日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年02月28日 (木) | 編集 |
先日の天拝山歴史自然公園サイクリングの際、公園内で猫に遭遇。



天拝山猫01

天拝山猫02
気持ちよさそうに寝ています。


天拝山猫03
1匹の茶トラ猫がいました。


天拝山猫04

天拝山猫05

天拝山猫06
どこへ行くのでしょう???



場所を変えて神社の近くへ。


天拝山猫07
黒猫と茶トラ猫がいました。
(本当は白猫もいたのですが、どこかへ行ってしまいました)


天拝山猫08

天拝山猫09

天拝山猫10

天拝山猫11
茶トラ猫がとても可愛らしかったなぁ。


残念ながら今回は私になついてくれなかったのですが、猫たちの可愛らしい姿は見ているだけでもに心癒されますね。


スポンサーサイト
2013年02月28日 (木) | 編集 |
少年パイとトラのリチャード・パーカーの227日間に渡る漂流を描いたドラマ。
リアリティはともかく、映像や色彩が息を呑むほど美しかったです。
トラのCGは本物と見間違うほど見事な出来栄えだし、クジラがジャンプするシーンや無数のトビウオが跳ねるシーン、無数のクラゲが夜の海に光るシーンなど観どころは満載。
個人的にはパイが海を覗き込んだ時にいろんなものが見えるシーンが圧巻でした。
この作品をジェームス・キャメロン監督が絶賛するのも何か分かる気がするな…。
回想する語り口や船が沈むシーンは『タイタニック』だし、美しい3D映像やスピリチュアルな物語のテーマは『アバター』を連想します。
(単にカブっとるだけやん!!…笑)
パイの冒険を通して自然の雄大さ、厳しさ、美しさ、そして生き抜こうとする生命の逞しさを思い知らされました。

★★★★☆ 80点


ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
(2013/06/05)
スラージ・シャルマ、イルファン・カーン 他

商品詳細を見る



2013年02月26日 (火) | 編集 |
先日、天拝山歴史自然公園へサイクリング。
その日は風が少し冷たかったものの、心地よい晴天でした。


天拝山サイクリング01
天拝山歴史自然公園には天拝山のふもとにあり、以前ツール・ド・フクオカで訪れたことがあります。
自然豊かな公園で、近くには武蔵寺や神社があります。


天拝山サイクリング02
二日市温泉を発見した藤原虎麿の像
この公園から程近い場所に二日市温泉があります。


天拝山サイクリング03

天拝山サイクリング04
公園内には梅の花が咲いていました。
(まだ少し早かったかも…)
この公園ではツツジや藤など、四季折々の花を楽しめます。


天拝山サイクリング05

天拝山サイクリング06
公園内を散策。


天拝山サイクリング07
奥に行くと御自作天満宮と呼ばれる神社がありました。


天拝山サイクリング08
菅原道真が身を清めたといわれる紫藤の滝


天拝山サイクリング09

天拝山サイクリング10
九州最古の寺といわれる武蔵寺


1時間ほど公園内を散策した後、家に帰りました。
今回は自転車に乗るよりも歩き回る方が多かったかも…。



走行距離:28.50km


天拝山サイクリング11


2013年02月26日 (火) | 編集 |
トム・クルーズ最新作はジャック・リーチャーが主人公のハードボイルド小説の映画化。
アクションというよりはサスペンスっぽい作品で、どこか70年代映画を思わせる雰囲気。
『ミッション・インポッシブル』みたいなアクションを期待すると肩透かしを喰らいます。
(当然”トム走り”も封印…残念)
アウトローいうくらいだから私はてっきり『ゴルゴ13』『ダーティーハリー』みたいな孤高の一匹狼みたいなイメージをしてましたが、案外フツーなキャラだったのにはいささか拍子抜け。
邦題にまんまと騙されました。
(ちなみに原題は”ジャック・リーチャー”と主人公の名前そのまんま)
スリリングな展開は悪くなかったが、トム・クルーズの作品にしては地味だったように思います。

★★★☆☆ 60点


アウトロー ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]アウトロー ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
(2013/06/21)
トム・クルーズ、ロザムンド・パイク 他

商品詳細を見る



2013年02月22日 (金) | 編集 |
熊本城マラソン001


[READ MORE...]
2013年02月13日 (水) | 編集 |
クマのぬいぐるみテッドと主人公ジョンの友情を描いた痛快コメディ。
久々に笑わせてもらいました!!
主人公が子供のままだとありがちなファンタジーになるところでしょうが、歳をとって共にオッサン化してしまうというアイディアが面白い。
『フラッシュ・ゴードン』をはじめ随所に散りばめられた80年代映画ネタが私的にはツボでした。
映画自体もギャグあり、アクションあり、恋愛あり、友情あり、スリルありと盛り沢山なところが80年代っぽいなぁ~と感じました。
一つ疑問に思ったのは、テッドはぬいぐるみの分際でスーパーに就職するのですが、スーパーの店長は何を基準に採用したのでしょうね???
(しかも話が進むにつれ昇進してるし…爆)
下ネタやマニアックなネタが多いので観る人を選びそうですが、アラフォー的にはすごく楽しい作品でした。

