日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年09月30日 (月) | 編集 |
今回のウルヴァリンは日本が舞台。
ストーリーに関して特筆すべき点はあまりなかったですね。
(そもそもストーリーにはさほど期待はしてませんでしたが…)
アクションシーン、新幹線バトルはいろんな意味でブッ飛んでました。
葬式でのバトルシーンはゲーム『龍が如く』みたいだったな。
日本描写に至ってはツッコミどころ満載…てゆうか、どこからツッコめばいいものか…(汗)。
戦時中ウルヴァリンに命を助けられた矢志田、戦後は巨大企業の社長になっていますが何かヤクザとごっちゃになってるような気がする。
風呂に無理やり入れられブラシでゴシゴシこすられる、これが日本の”おもてなし”だと思われるのもいかがなものか…。
長崎行きのバスがどう見ても田舎の路線バス
現代日本が舞台なのにラストステージは忍者の隠れ里みたいなところ。
…などと枚挙に暇がなく、「もう何やねん!!!!」って感じ(爆)。
ラスボスの侍、ロボットと思いきやその正体は…。
恩を仇で返すとはこのことですね(それも倍返し)。
今作は大真面目に観ようとせず、日本勘違い感、時代錯誤感を楽しみながら観ましょう(笑)。

★★★☆☆ 65点


ウルヴァリン:SAMURAI 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]ウルヴァリン:SAMURAI 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
(2014/01/08)
ヒュー・ジャックマン、真田広之 他

商品詳細を見る



スポンサーサイト
2013年09月30日 (月) | 編集 |
中居正広さん主演の人気ドラマ映画化。
北村一輝さん&栗山千明さんの軽妙なやり取りをはじめ、劇中の小ネタなどドラマのノリそのまんまで結構楽しかったです。
個人的には田中哲司さん演じる「~なのね」が口癖の鑑識課員がツボなキャラでした。
笑いどころが多いのと同時にツッコミどころも多いので、この作品にリアリティを求めてはいけません(笑)。
話のスケールや内容的にはテレビでやるぐらいで丁度よさそうですが、劇場で大勢の観客と笑いながら観るのも悪くないかも…。
ちょっぴり物悲しいストーリーではあるものの、ドラマのファンにはオススメ…なのね(爆)。

★★★☆☆ 70点


劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL ブルーレイ スタンダード・エディション [Blu-ray]劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL ブルーレイ スタンダード・エディション [Blu-ray]
(2014/03/19)
中居正広、北村一輝 他

商品詳細を見る



2013年09月25日 (水) | 編集 |
松本零士氏の人気漫画をCGアニメ化。
CGによる映像が見事でした。
主人公のハーロック、なかなかカッコよく描かれてましたね。
威圧感あふれるアルカディア号、デザインもさることながら敵艦に体当たりするシーンは圧巻。
話的には冒頭で世界観の説明がなされるものの、「???」な部分も多かったな…。
観ていて
ダークマター???何それ???」
自動修復装置???そんな設定あったっけ???」
って感じだったし、ハーロックが呪いで不死の体になった設定に至ってはSFというよりファンタジー。
原作に思い入れのない私でもさすがに違和感を感じすにはいられませんでした。
あと、登場人物のヤマ、何気に顔立ちがハーロックとカブるなぁと思ったら予想通りのオチ(苦笑)。
ストーリーはともかく、映像的には存分に楽しめました。

