日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
2009年09月29日 (火) | 編集 |
9月上旬~下旬にかけて鑑賞。
今回は”ザ・時代劇スペシャル”です。





     「BALLAD 名もなき恋のうた」


原案はアニメ『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』ですが、評判が良いようで私も知人から薦められたことがあります。
でもしんちゃんの喋り方が生理的に嫌だったので、未だ観るに至っていません(汗)。
『ALWAYS 三丁目の夕日』山崎貴監督作品ということで期待していましたが、個人的には、うーん、微妙でした。
同じタイムスリップものでも山崎監督の前作『リターナー』のほうが数段面白かったと思うし、アクションシーンもミニ『ロード・オブ・ザ・リング』っぽくてさほど新鮮味は感じられなかったです(草薙剛さんの殺陣は頑張っていたと思いますが)。
ラストの展開はあまりに唐突だったのと釈然としない部分があって、私の頭の中は「?」マークの嵐。
本来なら泣けたであろうそのシーンもそれどころじゃなかったです。
真一とその両親が現代に帰ってきてどう成長したのかも見てみたかったところ。
やや辛口な感想になりましたが、山城のセット(CG?)はなかなか雰囲気が出てたと思います。
あと、戦いの前にみんなで写真を撮るシーンもよかったし、新垣姫もよかったです(笑)。


BALLAD 名もなき恋のうた [Blu-ray]BALLAD 名もなき恋のうた [Blu-ray]
(2010/04/07)
草ナギ 剛新垣結衣

商品詳細を見る





     「TAJOMARU 」


試写会にて鑑賞。
”TAJOMARU”すなわち多襄丸は、芥川龍之介原作の小説『藪の中』に登場する盗賊の名前。
ぶっちゃけ、あまり期待してはいなかったのですが、二転三転するストーリー展開に引き込まれました。
アクションは割と普通だったかな……。
終盤、地獄谷に落ちたはずの阿古姫と多襄丸がしぶとく生きていたのには拍子抜け。
落ち武者のような姿の阿古姫は何だかコントみたいでした(爆)。
出演者をみるとけっこう他の作品とカブってます。
多襄丸襲名シーンは大河ドラマ『天地人』だし、後半登場する盗賊・道兼と多襄丸の関係はまんま『クローズZERO』でした(笑)。


TAJOMARU[Blu-ray]TAJOMARU[Blu-ray]
(2010/02/19)
小栗旬柴本幸

商品詳細を見る




     「カムイ外伝」


白土三平氏のマンガが原作。
話自体は単純なんですが、話の展開が遅くてもどかしさを感じました。
宮藤官九郎さんの脚本にしてはテンポが悪かったなぁ……。
CGや特撮のクオリティも今どきの水準からすればお粗末と言わざるを得ません。
サメや鳥などはあからさまにCGと分かる質感だし、アクションとCGがうまく噛み合ってなかったように思います。
馬の脚を斬るシーンはあまりにもえげつなかったです(CGとはいえ、動物愛護団体からクレームが来そうですね……汗)。
今回観た時代劇の中ではトホホな作品。
よかったところといえば、ラストの一騎打ちと小雪さんが出ていることぐらいか……。


カムイ外伝 [Blu-ray]カムイ外伝 [Blu-ray]
(2010/02/17)
松山ケンイチ小雪

商品詳細を見る





     「火天の城」


安土城建築のプロセスを描いた作品で、原作は山本兼一氏の小説。
今回観た中では比較的正統派な時代劇といえるでしょう。
話が矢継ぎ早ではあったものの、私的には築城のプロセスを楽しみました。
クライアント(織田信長)の無理難題や次々に降りかかるトラブルを撥ね退け、城作りはもとより、プレゼンテーションから材料調達までやってのける又右衛門
城作りにかける情熱に頭が下がります。
終盤、親柱の長さを修正する大仕事は見もので、手に汗握って観ておりました。
家族の支え、多くの犠牲の元に完成した安土城、1000年どころか3年で焼け落ちるとは……。
諸行無常とはこの事でしょうか。
西田敏行さんや椎名桔平さん、大竹しのぶさんの演技も素晴らしかったです。
個人的には寺島進さんと緒方直人さんの熱演もよかったなぁ……。
ただし巨石を運ぶシーンでのエピソード、何故かここだけが娯楽時代劇っぽくて浮いていたのが残念。
それと福田沙紀さん出過ぎ!!!


