日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
2010年06月30日 (水) | 編集 |
ベストセラー小説の映画化。
『嫌われ松子の一生』『パコと魔法の絵本』中島哲也監督作品。
いやぁ~、すごい作品に出会ってしまった!!!
登場人物の告白によって物語が多面的に語られ、事件の全貌を浮き上がらせる語り口は実に見事でした。
娘を殺された女教師・森口を演じた松たか子さんの演技は主演女優賞をあげたいくらい素晴らしかったです。
感情を表に出さず、じわりじわりと犯人を追い詰めていく姿は鬼気迫るものがありました。
終盤に見せる全ての感情を解放するような嗚咽シーンは実に圧巻。
家族を失った被害者の痛みや悲しみ、怒りといった心情が痛いほど伝わってきました。
復讐の是非はさておき、森口のとった行動に共感した人も多かったのではないでしょうか?
森口の行動を全面的に肯定するつもりはありませんが、観ていてスカッとした部分があったのも事実。

1つ気になったのが、犯人Bの母親が妙に小ぎれいな点。
わが子が事件のために変わり果ててしまい、母親も相当参っているはずだからなりふり構っていられないのでは?(苦笑)

抑えられた色彩ながら中島監督らしい映像表現も健在。
後味は決してよくないのですが、観応えのある作品でした。
私的には2010年上半期ベスト3に入る作品。

★★★★☆ 90点


告白 【Blu-ray完全版】告白 【Blu-ray完全版】
(2011/01/28)
松たか子岡田将生

商品詳細を見る



スポンサーサイト
2010年06月30日 (水) | 編集 |
日本VSパラグアイ戦、残念でした。
まさかPK戦で負けるとは……。
PKは運もあるので致し方ないところかもしれないが、やっぱ悔しい~。
それでも延長戦までの120分間、日本はしっかり守っていたし、なかなかいい勝負だったと思います。

選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。
4年後(まだ先ですね)、日本が再びワールドカップの舞台に立つことを期待します!!!

2010年06月23日 (水) | 編集 |
今日、キャナルシティに行ったときのこと。
キャナルシティ内には円形のステージがありますが、ステージの周りに人だかりが出来ていました。
近づくと聞き覚えのある曲が流れています。
さらに近づくと……


「まっ、前川清さんだーっ!!!!」

まさかここで見るとは思いもしませんでした!!!
ちょうど「長崎は今日も雨だった」を歌っているところでした。
「そして、神戸」「東京砂漠」、新曲「ゆれて博多で」、『龍馬伝』で活躍中の福山雅治さんが作った『ひまわり』の5曲を熱唱。
歌がものすごくうまかったし、軽妙なトークも楽しかったです。
ちなみに私と前川さんは同郷です(さりげなく自慢)。
惜しむらくは携帯を家に忘れてきたこと。
せっかく写真や動画を撮ろうと思ったのに……残念!!!(涙)。
写真に収めることはできませんでしたが、思いがけず有名人に会えて感激でした!!!

前川清さんって、俳優の小日向文世さんに似てません???(笑)


GOLDEN☆BESTGOLDEN☆BEST
(2005/10/26)
内山田洋とクールファイブ

商品詳細を見る



2010年06月22日 (火) | 編集 |
人気アメコミムービー第2弾。
前作同様アクション満載で、中でもF1レース場とEXPO会場でのバトルは迫力満点!!!
ミッキー・ローク演じる今回の敵ウィップラッシュの電気ムチ攻撃もすさまじかったし、後半に登場する無人機はモビルスーツ・ザクばりのバリエーション展開に驚かされます。
スーツケース型のアイアンマンスーツにも度肝を抜かれました。

ロバート・ダウニー・jr演じるアイアンマンことトニー・スタークはオヤジヒーローぶりが板に付いてきてまさにハマリ役だといえます。
でもよくよく考えるとウィップラッシュもオヤジだから、この作品はいい年こいたオッサンの壮絶な闘いの映画なんですよね~(笑)。
ウィップラッシュは元物理学者という設定ですが、どこからどう見ても極悪人の面構えだし、サミュエル・L・ジャクソン演じるニック・フューリーに至っては実写版丹下段平!!(爆)
あと、スカーレット・ヨハンソンのアクションシーンが思いのほかカッコよく、観ていて『マトリックス』のトリニティを思い出しました。

