日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年04月29日 (水) | 編集 |
久々のプリンネタです。
あろうことか、このようなものを発見。

[READ MORE...]
スポンサーサイト
2009年04月27日 (月) | 編集 |
以前から気になっていた映画です。
別に深い意味はありません(笑)


<ストーリー>
1979年。
北九州の中学校に赴任してきた新任教師の寺嶋美香子
赴任早々男子バレーボール部の顧問に任命されますが、部室にいたのは5人の部員。
彼らは寝ても覚めてもHなことばかり考えていて、やる気がなく、他の生徒たちからもバカにされる有様。
何とか部員たちを奮起させようとする美香子ですが、ひょんなことから”試合に勝ったらおっぱいを見せる”約束をする羽目になります。
部員たちは美香子先生のおっぱいを見るべく、日々の練習に励みますが……。


ナイスおっぱい!!!
観る前は半分ナメてかかってましたが、これがどうして……予想以上に楽しい作品でした。
バカエロ男子中学生の生態が面白おかしく描かれておりました。
どうしようもないほどバカな連中ですがどこか憎めません。
「全くしょうもない奴らだ……」と半分呆れつつも、10代の頃の自分自身と重ねながら観ておりました
(でもあそこまでひどくはなかったです。………ほ、本当です!!!!!?)。
歴史に残る偉業というのは得てしてエロが原動力となったものも多いので、モチベーションが”おっぱい”だからといって彼らをバカにすることは出来ません。
綾瀬はるかさんのような先生がいたら、私もきっと頑張る!!!……と思います(笑)。

時代設定が70年代後半というのも、おじさんにとっては嬉しい限りです
(あ~あ、自分のこと”おじさん”言うてしもた……爆)。
街の雰囲気はまるで70年代にタイムスリップしたような錯覚すら感じます。
当時の車を調達したり、逆に21世紀的なディテールを排除したりして、70年代を再現するのはさぞ大変だったことでしょう。
劇中で流れていたニューミュージックも涙が出るほどツボを押さえた選曲でした。
中でも、最後の試合のシーンで流れていた永井龍雲さんの「道標ない旅」と、冒頭で出てきた美香子先生の愛読書である高村光太郎さんの詩「道程(どうてい)」の一節がシンクロしている点は脱帽モノ!!!

欲を言えば、もっとコテコテというかベタな作りでもよかったのではと思います。
九州が舞台ということで豚骨ラーメンに例えるなら、やや”あっさり味”といったところでしょうか。
題材的には”こってり味”の方が合いそうですが、そうなると綾瀬はるかさんのイメージとも違ってきますし、その辺はまあラーメンと一緒で好みの問題でしょう。

何かに一生懸命打ち込むことの素晴らしさ、また何かに打ち込むには強いモチベーションが必要だということを改めて教えてくれた作品でした。
アラフォー世代のお父さんが観たらあの頃に戻りたいと思うこと請け合いです。
タイトルはともかく、個人的にはオススメ作品です。


チケット売り場でチケットを買うとき、少し恥ずかしかったです(汗)。


おっぱいバレー [Blu-ray]おっぱいバレー [Blu-ray]
(2009/10/21)
綾瀬はるか青木崇高

商品詳細を見る



2009年04月23日 (木) | 編集 |
先日、福岡市城南区にある油山へサイクリングに出かけました。
前回が海だったので今回は山です。
今回は自転車で坂道を登る、カッコよくいえば”ヒルクライム”に挑戦。


家から油山のふもとまで約40分。
今回は昼食を済ませて午後1時過ぎに山のふもとを出発しました。

「うわ~、何じゃこの坂は……」
最初はゆるい坂でしたが、途中からきつくなってきました。
壱岐でサイクリングした時を思い出します。
ギアを一番軽くして走っていましたが、きつくなったら自転車を降りて押し、ちょっと休んでまた乗るの繰り返しでした。


坂を乗り越え、やっとの思いで展望台に着きました。
ここから福岡市内を一望できます。
ふもとから展望台までの距離は意外と短かったのですが、休んだり周りの植物や建物を見ながら進んだので約40分かかりました。

油山サイクリング01

油山サイクリング02

展望台からの景色は本当に素晴らしかった!!!!
眼下に広がる雄大なパノラマを満喫しました。
(写真には全て収まりきれず、その素晴らしさが伝えられないのが残念です)
いやー、きつい坂を登ってきた甲斐がありました。
ちなみにここは夜景も素晴らしいです。