火天の城 [DVD]火天の城 [DVD]
(2010/02/21)
西田敏行福田沙紀

商品詳細を見る





     「ゲキ×シネ 五右衛門ロック」


個人的には一番期待していた作品。
元々は劇団☆新感線による演劇で、演劇と映画が融合したものがゲキ×シネ
こういうタイプの映画を観たのは初めてです。
演劇ならではのライブ感、映画ならではのカメラワークを高い次元で両立していたと思います。
今回観た時代劇の中では最もストーリーや世界観がハジけまくってました。
その破天荒ぶりは春に観た『GOEMON』といい勝負です。
出演者も古田新太さん、江口洋介さん(『GOEMON』つながりでしょうか?……笑)、松雪泰子さん、森山未来さん、北大路欣也さんと超豪華キャスト。
中でも泰子姐さんがメチャクチャ色っぽかった~~(半分それ目当てで観たようなものです……笑)。
タイトルに”ロック”とあるだけあって、音楽もすごく盛り上がりました。
演劇というよりはミュージカルみたいで楽しかったし、激しい殺陣の動きギンギンのハードロックがものすごく合っていて最高にカッコよかった!!!!
エンドロールで映し出されたカーテンコールやスタンディングオベーションからは熱気がガンガン伝わってきました。
是非とも演劇のほうも観てみたいものです。
3時間半近い長丁場でしたが本当に楽しかったです!!!
ロック最高!!!!!


五右衛門ロック standard edition [DVD]五右衛門ロック standard edition [DVD]
(2009/10/09)
古田新太松雪泰子

商品詳細を見る




9月は時代劇映画ラッシュでした。
5本観ましたが、観る前の私の期待度は

◎ ゴエモンロック
○ ナモナキバラッド
▲ カムイガイデン
△ カテンキャッスル
× オグリタジョウマル


の順です。(競馬みたいですね……笑)。
結果は以下のとおり。

1着 ゴエモンロック
2着 カテンキャッスル
3着 オグリタジョウマル
4着 ナモナキバラッド
5着 カムイガイデン


観る前の期待度と観た後の面白さがここまで違うとは驚きです。



8月下旬から約1ヶ月間、映画鑑賞ラッシュが続きましたが、思った以上に”当たり”作品が多かったのもうれしかったです。
さて、10月以降の観たい映画、それほど多くは思いつきませんが
『沈まぬ太陽』『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』は是非観たいです。
あと、少し先になりますがジェームス・キャメロン監督最新作『アバター』も気になります。

スポンサーサイト
2009年09月27日 (日) | 編集 |
「シルバーウィーク、沖縄行くはずだったのに……。
 キーッ、クヤシィーーッ!!!!!」


随分引きずっていますが、グチっても仕方ありませんね。
話を変えましょう。
さて、沖縄旅行がボツになったので浮いた旅行代で買い物しました。
(沖縄行けなかったウサ晴らしに衝動買いというのが本当かも……)


[READ MORE...]
2009年09月27日 (日) | 編集 |
沖縄フルーツ1
前回紹介した沖縄のフルーツ、早速いただきました。
スナックパイン、スターフルーツ、ドラゴンフルーツ2個です。


沖縄フルーツ2
スナックパインは普通にパインの味なので割愛するとして、まずはスターフルーツから。
切ると断面が星型になっています。
今回初めて食べましたが……酸味のある独特な味でした。
「何に似てる?」って聞かれても、う~ん、思いつきません。
さほど主張の強い味ではないので、これだけで食べるよりもサラダに加えて彩りを添えてやるのがよろしいかと思います。



次に食べたのはドラゴンフルーツ
ドラゴンフルーツには身が赤いものと白いものがあります。

沖縄フルーツ3
まず赤ドラゴン
赤いものは以前も食べたことありますが、切ると鮮やかなショッキングピンクをしています。
食べてみるとキウイを薄味にしたような味でした。
このまま食べると味が薄いという方はヨーグルトに入れて食べるといいでしょう。
私もヨーグルトと一緒に食べましたが、フルーチェみたいな感じで美味しかったですよ~。


