 |
PORTERバッグ

約5年ぶりに新しいバッグを購入しました。
買ったのは”PORTER”のバッグ。私のお気に入りのブランドです。
前も”PORTER”のバッグを使っておりましたが、さすがに4年以上経つと持つところがほつれたり底に穴が空いたりしたので、思い切って買い換えました(風水の本によると、ボロボロのバッグや財布は運気がダウンするそうです)。
形は前に使っていたものと同じトートバッグですが、前のものとは違うデザインのものを購入。
価格は16800円でした。
バッグを変えるとそれだけで気分がリフレッシュしたように感じます。




◎全商品代引手数料・送料無料!吉田カバン(ポーター)ポータースモーキー トートバッグ