日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
2010年12月31日 (金) | 編集 |

12月31日

昨日が仕事納めで、今日は部屋の掃除や年賀状書きにかかりっきりでもうこんな時間。
まだ帰省してなくて、福岡にいます。
それにしても、自分で作った年越しそばを食べることになろうとは…(笑)。
元旦に帰省予定。

それでは皆さん、いい年をお迎え下さい!!

スポンサーサイト
2010年12月31日 (金) | 編集 |
2010年”最後”に鑑賞した映画。
松の廊下での刃傷沙汰、12月14日の赤穂浪士による吉良邸討ち入り、そして切腹…というのが『忠臣蔵』のよくあるドラマの流れですが、今作はその後日談で赤穂浪士の生き残りである寺坂吉右衛門と瀬尾孫左衛門の2人を描いた作品。
この生き残った2人、実は大石内蔵助より密命を受けており、吉右衛門には遺族を助け、討ち入りの真実を後世に伝える役目を、孫左衛門には内蔵助の隠し子である可音を育て守る役目を与えられています。
その使命は苛酷なもので、自分だけが生き長らえたことで遺族からは臆病者と罵られたり、また時には味方をも欺く必要があり、死んでいった仲間たちよりも苦難に満ちた人生だったと思います。
孫左衛門を演じた役所公司さんの演技は実に見事。
武士の生き様みたいなものを見せつけられたような気がします。
やや影が薄かったものの、佐藤浩市さんも素晴らしかった。
可音の嫁入りシーンには思わず号泣。
(随分前に観た『ペイ・フォワード』を思い出しました)
物語の随所に挿入された人形浄瑠璃も印象的。
忠義に生きる武士の生き様を丁寧に描いた作品でした。

★★★☆☆ 75点


最後の忠臣蔵 Blu-ray & DVDセット豪華版【特典映像ディスク &解説ブックレット付き】 (初回限定生産)最後の忠臣蔵 Blu-ray & DVDセット豪華版【特典映像ディスク &解説ブックレット付き】 (初回限定生産)
(2011/06/15)
役所広司、佐藤浩市 他

商品詳細を見る



2010年12月29日 (水) | 編集 |
正直、1作目よりも面白かったです。
1作目のような派手さはないけど、スケール的にはちょうどよかったのでは?
(TVの刑事ドラマが映画化されると、テロアクションムービーと化すケースが多いので…)
ストーリーや事件はそんなにややこしくありませんが、警察組織のドロドロした内情や複雑な人間関係、「正義とは何か?」という重厚なテーマでなかなか観応えありました。
決してハッピーエンドではない、観終わって何とも言えぬ後味の悪さが残るのがこのシリーズの持ち味ですが、今作のラストは別の意味でかなりショック!!!
水谷豊さん演じる杉下右京は相変わらず冴えてるし、及川光博さん演じる神戸尊も新相棒として板に付いてきて、2人のコンビネーションが実に絶妙。
鑑識の米沢やヒマ課長もいい味出してますが、個人的には中園参事官(内村刑事部長について回る人物)がツボなキャラでした。
今回は捜査一課トリオの出番が思ったより少なかったなぁ…。
あと、右京さんの”ミッション・インポッシブル”(?)に爆笑!!!

★★★☆☆ 70点


相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- <通常版> [Blu-ray]相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- <通常版> [Blu-ray]
(2011/08/03)
水谷豊、及川光博 他