沖縄フルーツ4
次は白ドラゴン
今回初めて食べますが、切ると身は白く、ごま塩みたいです(笑)
こちらを食べてみると、赤いものよりやや酸味が強かったです。
そのまま食べてもいいし、ヨーグルトと一緒に食べてもいいでしょう。


沖縄フルーツは普段なかなかお目にかかることはありません。
買って来てくれた職場の仲間に感謝!!!
食べながらしばし沖縄気分に浸っておりました。

2009年09月25日 (金) | 編集 |
志賀島サイクリング2 01


[READ MORE...]
2009年09月24日 (木) | 編集 |
皆さんはシルバーウィーク、どう過ごされましたか??
私はほとんど遠出することなく4日間を終えました。

本当は沖縄に行く予定でしたが手違いで行けずじまい……(涙涙)。
代替案として車中泊旅行なるプランも企画していたのですが、連休2日目に急遽予定が入り却下。
結果、ほとんど遠出をしない安上がりな連休でした。

出かけたといえば初日に志賀島サイクリング(後日アップ予定)に出かけたのと、2日目に用事があって出かけたくらいでしょうか(そういえば映画も観に行ったな……)。
連休3,4日目は家でゴロゴロ。
録画した番組がたまっていたのでまとめて観ることに。


プライミーバル 恐竜復活 シーズン1 DVD-BOXプライミーバル 恐竜復活 シーズン1 DVD-BOX
(2009/04/24)
ダグラス・ヘンシャルジェームズ・マレイ

商品詳細を見る

イギリスのTVドラマ『プライミーバル』(シーズン1 全6回)をイッキ観しました。
このドラマには恐竜などの生物が登場しますが、TVドラマにしてはCGのクオリティも高く、なかなか面白かったです。
あとはドラクエやってました。

とまあこんな感じでダラダラ過ごした4連休でしたが、本当にあっという間でした。
今日連休明けの仕事はしんどかったなあ……。


羨ましいことに職場の仲間の1人は沖縄旅行に行ってきたそうな。
私はすかさず、連休前に沖縄のフルーツを買ってくるよう頼んでおきました。

沖縄フルーツ
約束どおりフルーツを買ってきてくれました。感謝感謝。
スナックパイン、ドラゴンフルーツ2個、スターフルーツの詰め合わせです。
今宵は行けなかった沖縄に思いを馳せつつ、フルーツを食べるとするか……。

2009年09月18日 (金) | 編集 |
9月上旬~中旬に鑑賞。





     「サブウェイ123 激突」


地下鉄を乗っ取った男ライダーと交渉役を任された地下鉄職員ガーバーの駆け引きがスリリングでした。
ライダー役のジョン・トラボルタ、ガーバー役のデンゼル・ワシントンの演技合戦が見もの。
トラボルタ、ややキレ気味の犯人を嬉々として演じておりましたが、トラボルタはこの手の悪役がとてもハマります。
ガーバーもネゴシエイターじゃないのにけっこう口が達者。
ライダーとの軽妙なやり取りが面白かったです。
ただ終盤はそれまでの緊張感がなくなり、ラストもあっさりし過ぎたのが惜しいところ
(映画『スピード』と同じパターンに陥ってました)。
あと、トニー・スコット監督らしいスタイリッシュな映像も健在(目がチカチカしますが……)。


サブウェイ123 激突 [Blu-ray]サブウェイ123 激突 [Blu-ray]
(2010/02/17)
デンゼル・ワシントンルイス・ガスマン

商品詳細を見る




     
     「ウルヴァリン X-MEN ZERO」


『X-MEN』に登場するウルヴァリンを主人公にしたスピンオフ作品。
悲惨な少年時代、戦いに明け暮れる日々、愛する人を殺され……と悲壮感たっぷりのウルヴァリン誕生秘話ですが、恋人の仇をとるために改造手術を受けるシーンはまるで仮面ライダー(笑)。
『X-MEN』シリーズに登場したミュータントたちがチラッと出てきたのもうれしい。
ミュータントの特殊能力がそれぞれ個性的で楽しかったが、中でもテレポーテーションする奴がマンガっぽくて思わず笑ってしまいました。
ヘリコプターに飛び移るシーンや原子炉(?)崩壊シーンなどアクションシーンは観応え十分ですが、予告編で出し過ぎ!!!
今作に限らず最近は予告編で見せ場のほとんどを出してしまう作品が多いので、この辺何とかしてほしいものです。