展望台には多くの観光客がいましたが、中には私同様自転車で来ている人もいました。
みんないい自転車に乗っているなぁ……。
30分ほど風景を眺めたりした後、後ろ髪引かれつつも展望台を後にしました。



油山を下る途中、油山観音に立ち寄りました。

油山サイクリング03
境内は木々が生い茂り、しんとしております。


油山サイクリング04
時には都会の喧騒を離れ、静寂の中に身を置くのもいいものです。


油山サイクリング05
正覚寺に入る前に新羅式石門があります。


油山サイクリング06
正覚寺。春なのに紅葉が……何ゆえ???


油山サイクリング07
その横には十六羅漢石像があります。


油山サイクリング08
赤いべべ着たお地蔵さん。可愛らしいです。


油山サイクリング09

油山サイクリング10

油山サイクリング11

油山サイクリング12

油山サイクリング13
油山観音の境内に咲いていた花の写真です。
中でも白に紫と黄色が入った花がきれいでした。
しかし名前が分からない……。
花の写真を撮るのは好きですが、花の名前には詳しくありません。
各自調べてください(……スンマセン)。



油山観音を見た後、山を下りました。
登りはきつかったのですが、帰りは本当に楽で気持ちよかったです。
こうして午後3時過ぎに油山サイクリングは無事終了。
紅葉の頃にまた行こうと思います。

2009年04月22日 (水) | 編集 |
4月に入って観に行った映画です。
最近はあれこれと雑事に追われて、いち早く観ることが出来ません(涙)。




    「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」


映画的なスケールの大きさではないにせよ、うまくまとまっていたと思います。
本家本元の『相棒』にしろ、『アンフェア』にしろ、映画化されてスケールアップしたのが裏目に出てしまっていたので、これぐらいが丁度いいのでは。
『相棒』でも脇役ながら独特な存在感を放っていた米沢
今作では味わい深いキャラやオタクぶりが全開。
絶妙なタイミングで流れる落語の着メロが最高でした。
萩原聖人さん演じる相原刑事は直情型というか熱血過ぎ。
いくら何でも夜中にビルに忍び込むのはやり過ぎでしょう(ビルのセキュリティも超甘いし……)。
犯人はまさかあの人だとは思いもしませんでした。


相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 [DVD]相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 [DVD]
(2009/10/21)
六角精児萩原聖人

商品詳細を見る





    「ウォッチメン」


一言で説明するのが難しい映画でしたが、ストーリーに哲学的な部分もあって観応えありました。
今作を観ていると、ヒーロー=正義の象徴という図式が崩れそうです。
中でも冒頭で殺されたコメディアンはヒーローなのにやってることがあまりに残虐で、正義とは絶対的なものではないように思えてきます。
とまあヒーロー物らしからぬ部分も多々ありましたが、ヒーローたちもバットマンなどのアメコミヒーローを彷彿とさせるものからDr.マンハッタン(フル○○はまずいっしょ!)のような人智を超越したものまで登場し、彼らがアメリカ史の舞台裏で暗躍しているという設定が面白い。
個人的には80年代(あるいはそれ以前)の洋楽がさりげなく使われてる点がナイス!!!


ウォッチメン ブルーレイ スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]ウォッチメン ブルーレイ スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
(2009/09/11)
ジャッキー・アール・ヘイリーパトリック・ウィルソン

商品詳細を見る





    「ザ・バンク 堕ちた巨像」


タイトルからして地味な感じは否めませんでしたが、まあまあ楽しめました。
今作に登場する巨大銀行のやってる事はえげつなく、闇金融の親玉みたいです(爆)。
美術館での銃撃戦は凄まじい限りで実に観応えあり。
そこに居合わせた見物客は大迷惑だったに違いありません。
世界各国でロケしたこともあり、各地の風景も観ていて楽しかったです。
 