商品詳細を見る



2010年12月24日 (金) | 編集 |
今までに何度も映像化されていますが、今作はロビン・フッドが義賊として活躍する前のいわば”ロビン・フッド誕生秘話”
リドリー・スコット監督らしい手堅い作りの作品でしたが、途中ちょっと中だるみした感も…。
私の中ではロビン・フッドはスラッとして俊敏なイメージがありますが、ラッセル・クロウ演じるロビンはマッチョで俊敏なイメージには程遠いです。
ロビンの一解釈としてまあこれはこれでアリかもしれませんが、ロビン誕生秘話なのにオッサン過ぎると思いません?(笑)
後半のフランス軍上陸作戦はなかなか見応えがあり、まさに『プライベート・ライアン』の中世版。
崖の上からフランス軍めがけて矢を放つシーンも迫力満点。
エンドロールのアニメもなかなか味わい深かったです。
恥ずかしながら私もロビン・フッドのことを
”子供の頭の上に乗せたリンゴを撃ち抜いた人”だと勘違いしてました(爆)。
リンゴ撃ったのはウィリアム・テル、お間違えのないように…。

★★★☆☆ 65点


ロビン・フッド ディレクターズ・カット版(2枚組) [Blu-ray]ロビン・フッド ディレクターズ・カット版(2枚組) [Blu-ray]
(2011/04/15)
ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット 他

商品詳細を見る




     『ロビン・フッド』(1991)

ケビン・コスナー版『ロビン・フッド』を観たのは今から20年ほど前。
内容はほとんど忘れましたが、主演のケビンよりも悪代官役のアラン・リックマンの方が印象に残ったのを憶えています。
アラン・リックマンといえば、『ダイ・ハード』のテロリスト役や『ハリポタ』シリーズのスネイプ先生役でおなじみですが、この作品での彼の演技は見ものです!!!


ロビン・フッド [Blu-ray]ロビン・フッド [Blu-ray]
(2010/04/21)
ケビン・コスナー、モーガン・フリーマン 他

商品詳細を見る



2010年12月20日 (月) | 編集 |
今年の春に観た『NINE』を思わせる、セクシー&ゴージャスなミュージカル映画。
ストーリーは田舎娘が都会に出てショービジネスの世界でサクセスをつかむというよくありがちなもの。
(悲しいかな、あの迷作『ショーガール』を思い出さずにはいられません…汗)
ただでさえ手垢にまみれたストーリー展開の上、主人公アリがのし上がっていく過程はさしたる挫折もなくとんとん拍子だったし、ライバルの嫉妬や店の買収などドロドロした部分はサラリと描かれており、物語としてはかなり薄味。
音楽に関しては、アリを演じたクリスティーナ・アギレラと店のオーナー・テスを演じたシェールの歌唱力は実に素晴らしかったし、アリがアドリブで歌うシーンやラストの曲は圧巻。
『NINE』同様、下着っぽい衣装でのミュージカルシーンは目の保養になりました(笑)。
最近のミュージカル映画は、ファーギー『NINE』ビヨンセ『ドリームガールズ』など、ミュージシャンを本業としている人が出演している作品が多いですね~。
次はレディー・ガ・ガあたりが出たりして…(てゆうか、出演キボンヌ…笑)。

★★☆☆☆ 55点


バーレスク [Blu-ray]バーレスク [Blu-ray]
(2011/04/27)
クリスティーナ・アギレラ、シェール 他

商品詳細を見る



2010年12月19日 (日) | 編集 |
1982年に公開された『トロン』の続編。
映像を単純に比較すると、それこそファミコンからプレステ3に変わったぐらいに進化したなあと思います。
ただし、3Dで観る必然性はそれほど感じなかったけど…。

観ていて話がゴチャゴチャしたところもあったのですが、コンピューターの世界に入り込んだ主人公がコンピュータの暴走を食い止め現実世界に脱出…みたいなストーリー展開は基本的に前作と同じ。
今作ではそれに加え、父と子の絆について描かれております。
主人公サムの父ケヴィンの2役(現代の姿と若き日の姿)は見もの。
最後の方はモロに某ディザスター映画みたいでしたが…(苦笑)。

青白いラインが光るトロンスーツ(わざわざ着替えるんですね…笑)、登場する乗り物、バイクや円盤のゲーム、昔と変わらないエンコム社の入口、ゲームセンター、ジャーニーの曲など、前作を観ていたら思わずニンマリするシーンが多くあり、そういう意味では楽しめました。
新旧見比べるのも一興かと思います。