X-MEN ZERO〔初回生産限定:デジタル・コピー付+キラーパッケージ仕様〕 [Blu-ray]X-MEN ZERO〔初回生産限定:デジタル・コピー付+キラーパッケージ仕様〕 [Blu-ray]
(2010/01/22)
ヒュー・ジャックマンリーヴ・シュレイバー

商品詳細を見る





     「グッド・バッド・ウィアード」


賞金稼ぎ(グッド:いい奴)、ギャングのボス(バッド:悪い奴)、コソ泥(ウィアード:変な奴)の3人が繰り広げるお宝争奪戦、スッゴイ楽しかった!!!!
冒頭の列車強盗からいきなりハイテンションで引き込まれました。
闇市でのアクションも香港映画みたいで楽しかったし、ロープを使っての空中殺法はホントにカッコよかった。
後半、砂漠で3人の他に馬賊や日本軍が入り乱れてのチェイスシーンは圧巻!!!
こんなにスケール感あふれる映像を観たのは久しぶりです。
タランティーノの映画でも使われた曲「悲しき願い」(日本では尾藤イサオさんのカバーでも有名)がかかった時は最高にシビれました。

3人のキャラクターも個性的。
変な奴を演じたソン・ガンホが一番主役っぽいのですが、時折見せるちょこまかした動きがコソ泥っぽくて笑えます。
でも実は変な奴どころかとんでもない奴でした……。
悪い奴のイ・ビョンホン、悪役ぶりが見事にハマってました。
目つきが危なっかしい、けどカッコよかった。
観客はイ・ビョンホン目当てと思しき中年女性が多かったようです(笑)。
いい奴のチョン・ウソンは2人に比べるとやや地味なものの、「ここぞ!」って時に登場して物語をピシッと締めています。
ショットガンをぶっ放すシーンやロープアクションがキマってました。

いやぁ、久々にアクション映画の醍醐味を存分に味わいました。
今後もこういう作品、どんどん作って欲しいものです。
”キムチ・ウエスタン”最高!!!!


グッド・バッド・ウィアード コレクターズ・ボックス(2枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray]グッド・バッド・ウィアード コレクターズ・ボックス(2枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray]
(2010/02/10)
イ・ビョンホンチョン・ウソン

商品詳細を見る




ここ最近ハイペースで映画を観てきましたが、ようやく一段落しそうです。
次回は”ザ・時代劇スペシャル”の予定。

2009年09月13日 (日) | 編集 |
9月初旬に鑑賞。
今回は沖縄を舞台にした映画を2本観ました。





     「真夏の夜の夢」


『ナビィの恋』『ホテルハイビスカス』中江裕二監督作品。
シェイクスピア原作ですが、大胆にも沖縄を舞台にアレンジ。
世嘉冨島(ゆがふじま:架空の島です)を舞台に繰り広げられる恋の騒動を描いた今作、キジムン(精霊、キジムナーともいう)によって撒かれた媚薬によってオジイやオバア、さらには男同士でさえも恋に落ちるシーンはハッピーそのもの。
劇中劇がコントみたいで楽しかった。
沖縄の青い空や海、ガジュマルの森にも心癒されましたが、その一方でリゾート開発や過疎化などの問題も垣間見せられ、考えさせられました。
ただ、役者さんが素人っぽかったり、キジムンが学芸会っぽかったりと映画としては洗練されていない部分も多いのですが、それはそれで沖縄のゆったりした雰囲気にマッチしていてまんざら悪くないと思います(沖縄好きな私としては)。
さすがにラストの使い古されたオチは「おいおい、勘弁してよ~!」って思いましたが……(汗)。