ザ・バンク 堕ちた巨像 [Blu-ray]ザ・バンク 堕ちた巨像 [Blu-ray]
(2009/10/07)
クライヴ・オーウェンナオミ・ワッツ

商品詳細を見る




    「トワイライト 初恋」


中森明菜さんの歌ではありません(それは「トワイライト 夕暮れ便り」!!!)。
アメリカの女子に大ウケした本作。
確かに女性には受けそうですが、私的にはあまりピンと来なかったです。
異なる種族同士が恋に落ちるストーリーは前に観た『アンダーワールド ビギンズ』ともカブってたし、主人公のバンパイアも80年代顔でどっか垢抜けないし……。
青みがかった映像とエンドロールで流れた主題歌が妙に印象に残りました。


トワイライト~初恋~ [Blu-ray]トワイライト~初恋~ [Blu-ray]
(2009/09/18)
クリステン・スチュワートロバート・パティンソン

商品詳細を見る


2009年04月15日 (水) | 編集 |
海の中道海浜公園前でしばし休憩した後、出発しました。

天気がよかったので車が多く、公園周辺、特に駐車場入り口近くは渋滞していました。
また、サイクリングしている人も多く見かけました。
本格的なサイクリングの人からカジュアルにサイクリングを楽しむ人まで、それぞれが思い思いのスタイルでサイクリングを楽しんでいたようです。
ロードバイクに乗った人はめちゃくちゃ速かったなぁ……(いつか乗ってみたいものです)。



しばらく進むと、志賀島が見えてきました。

志賀島サイクリング12

「着いたぁーーー!!!」

道草しながらでしたが、かかった時間は約3時間
距離にして約30km
自分の足でここまで来たので喜びもひとしおです。

志賀島は島といっても砂地で陸続きになっています。
ここは「漢委奴国王」の金印が発見された場所として有名です。



島に着いてすぐの場所に志賀海神社がありました。

志賀島サイクリング13

志賀島サイクリング14
神社の入り口にはお浄めをするための砂が置いてあります。
ここは海の守護神として信仰されています。



志賀海神社でお参りした後、近くにある大衆食堂で昼食を摂りました。

志賀島サイクリング15
ここで食べたのはサザエ丼
サザエ、エビ、ワカメと海の幸がふんだんに入っています。
自転車に乗って心地よい空腹感もあり、美味しくいただきました。


食事を済ませて、周辺を歩いて散策しました。
近くには船着場がありました。
志賀島には博多港から船が出ていて、船には自転車も積めるそうです。
今度は船に乗って、志賀島一周してみようかな。
本当は島を一周する予定でしたが、お尻が痛くなりそうだったので今回はパス。



志賀島に来て一番感激したのは 海の美しさ!!!

志賀島サイクリング16
福岡にこんなきれいな海があったなんて知りませんでした。


志賀島サイクリング17
沖縄の海を思わせる海の色でした。

海の色にうっとりしつつ、午後1時頃志賀島を出発しました。
ここからまた同じ距離を走るわけですから大変です。
お尻が少し痛かったです(やっぱサイクリング用のパンツが必要だな……)。



海の中道海浜公園、人工島を抜けて約1時間後、香椎に着きました。
最後は香椎宮に行きました。

志賀島サイクリング18

志賀島サイクリング19
ここも含めて、今回は4ヶ所の神社を訪れました。
三社参りならぬ四社参りです。


香椎宮に来たのには1つ目的がありました。
そう、名水百選にも選ばれている”不老水”を飲むためです。

志賀島サイクリング20
不老水は本殿からしばらく歩いたところにあります。

志賀島サイクリング21
お賽銭を入れて、水を汲みました。

志賀島サイクリング22
微かに塩味を感じましたが、美味しかったです。
有難くいただきました。
ペットボトル持ってくればよかったなあ……。


不老水を飲んで、香椎宮を後にしました。
後は家路を辿るのみです。
最高のサイクリング日和でしたが、思いっきり日焼けしました。
これからの時期は日焼け止めとサングラスが必要かと思います。


家に着いたのは午後4時頃
走行距離は約70km
きつかったけど楽しいサイクリングでした。
次回は志賀島一周にチャレンジしようと思います。



当初は1つの記事にする予定でしたが、思った以上に写真が多かったので前編後編に分けました。
(映画『レッドクリフ』と同じパターンになってしまいました……笑)

2009年04月13日 (月) | 編集 |
先日、志賀島へサイクリングに行って来ました。
午前9時に家を出発。



出発して約1時間。まず最初に訪れたのは箱崎宮

志賀島サイクリング01
ここは福岡ソフトバンクホークスやアビスパ福岡の選手の方々も祈願する神社です。


境内では何やらフリーマーケットらしきイベントが行われていました。
そういうものにあまり興味を示さない私ですが、見てみたら思った以上に楽しかった!!