ただ話的には、トニーの胸の装置アーク・リアクターによる副作用、ウィップラッシュがトニーを憎む理由、謎の組織”シールド”など説明不足な部分があったり、話をいろいろ詰め込み過ぎてやや散漫になったように思います。
前作同様細かい部分を考えずに観れば、存分に楽しめるのではないでしょうか。
エンドロール後の映像を見た限りでは、3作目もあるだろうなあ……。

★★★☆☆ 65点


アイアンマン2  ブルーレイ&DVDセットアイアンマン2 ブルーレイ&DVDセット
(2010/10/22)
ロバート・ダウニー・Jr.グウィネス・パルトロウ

商品詳細を見る



2010年06月17日 (木) | 編集 |
仕事一筋に生きる男が友人の死や母の病気をきっかけに仕事や人生について見つめ直し、電車の運転士として再出発するストーリーですが、ソツなくまとまっていたように思います。
実際に夢が叶うかどうかはさておき、夢を持つことの素晴らしさを教えてくれる作品でした。
実話に基づいた作品だと後で知りましたが、モデルとなった人物が実在することを考えるとますます勇気付けられます。
日本一8:2分け(?)が似合う俳優、中井貴一さんの演技も素晴らしかったです。
ラストで妻に言うセリフが実にカッコよかった(一度でいいから言ってみたいものです……笑)。
今作ではいろんな電車が出てきますが、のどかな田園風景を走る昔ながらの電車は本当に絵になります。
鉄道ファン、歴女ならぬ鉄女(鉄道好きな女性)も大いに楽しめるのではないでしょうか。
主題歌はユーミンでしたが、私的には今作の舞台である島根の出身ということで竹内まりやさんの方がよかったのでは?と思いました。
意外性や派手さはないものの、良質な作品でした。

★★★☆☆ 70点


RAILWAYS [レイルウェイズ]  [Blu-ray]RAILWAYS [レイルウェイズ] [Blu-ray]
(2010/10/14)
中井貴一高島礼子

商品詳細を見る



2010年06月16日 (水) | 編集 |
シークヮーサー

このところ飲み物ネタを連発してますが、今度は沖縄県産シークヮーサー100%のジュースを発見。
ショッピングモール内のとあるお店で見つけましたが、賞味期限切れ直前ということで何と1本100円で売ってありました。
果汁100%のシークヮーサージュースが100円とはかなり安い!!!!
(普通そんな値段ではないですよね~)
すかさず2本購入。

2~3倍に薄めて飲みましたが、爽やかな酸味とほどよい苦味で美味しかったです。
(不覚にも1本目はストレートで飲んでしまい、ものすごく苦くて酸っぱかったです……涙)
チューハイにして飲んだり、焼き魚などにレモンの代わりにかけても美味しいと思います。


先日、沖縄行きの航空券をゲットしました!!!!
お盆休みに行く予定です。
沖縄で何をするかはまだ未定ですが、これから楽しみです。

2010年06月13日 (日) | 編集 |
人気ゲームの映画化。
アラビアンナイトっぽい雰囲気はよく出てたと思いますが、話の展開はかなり大味。
主人公ダスタンがひょんな事から王家の養子になる設定はかなりムリヤリっぽいし、中盤ではいつの間にか盗賊団が仲間になったり、はぐれたはずのダスタンとタミーナ王女がいつの間にか一緒にいたりと、「あれっ、いつの間にそうなったの???」的な展開が多かったです。
そこら辺のアバウトさはブラッカイマー作品によくありがちなので大目に見ましょう(笑)
重要アイテムである”時間の砂”で過去を変える話は、ペルシャ版『バタフライ・エフェクト』っぽかったし、武器が隠されているという理由でアラムートを侵攻するくだりに至っては先日観た『グリーン・ゾーン』そのまんまじゃないですか!!!
とまあ、ツッコミどころ満載な作品でした(そういう意味では楽しめるかも)。