真夏の夜の夢 さんかく山のマジルー [DVD]真夏の夜の夢 さんかく山のマジルー [DVD]
(2010/07/23)
柴本幸蔵下穂波

商品詳細を見る






     「南の島のフリムン」


ガレッジセール・ゴリ初監督作品。
ゴリ演じる栄昇が一目ぼれしたダンサーをめぐって恋敵の米兵と決闘する話です。
フリムンとは沖縄方言でおバカ、アホといった意味で、今作の登場人物はかなりアホ揃いですがどこか憎めません。
個人的には滑舌の悪いヒトシとハゲ親父マサルが最高にツボでした(笑)
強烈だったのが口パクオペラ熱唱シーン
あまりのくだらなさに椅子からずり落ちそうになったほど(爆)。
栄昇は決闘に備えて空手の達人の特訓を受けますが、平良とみさん演じる空手の達人、技らしい技はほとんど教えてなかったなぁ。
しかも決闘の際、同じ技に何度も引っかかるボビー・オロゴン演じる米兵も相当マヌケ(かなりレベルの低い決闘でした)。
全編コントのようなユル~い笑いの連続で、タイトル通りおバカなノリの映画でした。
ただし下ネタ多いので観る人を選ぶかも。
沖縄好きな私としては5月に訪れたコザの町が写っていたのもうれしかったし、沖縄料理をみんなでがっつくシーンも美味しそうでした。


南の島のフリムン [DVD]南の島のフリムン [DVD]
(2010/02/17)
ゴリ(ガレッジセール)照屋政雄

商品詳細を見る




沖縄を舞台にした映画を観ると、当然ながら沖縄に行きたくなります。
実をいうと9月のシルバーウィークに沖縄に行く計画を立てていましたが、マイレージで航空券取ろうとしたのが甘かった(連休時はマイレージで航空券取るのは競争率かなり高いようです)。
航空券がゲットできず、計画はオジャン。
せっかくの4連休だったのに……悔しいです!!!

2009年09月11日 (金) | 編集 |
9月上旬に鑑賞。
今回はリュック・ベンソン製作、脚本(監督はしていません)の作品を2本観ました。




     「96時間」


誘拐された娘を父親が助けるという、極めてシンプルなストーリー。
元秘密工作員のこのお父さん、銃は撃ちまくるわ、車はぶっ飛ばすわ、『G.I.ジョー』よろしくパリの街で大暴れです(笑)。
話や設定は二昔前というか、アーノルド・シュワルツェネガースティーブン・セガールの映画にありがちでさほど目新しくはありません(娘を助ける話はまんま『コマンドー』だもんな……)。
96時間というタイトル(原題は違います)の割にはタイムリミット感や時間経過があまり感じられず、終わる頃には96時間ルールはどっかに置き忘れておりました(汗)。
今時珍しく直球勝負な作品でしたが、なかなか楽しめました。
80年代アクション映画好きなら大いに楽しめると思います。


96時間 [Blu-ray]96時間 [Blu-ray]
(2010/03/05)
リーアム・ニーソンファムケ・ヤンセン

商品詳細を見る





     「トランスポーター3 アンリミテッド」


人気シリーズ第3弾。
毎度の事ながらカーチェイスやアクションの見せ場には事欠きません。
今回は車から離れると爆発するブレスレットをはめているので緊張感がありました。
ん?以前にもそういう設定の映画を観たような……タイトル忘れたけど(そちらは確か首輪をはめていた)。
ジェイソン・ステイサムの肉体美、特に背筋の鍛えっぷりがすごく、その肉体から繰り出されるアクションは実に鮮やか。
最高にクールなハゲです(褒めてんだかけなしてんだか……笑)
ただし、シリーズを重ねるごとにヒロインが……。
ドアップで写ってるシーンは思わず目を覆いたくなりました。
さらにうなじの刺青、”安っぽい女”といわんばかりで腹筋がつりそうになりました(爆)。
作品としてはツッコミどころも多く後に残らないので、何も考えずに楽しむに限ります。


トランスポーター3 アンリミテッド [Blu-ray]トランスポーター3 アンリミテッド [Blu-ray]
(2010/01/15)
フランソワ・ベルレアンセーム・シュルト

商品詳細を見る




前2作をテレビでやっていたので、復習を兼ねて鑑賞。




     「トランスポーター」(2002)