志賀島サイクリング02

志賀島サイクリング03
昭和の香り漂うアイテムがぎょうさんありました。


志賀島サイクリング04
まさかこんなものもあるとは!!!幻のメタル印度カレー

中には喉から手が出るほど欲しいものがありましたが、荷物が増えるので泣く泣く断念。



次に向かったのは名島城跡

志賀島サイクリング05
ここには名島神社がありました。


志賀島サイクリング06
あんまり城跡という感じはしませんでした。



名島城跡を後にし、イオンモール香椎浜でトイレ休憩。
しばし休んだ後、再び出発。
この辺りは人工島があり、海の中道へ向かう橋が架かっています。
人工島や橋が出来る前は陸沿いに海の中道へ行ってましたから、随分便利になったものです。

志賀島サイクリング07
人工島にはアイランドタワースカイクラブがありました。実に立派な建物です。


志賀島サイクリング08
その近くにはアイランドシティ中央公園があり、園内には体験学習施設ぐりんぐりんという独特な形の建物があります。


志賀島サイクリング09
公園にはきれいな花が多く咲いていました。

未来的な雰囲気の建物が多いのですが、周辺はまだまだ空き地が多かったです。



人工島から橋を渡り、しばらく進むと海の中道海浜公園に着きました。
園内は広く水族館や遊園地などがあります。

志賀島サイクリング10
公園入口(光と風の広場入り口)。入りませんでしたが……(要入場料)。


志賀島サイクリング11
観覧車やジェットコースターもあります。


ここまでくれば、志賀島まであと少しです。(つづく)

2009年04月12日 (日) | 編集 |
昨年11月に公開された『レッドクリフ part1』の続編。
幸運にも試写会に当選、いち早く鑑賞しました。


<ストーリー>
赤壁では大河をはさんで曹操軍連合軍が対峙しています。
曹操軍は疫病による死者が続出、曹操は死体を対岸に流し連合軍にも疫病を蔓延させます。
連合軍は食料も尽きかけ、さらに劉邦らが連合軍から離脱。
人々が疲弊し連合軍の結束が揺らぐ中、諸葛孔明は奇策を編み出し、戦いの準備は着々と進みます。
時は満ち、両軍の雌雄を決する赤壁の戦いがついに始まりますが、その運命はいかに?


ジョン・ウー節炸裂!!!
今作のクライマックスシーンである赤壁の戦いは実に迫力ありました。
おびただしい数の船、燃え上がる激しい炎、宙を飛び交う無数の矢。
『プライベート・ライアン』『ロード・オブ・ザ・リング』等を思わせる熾烈極まりない戦闘はまさに一大スペクタクル。
この壮大な歴史絵巻(地獄絵図?)は劇場で観てナンボだと思います。

両軍の作戦も思わず唸ってしまうほどで、中でも孔明による10万本の矢を調達するアイディアは脱帽もの。
実はこのエピソード、何かの本を読んで知ってましたが、知らずに観たら思わず「おおっ!!!」と歓声をあげていたでしょう。
曹操軍の大船団を連結して巨大イカダみたいにするのも面白い発想でしたが、冒頭でいきなりバイオテロ(?)を仕掛けてくるとは……曹操恐るべし。
今回は女性キャラの活躍も目立ちましたが、敵兵に紛れ込んだ尚香、よくまあ女性とバレなかったものです。
だからといって小僑まで敵陣に行くのは、いくらなんでもやり過ぎというか無茶というか……。

ただ、赤壁の戦いまでは随分じらされました。
退屈こそしなかったものの、あそこまで引っ張られるとさすがにもどかしさを感じました。

『三国志』は小説、漫画、ゲームなどいろんなメディアで表現され、その分だけ解釈があると思います。
今作も『三国志』の一解釈として受け止め、”ツッコミながら楽しむ”くらいのスタンスで鑑賞するのがいいのではないでしょうか。


ネットカフェで読んでいた『三国志』、実はまだ4巻までしか読んでません(汗)。
赤壁の戦いはまだまだ先です(26巻ぐらいだったと思います)。


レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- [Blu-ray]レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- [Blu-ray]
(2009/08/05)
トニー・レオン金城 武