★★★☆☆ 60点


キャプテンハーロック Blu-ray通常版キャプテンハーロック Blu-ray通常版
(2014/02/21)
小栗旬、三浦春馬 他

商品詳細を見る



2013年09月25日 (水) | 編集 |
おなじみのタイトルロールやテーマ曲がない上、タイトルに”スーパーマン”の文字すらない今作。
何だか『ダークナイト』みたいな路線になってしまったな~。
これを観たら「『スーパーマン・リターンズ』って結局何だったの?」って気がしなくもないですね…(苦笑)。
大人の鑑賞に耐え得る作品になってはいたものの、今回のスーパーマンは苦悩に満ちた表情が多く、スーパーマンの持つある種のノーテンキさが失われたように思います。
今作の持ち味と言ってしまえばそれまでですが、私的には”地球の平和を守る正義のヒーロー”という明快さが欲しかったところ。
後半、アクションシーンの壮絶さは最大の観どころ。
破壊規模のハンパなさは先に観た『パシフィック・リム』『スター・トレック』エメリッヒ監督も足元に及びません。
『ガッチャマン』なんて屁みたいなもんです…笑)
でもやってることはクリプトン星人同士のケンカ。
地球人にしてみりゃ迷惑千万極まりありません(汗)。
次回作はバットマンが登場(また3部作でやるんでしょうか…)。
”闇の騎士”と”鋼の男”の共演、楽しみですね。

★★★☆☆ 70点


マン・オブ・スティール ブルーレイ&DVD(初回限定生産)マン・オブ・スティール ブルーレイ&DVD(初回限定生産)
(2013/12/18)
ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス 他

商品詳細を見る



2013年09月22日 (日) | 編集 |
新しいパソコンを使い始めて約3週間、実はその間にちょっとしたトラブルがありまして…。

パソコンが完成して5日ほど経った頃、電源を入れても画面が表示されない事態が度々起きていました。
最初はマザーボードかグラフィックボードの不具合を疑っていました。
一度パソコン修理の業者に診断してもらったところ、モニターか接続するケーブルに問題があるかもしれないとのこと。
そんなある日、電源ボタンを押したら、押した状態から元に戻らない。
ケースを開け、ボタンの裏側を指で押さえながらボタンを押したところ、画面がきちんと表示されました。


これって…もしかして電源ボタンの接続不良???


じぇじぇじぇじぇ!!!!
意外な原因に唖然。
接続不良に押したボタンが戻らないとなると、もはや電源ボタンが寿命か?
こうなりゃケースを丸ごと交換するっきゃないですね~。
そんなわけでアマゾンにて急遽PCケースを購入。


パソコン018
SilverStone Precision SST-PS08W
4000円ほどのケース。
デザインがシンプルだったのでチョイスしました。


実はケースの他にも購入したパーツがあって…


パソコン019
CPUクーラー:Scythe SCSK1100 SHURIKEN Rev.B 
名前が”手裏剣”だって、ぶはははは…(笑)。
純正クーラー(CPUに付属しているクーラー)の音が大きかったので交換しました。


パソコン020
ハードディスク:Seagate ST3000DM001(3TB/SATA)
写真や音楽などのデータを入れたハードディスク(1TB)が満杯になりかけていたので、より容量の大きい3TBものを購入。


ケースが届いたところで、前のケースから新しいケースへパーツを移植。


パソコン021
元のCPUクーラーを取り外し”手裏剣”を装着。
思ったよりデカいなぁ…。


パソコン022
前のケースよりもサイズが小さいのでパーツのセッティングや配線の取り回しにやや手こずったものの、どうにかすべてのパーツを取り付け完了。
約2時間かかりました。


接続を済ませ電源ボタンをポチッ。


パソコン023

無事、きちんと表示されました!!!!


ケースを変えたことで、結果的に全てのパーツを一新したことになります。
これって前のパーツを組めば今まで使っていたパソコンがまた出来てしまうって話になりますね~(笑)。


パソコン024
前のパソコンのパーツは断捨離の精神に則り、売却。


Windows8を導入して約3週間、最初こそ今までとは勝手の違う操作に戸惑いましたが、今では随分慣れたものです。
10月になるとWindows8.1が出るのでさらに使い勝手がよくなればいいなと思います。