★★★☆☆ 65点


トロン:レガシー ブルーレイ(デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]トロン:レガシー ブルーレイ(デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]
(2011/06/03)
ジェフ・ブリッジス、ギャレット・ヘドランド 他

商品詳細を見る




     『トロン』(1982)

リアルタイムでは観ておらず、随分後になって鑑賞しました。
CGを使った点やコンピューター世界が舞台ということで、当時としてはかなり革新的な作品だといえます。
この作品がなかったら、『マトリックス』なども生まれてこなかったかもしれません。
(残念ながら、『~レガシー』には後の作品に影響を与えるほどの革新性を感じませんでしたが…)
その映像はさすがに今観ると時代を感じますが、当時観てたら斬新に映ったことでしょう。
コンピューター世界の実写パートはかなりレトロ。
1960~70年代のSF映画かと思ったほど(笑)。
個人的なツッコミどころがもう1つ。
コンピューター世界を逃げ回る主人公たちを追跡するのに、何でわざわざ小回りの利かない乗り物で追いかけ回すのだろう?って思いました(笑)。
興味ある方は前作も観てみて下さい。


トロン [DVD]トロン [DVD]
(2005/12/21)
ジェフ・ブリッジズ、ブルース・ボクスライトナー 他

商品詳細を見る



2010年12月13日 (月) | 編集 |

100円ショップダイソーで見つけた2011年のカレンダーです。
猫の写真がとても可愛らしいし、これで100円とは安い!

2010年12月11日 (土) | 編集 |
年末になると今年の10大ニュースや流行語大賞などが発表されますが、個人的に興味深いのは今年1年の世相を表現した四字熟語。
2010年も多くの四字熟語が発表されましたが、個人的に「おおっ!」と思ったのは…


 三見立体(三位一体)  
今年は3Dの映画やテレビが登場しましたが、今後3Dの作品はどんどん増えることでしょう。
3Dといえば、来年発売されるNintendo 3DSが楽しみ(絶対買うぞー!!!)。

 全人見塔(前人未到)
この1年、東京スカイツリーを多くの人が見られました。
私的にはこの四字熟語、ツリーが完成してから発表された方がタイミング的にしっくりくるような気がします。

 一指操電(一子相伝)
今年はiPadやスマートフォンが流行しました。
残念ながら私はそれほど欲しいとは思ってません。今のところは…。

 土佐人気(土佐日記)
ドラマ『龍馬伝』の影響で今年は空前の龍馬ブーム。
かくいう私も夢中になった1人で、 ドラマは全話欠かさず見たし、高知・桂浜長崎など龍馬ゆかりの地にも行きました。
でも”土佐日記”って四字熟語ちゃうのでは?(重箱の隅をつつくようなツッコミ…笑)


どの四字熟語も今年1年の世相を的確に表現しているなぁと思います。

過去のものでは、バブル崩壊を表現した泡沫転倒(本末転倒)や、映画『タイタニック』の大ヒットを表現した船客万来(千客万来)が印象に残っています。

ちなみに2010年の漢字一文字は「暑」
確かに今年の夏は暑かったですなぁ…。

2010年12月07日 (火) | 編集 |
ツールドフクオカ2010 017


[READ MORE...]
2010年12月05日 (日) | 編集 |
ツールドフクオカ2010 001


[READ MORE...]
2010年12月03日 (金) | 編集 |
私も子供の頃『宇宙戦艦ヤマト』見てたので、今回の実写版はとても楽しみにしていました。

キムタク演じる古代進は割と様になっていたと思うし、山崎努さんの沖田艦長柳葉敏郎さんの真田さんはアニメのイメージ通りでハマってました。
黒木メイサさん演じる森雪はアニメ版とキャラが大きく違いますが、これはこれで大アリだと思う。(むしろ好きかも!!)
相原や佐渡先生が女性キャラに変わったものの、それほど違和感は感じませんでした。
それにしてもスターシャ(?)やデスラーがあんな形で現れるとは思いもしなかったなぁ。
ガミラス星人はできればアニメ版の設定でやって欲しかったけど、そうすると『アバター』になってしまいますね…(笑)。
実写化に向け若干設定の改変はあるものの、まあ許容範囲内といえるのではないでしょうか。