商品詳細を見る


2009年04月03日 (金) | 編集 |
3月中旬から下旬にかけて鑑賞。
春休みのせいか、劇場は学生さんが多かったように思います。



    「ジェネラル・ルージュの凱旋」


前作『チーム・バチスタの栄光』よりも面白かったです。
中盤の倫理委員会や後半爆発事故で病院に次々患者が送られてくる救命シーンなど、観どころも多く楽しめました。
竹内結子さんと阿部寛さんのユルーい笑いも健在でしたが、何と言っても堺雅人さんの演技が最高!!!主役2人よりも存在感ありました。
救急医療の問題や医療メーカーとの癒着など社会派としての側面を持たせつつも、娯楽性の高い作品に仕上がっていました。


ジェネラル・ルージュの凱旋 [DVD]ジェネラル・ルージュの凱旋 [DVD]
(2009/09/09)
竹内結子阿部寛

商品詳細を見る





    「ワルキューレ」


ヒトラー独裁政権下のドイツというと”ドイツ全体が悪”みたいなイメージがありますが、この映画を観て、ヒトラーに反発するドイツ人も少なからずいたことを改めて思い知らされました。
前半は割と淡々としていたので、途中意識が遠のきそうになったことも……(爆)。
後半展開されるワルキューレ作戦は実にスリリング。
会議室で爆弾を仕掛ける場面は緊迫感ありましたし、失敗すると知りつつも、ワルキューレ作戦の怒涛の展開を観ていると「もしかしたら成功するのでは?」と思ったほど。
トム・クルーズの存在感がデカすぎる、ドイツなのに英語で話してる、などツッコミどころもありますが、歴史を知るきっかけとして観る分にはいいのではないでしょうか。


ワルキューレ [Blu-ray]ワルキューレ [Blu-ray]
(2009/07/24)
トム・クルーズケネス・ブラナー

商品詳細を見る





    「イエスマン ”YES”は人生のパスワード」


さほど期待せずに観に行きましたが予想外に楽しめた1本。
昨年観た『最高の人生の見つけ方』とはまた一味違う”自分探しムービー”でした。
人生の中で「ノー」ばかり言っていたジム・キャリー演じるカールが「イエス!」を連発し、いろんな事にトライすることで人生が好転していく様は観ていて心地よかったです。
『ハリポタ』『300』のコスプレも楽しかったが、個人的にはテロリストに間違えられるシーンが最高に可笑しかった!!!
それにしても新興宗教まがいのセミナー、ポジティブな教えの割には教祖様(?)は仏頂面だったなぁ……(笑)。
エンドロールに出てきたローラーブレード、面白そう、是非やってみたい!!!
「イエス」か「ノー」かは各人それぞれの選択だし、全部が全部「イエス」と言えばいいってもんじゃありませんが、ポジティブな選択が大切だなぁって思いました。
自分を変えたい人、何かにトライしたい人にオススメの快作。


イエスマン “YES”は人生のパスワード [Blu-ray]イエスマン “YES”は人生のパスワード [Blu-ray]
(2009/08/26)
ジム・キャリーズーイー・デシャネル

商品詳細を見る





    「釣りキチ三平」


この春は漫画やアニメの実写化が多いですが、今作は何と『おくりびと』滝田洋二郎監督作品。
映像の雰囲気やストーリーはかなりベタですが、この昭和チックな雰囲気もたまには悪くありません。
三平役の須賀健太君はえらくハマっており、漫画やアニメの雰囲気にマッチしていました。
じいちゃん役の渡瀬恒彦さんもいい味出していました(髪形がナイス!!!)。
田中邦衛さんがやっても似合いそう(但し『北の国から』とカブってしまいます……笑)。
惜しむらくは魚が見るからにCGっぽかったこと。
こればっかりはCGをもってしても表現が難しそうなので今後の課題といえるでしょう。
そして特筆すべき点は風光明媚なロケーション
木々の緑、渓流のせせらぎ、古い日本家屋など、風景の美しさに魅了されました。


釣りキチ三平[Blu-ray]釣りキチ三平[Blu-ray]
(2009/10/07)
須賀健太塚本高史

商品詳細を見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。