新しいパソコンで今やってることは…


パソコン025
NHKオンデマンドで『あまちゃん』をイッキ見中(笑)。


あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1
(2013/09/27)
能年玲奈

商品詳細を見る



2013年09月18日 (水) | 編集 |
『フラガール』『悪人』李相日監督作品。
観る者に「悪とは何か?」「正義とは何か?」を問いかける骨太な作品でした。
観終わって心にずっしりと重たいものが残るので、気軽に観れる作品でないのは確か。
この作品で特に素晴らしかったのは役者さんの演技。
渡辺謙さんの圧倒的な存在感、佐藤浩市さんの憎々しいほどの悪役ぶり、柄本明さんの味わい深い演技、どれも見事でした。
柳楽優弥さんも存在感では上の実力派3人に負けてなかったと思います。
オリジナルはクリント・イーストウッド監督作品でアカデミー賞を受賞。
よくぞこれほどの作品をリメイクしたものです。
大筋はオリジナルと同じ、無駄に改変してないのがよかったですね。
舞台が北海道というのも今作の世界観に合ってたと思います。
(ちょっと無国籍っぽかったけど…)
今回は試写会にて鑑賞。
舞台挨拶に渡辺さん、佐藤さん、そして李監督が来ていました。
生で見られて感激!!!

★★★☆☆ 70点


許されざる者 [Blu-ray]許されざる者 [Blu-ray]
(2013/12/25)
渡辺 謙、佐藤 浩市 他

商品詳細を見る




     『許されざる者』(1992)

リメイク版鑑賞後に観ました。
本家本元も役者さんが錚々たる顔ぶれ。
リメイク版同様、善悪についていろいろ考えさせられます。
観比べるのも一興かと思います。

★★★☆☆ 70点


許されざる者 [Blu-ray]許されざる者 [Blu-ray]
(2010/04/21)
クリント・イーストウッド、ジーン・ハックマン 他

商品詳細を見る



2013年09月17日 (火) | 編集 |
70年代に人気を博したアニメの実写映画化。
久々のトホホムービー、実写化の方向性がまずかったと思います。
良くも悪くもスタイリッシュ過ぎて好みが分かれそう。
ガッチャマンのコスチュームやゴッドフェニックス号はカッコよかったんだけど…。
ギャラクターのコスチュームや番号入りTシャツ(ガッチャマンの私服姿)など、アニメ版の持つベタな雰囲気をもっと残しといてもよかったのでは?
ベルク・カッツェもイメージと違い過ぎてがっかり。
私的にはオネエっぽい喋り方や総裁Xにヘーコラしたり、態勢が不利になってトンズラしたりするところを見たかったな…。
あと、ギャラクターに地球規模で侵略されているにも関わらず緊張感というか危機感が感じられないのもどうかな~って気がします。
まあ、アニメとは別物と割り切って観た方がいいでしょう。
前座アニメ『おはよう忍者隊ガッチャマン』は何気に面白かったけど…。

★★☆☆☆ 40点


ガッチャマン(本編ディスク+特典DVDディスク) [Blu-ray]ガッチャマン(本編ディスク+特典DVDディスク) [Blu-ray]
(2014/03/05)
松坂桃李、綾野剛 他

商品詳細を見る



2013年09月17日 (火) | 編集 |
『インディペンデンス・デイ』『2012』ローランド・エメリッヒ監督作品。
世界規模で物語が展開された今までとは違い、今回はホワイトハウス周辺の狭いエリアが舞台。
とはいっても、ヘリや戦車は出るし銃撃戦や爆破シーンなど豪快なアクションシーンが満載。
ホワイトハウスが舞台で『ダイ・ハード』的な展開は前に見た『エンド・オブ・ホワイトハウス』とカブります。
私的にはスリル感は『エンド~』の方が上、派手さは『~ダウン』の方が上だと思います。
どちらがいいかは好みの問題でしょう。
登場人物ではホワイトハウスを案内するガイドが面白かったですね。
あと、主人公の娘が終盤で旗を振るシーン、いろんな意味でよかったです。
エメリッヒ監督のことだから大味な作品かと思いきや、意外と楽しめました。

★★★☆☆ 75点


ホワイトハウス・ダウン [Blu-ray]ホワイトハウス・ダウン [Blu-ray]
(2014/01/01)
チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス 他