メカに関しては、実写版になってヤマトのディテールもかなり描き込まれてるし、冒頭に登場した戦艦もすごくカッコよかった。
古代の乗る戦闘機”コスモゼロ”の機首がコア・ファイターみたいに直角に曲がるわ、”アナライザー”R2‐D2ばりに活躍するわで度肝を抜かれました。

ストーリー展開は基本的に1作目のヤマトを踏襲してますが(少し”さらば~”も入っているかな?)、ヤマト発進までが唐突な展開だったり、イスカンダルまでの道のりがアニメ版に比べて平坦な気がしました。
波動砲の使いどころも微妙で、1発だけでもいいから「ここぞ!」ってところで使ったほうが話が盛り上がったんじゃないでしょうか。
話的には詰めの甘さがあったのが惜しいところ。

エアロスミスのスティーブン・タイラーが歌う主題歌がちょっと『アルマゲドン』っぽい。
どこかでささきいさおさんの主題歌を使って欲しかったですね~。

ヤマトが好きな故にいろいろ文句をつけましたが、特撮はなかなか頑張っていたと思うし、ヤマトを実写で作りたいという熱意を強く感じる作品でした。

★★★☆☆ 70点


SPACE BATTLESHIP ヤマト プレミアム・エディション 【Blu-ray】SPACE BATTLESHIP ヤマト プレミアム・エディション 【Blu-ray】
(2011/06/24)
木村拓哉、黒木メイサ 他

商品詳細を見る





    『宇宙戦艦ヤマト』(1977)

オリジナルはこちら。
1974年にテレビ放映され、1977年に劇場公開。
随分久しぶりに観ましたが一言。
「ヤマトか、何もかも皆懐かしい…」


EMOTION the Best 宇宙戦艦ヤマト 劇場版 [DVD]EMOTION the Best 宇宙戦艦ヤマト 劇場版 [DVD]
(2009/11/25)
納谷悟朗、富山 敬 他

商品詳細を見る



2010年12月02日 (木) | 編集 |
早いものでもう最終章ですが、半ば義理で観ているような気が…。
恥ずかしながら前作までのあらすじをド忘れしており
「あ~、こんなキャラもいたっけな…」
みたいな感じで観ておりました(汗)。
DVDをイッキ観するか、ウィキペディア等を読んでおさらいした上で観たほうがいいでしょう。
元々3Dで公開される予定でしたが、3Dで観るほどの見せ場はそれほどなかったように思います。
話的にはハリーたちがヴォルデモートとの最終決戦に備えてアイテム探しをする、といった感じでしょうか。
”分霊箱”というアイテムが登場しますが、これって『ロード・オブ・ザ・リング』に出てくる指輪みたい(笑)。
”死の秘宝”のアニメシーンはなかなかよかったです。
どういうわけか最終章だけは前編・後編に分かれているため、さあこれからというところで終わってしまうのが残念なところ。
(PART2は来年夏に公開予定)
1作目からすると、ハリー、ロン、ハーマイオニーも随分成長したなあ…。
ハリーとハーマイオニーのあるシーン、完全に児童文学の域を超えています(笑)。
内容多分ド忘れすると思うけど、物語を最後まで見届けるとするか。

★★☆☆☆ 55点


ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 DVD&ブルーレイセット (3枚組)ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 DVD&ブルーレイセット (3枚組)
(2011/04/21)
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント 他

商品詳細を見る