カーチェイスやアクションが満載でしたが、私的には油まみれのアクションシーンが面白かった。
ヒロイン役のスー・チーもよかったなあ。
シリーズに毎回登場している警部もいい味出してます。


トランスポーター [DVD]トランスポーター [DVD]
(2009/06/19)
ジェイソン・ステイサムスー・チー

商品詳細を見る





     「トランスポーター2」(2005)


2作目はカーアクションシーンがさらに過激。
車でビルからビルにジャンプしたり、車に仕掛けられた爆弾をとんでもない方法で取り除いたり、ムチャクチャでしたがカッコよかったです。
アクションシーンも香港映画みたいなノリで楽しかった。
ただ、今回の銃乱射下着女は悪趣味だったな……(笑)。


トランスポーター2 [DVD]トランスポーター2 [DVD]
(2009/06/19)
ジェイスン・ステイサムアンバー・ヴァレッタ

商品詳細を見る



前2作は以前DVDで観たのですが、内容を半分以上忘れていた上、私の記憶の中では『TAXI』とごっちゃになっている有様(苦笑)。

2009年09月05日 (土) | 編集 |
9月初旬に観た映画です。

  



    「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」


公開2日目に観ましたが劇場は超満員。
なかなか観応えもあったし、物語の謎が解明されてスッキリしました。
”ともだち”の正体については2,3気になる部分はあったものの、「なるほど、こう来たか」って思いました(驚くほどではなかったが……)。
それよりも”ともだち”が生まれた背景に驚かされました。
まさかこんな事が原因だったとは……。
こういう事は現実でも起こり得る事で、子供時代の些細な出来事が”ともだち”のような存在を生み出すのかもしれません。
一部のキャラクターがどうなったか分からないまま終わったり、UFOや二足歩行ロボットがあまりにもマンガっぽかったり(そもそもマンガが原作ですが……汗)とツッコミどころも多かったのですが、よくがんばって作ったものだと思います。
ここから後は3部作通しての感想。
随分端折ってはあるものの、これだけ大風呂敷な話をうまく3部作にまとめ上げたものです。
話も壮大でしたが、キャスティングも超豪華でした。
それぞれの役にピッタリハマっていましたし、子役もそっくりな子をよくぞ見つけてきたものです。
ケンヂ役の子は唐沢寿明さんにそっくりだったし、あとドンキーも似てたなあ(笑)。
何はともあれ、1年がかりで3部作をじっくり楽しませてもらいました。
原作の方はネタバレ防止のため15巻ぐらいまでしか読んでいませんが、これを機に残りの巻も読んでみようと思います。


20世紀少年 <最終章>ぼくらの旗 Blu-ray (本編BD1枚+特典DVD1枚)20世紀少年 <最終章>ぼくらの旗 Blu-ray (本編BD1枚+特典DVD1枚)
(2010/02/24)
常盤貴子中村嘉葎雄

商品詳細を見る






    「南極料理人」


南極観測隊員の食生活を実に興味深く観ることができました。
娯楽もない極寒の地での唯一の楽しみは食べることぐらいでしょうか。
隊員たちを喜ばせようと料理の腕を振るう南極料理人・西村の創意工夫、奮闘ぶりに頭が下がります。
日常的な家庭料理から、中華、ローストビーフ、果てはフレンチまで出てくるから驚きです。
さらに、ラーメンを作る際1つ足りない材料があったのですが、それを思いがけない方法で見つけてラーメンを作ってしまったのにはびっくり!!!
西村の料理人としての引き出しの多さに感服したのと同時に、「こんな美味しそうな料理が食べられるなら南極に行きたい!」とほんの一瞬ですが思いました(笑)。
面白いエピソードにも事欠きません。
伊勢エビを使って巨大エビフライを作る話、お守りとして持っていた娘の歯を南極の氷の下に落とす話、大の男が涙目で「ラーメンを食べたい」と訴える話などなど……ユーモアあふれるエピソードが満載で楽しかったです。
主演の堺雅人さんもなかなかの好演でしたし、他の隊員たちも個性豊かな顔ぶれでした。
食べることの喜び、幸せを感じさせてくれる作品でした。
個人的にはオススメです!!!
『かもめ食堂』が好きな人は是非!!!!
(注:空腹時の鑑賞はお控え下さい……笑)


