日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年03月29日 (火) | 編集 |
小郡マラソン2011 00


3月27日、小郡マラソンに参加しました。
(正式名称は小郡ロードレース大会です…汗)
前回の久留米菜の花マラソンの時と違い、今回は晴天で絶好のマラソン日和でした。


小郡マラソン2011 01
川原には菜の花が咲いてました。
まだ満開ではないものの、鮮やかな黄色が目に眩しいです。


小郡マラソン2011 02
今回は東日本大震災の影響を受けてこのような横断幕も。
開会式では犠牲者の冥福を祈るため黙祷を捧げました。


小郡マラソン2011 03
今回はゲストランナーに有森裕子さんが出場。
走る前に有森選手と握手をしました。
有名人と握手、うれしい!!!
(一緒に出た友人は何と有森選手と一緒に写真を撮りました)


今回は開会式から参加。
ウォーミングアップのエアロビクスは慣れない動きだったこともあり、それだけでくたびれそうでした(笑)。
久留米の時と同じ5kmコースに出場。
10時30分、スタート!!!
小郡のマラソンコースは道が平坦なのでとても走りやすいコースだと思います。
とはいえ、後半はちょっときつかった。
前回の久留米の時もそうだったけど、被災地の方々の事を考えると
「今、目の前にある事にベストを尽くさなければ!!!」と思い、全力で走りました。
そしてゴール!!!!
今回は25分台
前回よりも好タイム、ヤッター!!!

走り終わった後、マラソン会場近くにある温泉に行きました。
思いっきり汗をかいた後に入る温泉はとても気持ちよかったです。

これにてマラソンはしばらくシーズンオフ。
次回は秋に開催される福岡シティマラソンに参加予定です。


小郡マラソン2011 04
今回の参加賞はマラソン用キャップ。


追記:
東日本大震災の義援金バナーを設置しました。
バナーをクリックすれば、ワンクリックで募金できるサイトや各種ポイントを使って募金できるサイトにジャンプします。
どうか皆様方のご協力よろしくお願いします!!!!


小郡マラソン2011 05


スポンサーサイト
2011年03月23日 (水) | 編集 |
ついにケータイが壊れてしまった!!!
先日、ケータイの電源を入れたら起動画面から先に進まず、「バッテリーがイカれたかな?」と思い充電器を接続するも、ウンともスンとも言いません。
慌ててドコモに駆けつけてみたところ、原因はケータイ本体の故障で修理すると5千円ほどかかるとの事。
随分迷ったのですが、修理してもそう長くは使わなさそうだし、だったら新しいケータイにしようと思い、機種変更に踏み切りました。


NEWケータイ
機種はP-01C(パナソニック)
これにしたのはずっとPシリーズを使ってきたというのもあるし、Pシリーズ独自のボタンを押したらパカッと開くのに慣れてしまって他のメーカーには変えられません。
前のケータイにはなかったおさいふケータイワンセグなどの機能もついてます。
えっ??? 何でスマートフォンにしなかったのかって???
今のところスマホには興味ありません。あしからず。

実を言うと、今回機種変更したケータイは以前から欲しかった機種。
カタログも持っていて、頃合いを見て買い換えたいな~と思っていました。
まさか、こんな形で手に入るとは思いもしなかったなぁ…。
ちょっぴり複雑な気持ちもありますが、新しいケータイになったのは素直にうれしい。
ただ一つ困ったことに、前のケータイからアドレスデータの引き継ぎができなかったので、かかってくる電話やメールからアドレスデータを作成しているところです(泣)。

2011年03月23日 (水) | 編集 |
昨年公開された『SP 野望篇』の続き。
『野望篇』の内容を半分ど忘れな上、先日テレビで放映された『SP 革命前日』を観てない状態で鑑賞。
まあなんとか観れたので、前作観てなくてもどうにかなります(笑)。
テンポがよくてけっこう楽しめましたが、完全にテロムービーと化しており、やってる事はもはやSPの域を超えてます…(汗)。
国会議事堂は本物そっくりのセットというから驚き。
(いくら何でも本物じゃ撮れんだろう…)
4人の突入シーン、カッコよかった!!!
どうせならそこであのテーマ曲をガンガンかけて欲しかったな~。
ただし、”全てはここで明かされる”と言っておきながら、緒方から井上に送られた手紙の内容、終盤チラッと通り過ぎたテロリスト(?)の車、緒方の経歴詐称の経緯など、多くの謎を残したまま終わったのが気になるところ。
また続編作る気なんでしょうか??

★★★☆☆ 75点


SP 革命篇 Blu-ray通常版 [Blu-ray]SP 革命篇 Blu-ray通常版 [Blu-ray]
(2011/08/26)
岡田准一、香川照之 他

商品詳細を見る



2011年03月21日 (月) | 編集 |
第83回アカデミー賞受賞作品。
ここ数年のアカデミー賞作品の中では、好きな部類に入るかも。
吃音症を克服しようとする英国王ジョージ6世と療法家ライオネルの二人三脚が描かれたこの作品、淡々とした語り口ながらも、しっかり描かれたストーリーに好感が持てます。
ラストで見せるスピーチはまるでオーケストラの演奏のようで圧巻。
役者さんの演技、とりわけアカデミー賞主演男優賞を受賞したコリン・ファーズは吃音症という難しい役どころを見事に演じてくれました。
王を忍耐強く見守るジェフリー・ラッシュヘレナ・ボナム=カーターの演技も素晴らしい。
今年観た作品の中では一番面白かったです(現時点で)。

★★★★☆ 85点


英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]
(2011/09/02)
コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ 他

商品詳細を見る



2011年03月21日 (月) | 編集 |
久留米マラソン2011


3月20日、久留米菜の花マラソンに参加しました。
当日はあいにくの雨模様。

今回、5kmコースに出場。
9時前に受付を済ませたのですが、スタートは11時15分なので2時間近く時間があります。
その間、車で待機。
車の中でずっとDSやってました(笑)。

11時15分、スタート。
今回は練習をほとんどしてなくて、ほとんどぶっつけ本番で走ったようなもの。
きつかったなぁ…。

ゴール!!! 
27分台で無事完走しました。
一緒に出た友人には勝ったものの、練習不足を痛感。
走り終わって食べた豚汁が美味しかったです。


来週は小郡マラソン、がんばります!!!