商品詳細を見る



2013年09月11日 (水) | 編集 |
10日ほど前になりますが、約5年半ぶりにパソコンを組み立てました。
WindowsVISTAからWindows8にアップグレード。


実をいうと私は自作パソコン派で、メーカー製パソコンを購入したことは一度もありません。
友人から自作パソコンを払い下げてもらって以来、パソコンはパーツを買ってきて”組み立てるもの”だと思っております。


当初は今までのパソコンのパーツを使い回す予定でしたが、結果的にはほとんどのパーツを一新することになりました。
リアル店舗でパーツを購入した前回と違い、今回はリアル店舗で現物を見て検討した上で通販にて購入。
かなり安く手に入ったと思います。
大変だったのはパーツを購入するタイミング。
PCパーツは価格の変動が激しく、購入した翌日に価格が1000円以上跳ね上がったパーツもあれば、逆に価格が下がったところを狙って購入したパーツもあります。


パソコン001
全てのパーツがそろったのは組み立てる3日前。
今回購入したパーツについてざっくりと説明します。


パソコン002
OS:Microsoft Windows8 DSP版 64bit
これがないとパソコンは動きません。
Windowsには32bitと64bitの2種類あり、一般的なパソコンは32bitが多いのですが、最近では64bitも増えてきているようです。
違いは32bitがメモリを4GBまでしか搭載できないのに対し、64bitは32GB搭載できます。
メモリが多い方が処理能力が高いのと、これからは64bitが主流になるだろうと思い、64bitにしました。


パソコン003
マザーボード:ASUS H87M-PRO
パソコンの各パーツをセット、接続する基盤。
CPUの種類によって使える基盤が決まってくるので、今回買ったCPUに合うものを選んで購入。


パソコン004
CPU:Intel Core i5 4570s
パソコンの頭脳ともいうべきパーツ。
今回使ったCPUは第4世代Core iシリーズ(HASWELL)と呼ばれるもので、今年発売されたばかり。
最近のCPUは処理能力が高いものが多く出ています。
ただし処理能力が上がるとそれなりに消費電力も上がってくるので、私は省電力モデルのものをチョイスしました。


パソコン005
SSD:CFD CSSD-S6T128NHG5Q
今回初めて使ったパーツで、今までのHDD(ハードディスク)に相当するパーツ。
違いはHDDはデータをディスクに記録、SSDはフラッシュメモリに記録。
SSDは読み出し速度が速いのでパソコンの起動やアプリケーションの立ち上がりの速さが期待できます。
ただし容量が少ないのが欠点。
そこでOSやアプリケーションはSSD、写真や音楽などのデータは今まで通りHDDに入れることで使い分けます。


パソコン006
メモリ:CFD W3U1600HQ-8GC11
データを一時的に記憶させるパーツで、メモリの容量が多いほど処理能力が高くなります。
Windows8 64bitの場合32GBまで搭載できるので、16GB搭載しました。
ヒートシンクのデザインがなかなかカッコいいですね。
(ケースを閉じてしまえば見えませんが…笑)


パソコン007
グラフィックボード:SAPPHIRE HD6450 1G DDR3 PCI-E HDMI/DVI-D/VGA
映像を司るパーツ。
パソコンでゲームをする人にとっては必須のパーツですが、私はパソコンではゲームをしないし、動画もたまに見る程度なのでローエンド(あまり性能が高くないもの)のものをチョイス。


パソコン008
ブルーレイドライブ:PIONEER BDR-208XJ/WS
パソコンを新たに組み立てるに当たり、ディスクドライブをDVDからブルーレイに一新。
ブルーレイの映画などを見るのはもちろんのこと、ブルーレイディスクにデータを書き込むこともできます。


パソコン009
電源:ANTEC EE550 PLATINUM
当初は前の電源を使い回す予定でしたが、第4世代Core iシリーズ(HASWELL)の場合、不具合が発生する恐れがあるとのことで、それに対応したものを購入。
電源も高いものほどエネルギーの効率がよく省エネにつながるので、意外とあなどれないパーツです。



8月31日、午後4時、組み立て開始!!!