★★★★☆ 80点


テッド ブルーレイ (デジタル・コピー付) [Blu-ray]テッド ブルーレイ (デジタル・コピー付) [Blu-ray]
(2013/07/24)
マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス 他

商品詳細を見る



2013年02月13日 (水) | 編集 |
人気ドラマの映画化。
手堅い作りではあったけど、映画的醍醐味は薄かったかも…。
今回はサスペンスというよりは、登場人物の心の闇を描いた作品だったように思います。
主人公姫川牧田が惹かれ合ったのも心に闇を持つ似たもの同士だったからではないか?
そんな気がします。
(その辺はドラマを観てないと分かりづらいかも…)
竹内結子さん演じる姫川をはじめ、脇を固める登場人物も錚々たる顔ぶれ。
とりわけ牧田を演じた大沢たかおさんの存在感は抜群。
それにしても、菊田パンチ(?)は毎度笑えるな。
今後も『相棒』のスピンオフや『ATARU』『ガリレオ』など、刑事ドラマの映画化はまだまだ続きそうですね。

★★★☆☆ 60点


ストロベリーナイト Blu-rayスタンダード・エディションストロベリーナイト Blu-rayスタンダード・エディション
(2013/07/17)
竹内結子、西島秀俊 他

商品詳細を見る



2013年02月11日 (月) | 編集 |
龍が如く
昨年11月に『バイオハザード6』をクリアしてから『龍が如く』シリーズをずっとプレイしてます。
『龍が如く 1&2』を先月クリア、現在は『龍が如く5 夢、叶えし者』をプレイ中。
『龍が如く OF THR END』は未プレイ(いずれやるつもり…汗)。
『龍5』は福岡・中洲の街が再現されていて、見覚えある風景が出てくる出てくる!!!
なかなかの再現度で「あっ、ここはあそこじゃん!!!」「こここないだ通った!!!」といちいち感激しながらプレイしております。
ただ、登場人物のしゃべる博多弁がちょっと違うかな~って気がしましたけど…(笑)。

このゲーム、やりこみ要素があるので当分遊べそうです。


龍が如く 1&2 HD EDITION龍が如く 1&2 HD EDITION
(2012/11/01)
PlayStation 3

商品詳細を見る



龍が如く5 夢、叶えし者龍が如く5 夢、叶えし者
(2012/12/06)
PlayStation 3

商品詳細を見る



2013年02月03日 (日) | 編集 |
1月24日、Mr.Childrenのコンサートに行ってきました。
会場はYahooドーム。
ツアータイトルは

『Mr.Children[(an imitaton)blood orange]Tour』

実は1月4日に開催される予定だったのが、メンバーの体調不良で延期。


午後7時、開演。
今回のツアーはアルバム『[(an imitaton)blood orange]』の曲を中心に構成。
アルバムはさほど聴き込んでなかったのですが、好きな曲である『hypnosis』『常套句』『イミテーションの木』『Mashmarrow day』が聴けてよかったです。
個人的には『抱きしめたい』『Tomorrow never knows』『HERO』などの懐かしい曲が聴けたのも嬉しかったな。

今回の席は何とステージの真横(ステージに近かったわけではありません)。
メンバーよりも観客がよく見える席だったせいか、少し冷めた感じで見ておりました。
(どちらか言うと、後ろでもいいから正面から見るほうが好きですね)
とはいえ、ミスチルの曲を生で聴けてよかったです。


[(an imitation) blood orange](初回限定盤)(DVD付)[(an imitation) blood orange](初回限定盤)(DVD付)
(2012/11/28)
Mr.Children

商品詳細を見る



2013年02月03日 (日) | 編集 |
予告観た時は大作感がありましたが、実際観てみると割と小粒な作品だったかも。
タイムスリップものは私の好きなジャンルなので、まぁ、悪くはなかったのですが…。
この作品の設定は罪人を未来からタイムスリップさせて過去で処刑するというもの。
何か回りくどい方法だな~(笑)
その処刑人が殺すのが未来の自分だったりして、あと何十年か生きたら自分に殺されると考えると残りの人生何だかやるせないな~って思いますね(苦笑)。
ラストで主人公の取った選択、これには驚かされました。
私の好きなタイムスリップ系映画『バタフライ・エフェクト』にも通ずる、何ともほろ苦いラストでした。
ジョセフ・ゴードン=レヴィッド演じる若き日の主人公とブルース・ウィリス演じる年老いた主人公の似てなさ加減にはこの際目をつぶりましょう(笑)。

★★★☆☆ 65点


LOOPER/ルーパー [Blu-ray]LOOPER/ルーパー [Blu-ray]
(2013/07/10)
ブルース・ウィリス、ジョセフ・ゴードン=レヴィット 他

商品詳細を見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。