余談ですが、「プリンス・オブ・ペルシャ」のゲーム(スーパーファミコン版)は20年ほど前にプレイしたことがあります。
滑らかなキャラクターの動きやアラビアンナイト風の世界観に惹きこまれてかなりハマりましたが、鬼のような難易度だったので泣きそうな思いでプレイしたのを憶えています。
難しかったけど私にとっては(スーファミのゲームの中では)10本の指に入るほどお気に入りのゲームです。

★★☆☆☆ 50点


プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
(2010/09/22)
ジェイク・ギレンホールベン・キングズレー

商品詳細を見る



2010年06月12日 (土) | 編集 |

懐かしさのあまり、つい購入しました。
20年ほど前、鷲尾いさ子さん(仲村トオル夫人)が出ていたCMを思い出します。
ちなみに今のCMは弥生さん(小雪さんの実姉です)が出ています。
かつて私もよく飲んでましたが、爽やかなグレープフルーツ味は昔のままで懐かしかったです。







2010年06月10日 (木) | 編集 |
先日、珍しいコーラを発見。

コーラ01
グリーンコーラペプシバオバブ

グリーンコーラはアサヒ飲料から発売されています。
飲んでみると、普通のコーラと大して変わらない味でしたが、さっぱりして飲みやすかったです。
私は夜コーヒーやコーラを飲むと眠れない人なので、カフェインゼロなのがありがたい。

ペプシバオバブはジンジャーエールのような色をしていました。
バオバブというのはアフリカに生える樹木で、このコーラはバオバブをイメージして作られたそうですが、
「バオバブ?ようわからん!!!」というのが率直な感想。
ことさらうまいという訳でもなく、あまり印象に残らない味でした。


珍コーラ(何だか変な響きだな……)といえばこんなものもありました。

コーラ02
引火コーラ……もといインカコーラ
(変換ミス。本当に引火したら大ごとだ!!!……笑)


コーラ03
グラスに移すと、およそコーラとは程遠い毒々しい黄色をしています。
黄金文明の国、インカ帝国をイメージしてこの色なのでしょう。
ペルーではよく飲まれている飲料です。

飲んでみると……
これまたコーラとは程遠い、何だかクリームソーダみたいな味でした。
けっこう甘ったるいので好みが分かれそうです。
決してまずくはないのだが、かなり微妙……というのが私の感想。


ついでにもう1つ珍コーラ(その表現やめなさいって!!!)を……

コーラ04
ミニコーラ
オロナミンCサイズのいわゆる駄菓子屋さんのコーラですが、私の子供の頃は”ベビーコーラ”という呼び方が一般的でした。
当時は30円で売ってあり、王冠の裏をめくって”当たり”が出たらもう1本もらえました。
味はよく憶えていないのですが、コカコーラに比べたら毒々しい味だったように思います。
今回飲んだミニコーラはいたって普通のコーラでした。


珍コーラ(もういいってば!!)といえば……
私が高校生の頃には”ミラクルアルファ”という透明なコーラがありました。
部活帰りに飲んだ記憶があるのですが味は憶えておりません。
商品はいつの間にかフェードアウトしたような気がする……。


珍コーラ(……)、いろいろあるもんですね。

2010年06月09日 (水) | 編集 |
九州が舞台であることと、小雪さん主演ということで鑑賞。
昭和30~40年代の炭坑町の雰囲気がよく出ていたと思うし、信さんの友情、信さんが守の母親・美智代に抱く恋心、炭坑町の人々との交流などエピソードも盛りだくさんで最後まで楽しめました。
子供たちの演技も素朴でよかったし、大竹しのぶさんや岸辺一徳さん、中尾ミエさんなど脇を固める役者さんの演技も見事。
ただ、美智代を演じた小雪さんは薄汚れた炭坑町にいるにしてはきれい過ぎというか、少し浮いた感じがしました。
(まさに”掃き溜めに鶴”状態です……笑)
ここは1つ、”炭坑町のファンタジー”と割り切って楽しんだほうがよろしいかと思います。
信さんが成長してからの美智代はもっと老けメイクをしたほうがよかったのでは?
大竹しのぶさんと並ぶとその差は歴然。リアル老けにはかないません(爆)。
あと、美智代に後から抱き寄せられる信さんがちょっぴりうらやましかったなぁ……。
時代設定が昭和ということもあり、観客には年輩の人が多く見受けられました。