パソコン010

パソコン011
ケースを使い回すので、ケースからすべての部品を取り除きました。


パソコン012

パソコン013
その後、新しい部品を組み立て。
CPUやメモリをマザーボードに取り付けました。


パソコン014

パソコン015
マザーボードをケースに取り付け、さらにSSD、ブルーレイドライブなどをケースに取り付け。
配線を済ませ、本体は完成。


パソコン016
Windows8をインストール。


パソコン017

そして、完成!!!

文章で書くのは簡単ですが組み立てには結構時間がかかり、インストールが終わったのは午後9時。
5時間ぶっ通しで作り上げました。
(まあ、手際よくやれば3時間ぐらいでできそうですが…汗)


とりあえず動かせる状態になったのでいろいろやってみました。
驚いたのは…

起動、シャットダウンが速い!!!!

今までのパソコンでは起動に2分近くかかっていたのが、新しいパソコンでは30秒もかかりません。

そしてアプリケーションの立ち上がりも早い!!!!

ここまで速さを実感するとは思いもしませんでした。


こうして、用途の割には”無駄にハイスペックなマシーン”が完成しました(爆)。
無駄にハイスペック…これでいいんです。
一応10年持つパソコンを目指して組み立てたつもりですから…(笑)。


新しいパソコンで新しいパソコンライフ、最高です!!!

2013年09月10日 (火) | 編集 |
大阪ツアー076


[READ MORE...]
2013年09月05日 (木) | 編集 |
J.J.エイブラムス監督によるシリーズ第2弾。
前作よりもパワーアップしたように思います。
シリーズの昔の作品はあまり知りませんが、かなり楽しめました。
『レイダース』を思わせる脱出シーン~エンタープライズ号が海から現れるオープニングでつかみはバッチリ!!!
『ガンダム』のコロニー落としよろしく、宇宙船が都市に墜落するシーンは実にすさまじい。
アクションシーンもさることながら、カーク船長らと悪役ハリソンの騙し合いも見もの。
熱血漢のカークと論理的なスポックのキャラが対照的なところも面白いし、その2人を手玉に取るハリソンも圧倒的な存在感。
ちなみにハリソンの正体、往年のファンなら驚くことでしょう。
(私は”元祖スポック”の登場に驚きました)
『スター・トレック』シリーズはネタ的に古臭いイメージがありますが、エイブラムス監督による今作および前作はシリーズに新風を吹き込むことに成功した作品ではないかと思います。
バットマンでいうところの”ダークナイト3部作”みたいに。
今作に出てきた瞬間移動装置、あったらいいなぁ…(笑)。

★★★★☆ 80点


スター・トレック イントゥ・ダークネス ブルーレイ+DVDセット【2枚組】スター・トレック イントゥ・ダークネス ブルーレイ+DVDセット【2枚組】
(2014/01/08)
クリス・パイン、ザッカリー・クイント 他

商品詳細を見る



2013年09月05日 (木) | 編集 |
巨大な怪獣とロボットが戦うSFアクション。
地上をリングに怪獣とロボットが死闘を繰り広げる姿は壮絶の一言に尽きます。
(そこにいる人々にとっては傍迷惑極まりないですね…汗)
『ゴジラ』『ウルトラマン』『鉄人28号』『マジンガーZ』などが好きだった人なら血が騒ぐ映像のオンパレード。
ロボットのデザインは無骨というか二昔前っぽいもので、国ごとに個性があるのが面白い。
設定的にはエヴァンゲリオンっぽかったな。
シンクロしたり暴走しかけたりするところはまさにそうだし、女性パイロット・マコの髪型に至っては綾波レイ入ってます(笑)。
科学者コンビも漫才みたいで楽しかったな。
男子ならぜひ観たいと思う映像を見事に実写化してくれた作品。
ストーリー云々よりも、怒涛のアクションを存分に堪能しましょう。

★★★★☆ 75点


パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
(2013/12/11)
チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ 他

商品詳細を見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。