南極料理人 [DVD]南極料理人 [DVD]
(2010/02/23)
堺雅人生瀬勝久

商品詳細を見る





『南極料理人』を観た帰りに書店で原作本を購入。
タイトルは『面白南極料理人』
こちらも面白いです。興味ある方は是非ご一読下さい。


面白南極料理人 (新潮文庫)面白南極料理人 (新潮文庫)
(2004/09)
西村 淳

商品詳細を見る



2009年09月03日 (木) | 編集 |
8月中旬~下旬に観た映画です。




    「ナイト・ミュージアム2」


前作『ナイト・ミュージアム』の続編。
”もしも博物館の展示物が夜中に動き出したら……”という発想は確かに面白いし、特撮の見せ場も多いので大人から子供まで楽しめると思います。
でも話的には前作の方が面白かったかも……。
今回は登場キャラが増えた分、ややまとまりを欠いていたような気がします。
せっかく前作のキャラも総出演しているのに、小人のカウボーイとローマ兵以外はほとんど出番がなくてもったいない限り。
私は世界史に疎いので知っているキャラが少なかったのですが、お気に入りのキャラはアメリア・イアハート。なかなかのナイスバディでした(笑)。
もし続編をやるとしたら、次はどこの博物館でやるのでしょうね。


ナイト ミュージアム2 ブルーレイ&DVDセット 〔初回生産限定〕 [Blu-ray]ナイト ミュージアム2 ブルーレイ&DVDセット 〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
(2009/12/16)
ベン・スティラー

商品詳細を見る





    「HACHI 約束の犬」


ご存知、忠犬ハチ公の物語をハリウッドリメイクした作品。
アメリカ人と秋田犬をやや強引に結びつけた感はあるものの、手堅い作りの映画でした。
リチャード・ギアがハチと戯れる姿は微笑ましいし、主人亡き後も駅前で待ち続けるハチの健気な姿に心打たれました。
ハチと町の人々との交流も心温まります。
時折挿入されるハチ目線のモノクロ映像も効果的。
でもハチはわざわざ日本から送った犬だから送り先の人が現れそうな気もしますが……。
冒頭に登場したお坊さんは秋田犬のブリーダーもやってるのでしょうか????
だとしたらまさに坊主丸儲けですね(笑)。


HACHI 約束の犬 (Blu-ray)HACHI 約束の犬 (Blu-ray)
(2010/01/27)
リチャード・ギアジョーン・アレン

商品詳細を見る





     「G.I.ジョー」


『ハムナプトラ』(1・2作目)のスティーブン・ソマーズ監督作品。
『トランスフォーマー』同様、玩具が元ネタ。
単純明快、荒唐無稽、痛快無比という言葉がよく似合う映画で、特撮がハンパなくすごかった!!!!
パリ市街地でのチェイスシーンは鬼のように凄まじく、挙句の果てにエッフェル塔まで倒壊させてしまうとは……。
やりたい放題でパリの人にとっては大迷惑この上ありません(笑)。
北極海での水中バトルや白黒忍者対決(?)『スター・ウォーズ』みたいでけっこう楽しかった。
にしても海底にあんなどでかい秘密基地をこさえてしまうとは……ここまでやると完全にSFというかマンガです。
登場人物ではイ・ビョンホンがなかなかオイシイ役どころ(でも何で忍者なの?)。
主人公デュークが伊藤淳史さんに見えたのは私だけでしょうか?
『ハムナプトラ』に出演していたブレンダン・フレイザーイムホテップ役のアーノルド・ヴォズルーがさりげなく登場したのもちょっぴり嬉しかったです。
後には残らないものの、観終わってスカッとする痛快バカアクションムービーでした。
今作はカッコいいメカがワンサカ出てくるのでメカ好きな男子も、またイ・ビョンホンの見せ場も多いので韓流好きな女子も楽しめると思います。


G.I.ジョー スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]G.I.ジョー スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
(2009/12/11)
シエナ・ミラーデニス・クエイド

商品詳細を見る



一月ほど映画を観てなかったので、ものすごいハイペースで観ています(週3~4本観たでしょうか)。
それをブログに書くのはローペースですが……(汗)。