★★★☆☆ 75点


信さん・炭坑町のセレナーデ [DVD]信さん・炭坑町のセレナーデ [DVD]
(2011/04/22)
小雪、池松壮亮 他

商品詳細を見る



2010年06月07日 (月) | 編集 |
四国旅行記115


[READ MORE...]
2010年06月04日 (金) | 編集 |
四国旅行記098


[READ MORE...]
2010年06月03日 (木) | 編集 |
恋愛映画のようなタイトルですが、『リーサル・ウェポン』などを思わせるバディ(相棒)ムービー
リュック・ベッソン製作、『96時間』ピエール・モレル監督の作品。
アクションやカーチェイス満載だし、テンポもよかったです。
前に観た『96時間』同様、80年代アクション映画っぽいテイストを感じました。
スキンヘッドのジョン・トラボルタが実に豪快、ていうか、やりたい放題。
「どんだけ殺せば気が済むの??」というくらい人殺しまくります。
後半の思いがけない展開にはびっくり。
かなり勢い任せではありますが、観ていてスカッとする作品でした。

★★★☆☆ 65点


パリより愛をこめて Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)パリより愛をこめて Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2010/09/15)
ジョン・トラボルタジョナサン・リス・マイヤーズ

商品詳細を見る




追記:
映画上映前に流れる「NO MORE 映画泥棒」のCM、あれはどうにかならんもんでしょうか。
新バージョンはカメラ男のクネクネダンスに加え、口をポカーンと開けた女性が登場。
女性のアホみたいな表情と素人っぽい演技で毎回腹筋つりそうです(爆)。
よくよく考えるとこの女、劇場では「早く映画泥棒捕まえて!」って言わんばかりなのに、家では何食わぬ顔で違法ダウンロード。やってることがメチャクチャです(笑)。





2010年06月03日 (木) | 編集 |
”書道パフォーマンス”なるものをテーマにした作品で、先月私が旅行した四国が舞台。
典型的な熱血青春ムービーで、『スウィングガールズ』などが好きな人は楽しめるのではないでしょうか。
書道というと静かなイメージが強いのですが、今作の書道パフォーマンスからはスポーツのような熱さを感じます。
参加した高校4校の書道パフォーマンスはどれも見ていて楽しかったし、選曲もナイス。
モンゴル800アンジェラ・アキさんの曲に合わせて書道をやったら本当に楽しそうです。
書道パフォーマンスを始める動機が”周りを見返してやろう”的なものではなく、町興しのためというところもいい。

この作品は紙作りで有名な四国中央市が舞台ですが、伝統的な手作りの物が大量生産品に押される現実、不況や大型店進出でシャッター街と化した商店街など、地方都市の抱える問題が見えてきます。
余談ですが、先日ニュースで”買い物難民”という言葉を聞きました。
それによると郊外の大型店進出によって町の商店街が閉店を余儀なくされたため、日常の買い物が困難な”買い物難民”と呼ばれる人々が急増しているそうです。
郊外の大型店は車で買いに行くのが前提となるので、車や車の免許がなかったり、遠くまで買い物に行けない人は食料品や日用品の調達がままならず、日常生活に支障をきたします。
車がなければ、遠くまで行かなければ買い物ができない、日常生活が営めないというのは全くもって本末転倒な話です。
大型店は新規出店することばかり考えず、買い物難民の問題にも真剣に取り組んで欲しいものです。

おっと、話が横道にそれました。
清々しい青春映画だったのと同時に、いろいろ考えさせられる作品でした。
1つ気になったのですが、書道部顧問の先生がやってたゲーム機は何だったのだろう???
見たところDSでもPSPでもなさそうだし(謎)。

★★★☆☆ 70点


「書道ガールズ!!私たちの甲子園」BD [Blu-ray]「書道ガールズ!!私たちの甲子園」BD [Blu-ray]
(2010/09/17)
成海璃子山下リオ

商品詳細を見る



2010年06月01日 (火) | 編集 |
四国旅行記084


[READ MORE...]