2011年03月13日 (日) | 編集 |
昨日、献血をしました。
東北地方太平洋沖地震で自分に出来ることを考え、思いついたのが献血。
献血センターに出かけたところ、すでに多くの人々が献血に駆けつけておりました。
私の血液が被災地で直接使われることはないにせよ、これから多くの血液が必要になってくると思います。
九州に住む私にはこれくらいの事しか出来ませんが、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

2011年03月10日 (木) | 編集 |
大宰府01


[READ MORE...]
2011年03月09日 (水) | 編集 |
博多駅ビルオープン020


[READ MORE...]
2011年03月08日 (火) | 編集 |
博多駅ビルオープン001


[READ MORE...]
2011年03月07日 (月) | 編集 |
アンジェリーナ・ジョリー&ジョニー・デップの共演作。
ヴェニスの風景とアンジー姐さんのビジュアル、それだけでかなり満足!!!
アンジーは本当に綺麗で観ていてウットリします。
今回のジョニデはかなり地味。
屋根を逃げるシーンが何ともマヌケ(笑)。
派手なアクションシーンはほとんどありませんが、これはこれでよかったのでは?
『ボーン~』シリーズならともかく、今作の場合ヴェニスの美しい町並みをバックに派手な銃撃戦やチェイスをやるのもどうかな~って気がします。
まあ、おかげで風景を目いっぱい楽しめ、ちょっとした旅気分にも浸れました。
ラストは詳しく言及しませんが、「や、やはりそうだったか~」という感じ。
この作品、ストーリー云々よりも風景や2大スター共演を楽しむに限ります。

★★★☆☆ 65点


ツーリスト [Blu-ray]ツーリスト [Blu-ray]
(2011/07/27)
アンジェリーナ・ジョリー、ジョニー・デップ 他

商品詳細を見る



2011年03月06日 (日) | 編集 |
クリント・イーストウッド監督作品
双子の兄を事故で亡くした少年、津波に遭い九死に一生を得た女性ジャーナリスト、自らの能力に悩む霊能力者のストーリーが並行して描かれ、3人の人生には”死”が密接に絡んでいます。
個人的に一番印象に残ったのは少年のエピソード。
子役の演技もよかったし、結末には思わず涙しました。
女性ジャーナリスト編で見せる津波の映像も圧巻。
丁寧な作りで定評があるイーストウッド作品ですが、今回ばかりは観ていて
「何でやねん???」と思ったところも。
津波が来ていたのにニュースや警報はなかったのでしょうか???
町の人たちはえらくのんびりしてたし、津波もいきなりやってきたって感じだったし(謎)。
マット・ディモン演じる霊能力者編に登場する料理教室のパートナー、かつて父親との間に何があったんだろう???
個人的には過去と向き合って彼女がどう変わったのかを見てみたかったです。
あと、霊能力者とジャーナリストの結末はあまりにも唐突過ぎるかも…。
題材としては悪くなかっただけに、今作のツッコミどころ満載な点は本当に惜しいところでした。

★★★☆☆ 60点


ヒア アフター ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray]ヒア アフター ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray]
(2011/10/05)
マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス 他

商品詳細を見る



2011年03月01日 (火) | 編集 |
どういうわけか最近、片づけにハマっています。
何をやるのかというと、家の中にある不要品の処分。
今流行りの”断捨離”ってやつです。

先日、不要になった本をブックオフに、雑貨類をリサイクルショップに持って行きました。
大した金額にはならなかったものの、ゴミとして捨てるよりはずっといいかなと思うし、不要品を手放した後は心が軽くなったような気がします。

風水によると、部屋に不要な物があふれ返ると新しい物が入ってくるスペースがなくなり、さらには運気も停滞するらしい。
部屋の状態はそのまま心の状態を表す、ともいいます。
そんなわけで私の片づけはまだまだ続きそうです。


↓片づけの参考にした本です↓

たった1分で人生が変わる 片づけの習慣たった1分で人生が変わる 片づけの習慣
(2009/12/16)
小松 易

商品詳細を見る



2011年03月01日 (火) | 編集 |
先日放映されたドラマ『TAROの塔』を観ました。
故・岡本太郎氏の生涯をドラマ化したもので、これがなかなか面白かった。

冒頭の映像からして強烈なインパクトを放ってましたが、何と言っても松尾スズキさんの演技が凄過ぎ!!!
あまりの激似ぶりに思わず吹き出してしまったほどです(笑)。

岡本氏の幼少時代の家庭環境は壮絶そのもの。
母親は不倫し、その上、母の不倫相手は岡本一家と同居。
常人には理解しがたい世界です。
でもそういう環境だったからこそ、エキセントリックな芸術家が誕生したのかもしれません。

かなり濃いドラマですが、次回が楽しみ!!!


沖縄文化論―忘れられた日本 (中公文庫)沖縄文化論―忘れられた日本 (中公文庫)
(1996/06)
岡本 太郎

商品詳細を見る


冒頭のワンシーンにもあったように、岡本氏は沖縄・久高島イザイホーを目撃しており、「沖縄文化論 忘れられた日本」という著書も書いています。
ぜひとも読んでみたい一冊です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。