日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »04
2015年03月22日 (日) | 編集 |
小郡マラソン01

小郡マラソン02

今日は小郡ロードレースに出場しました。
10kmを58分で完走。
ぶっちゃけ今回は走るテンションがあまり高くなかったのですが、後姿の素敵な女性ランナーをロックオンし、追尾ミサイルのごとく追いかけ、どうにかゴール(笑)。
今日は天気もよかったし、心配していた鼻炎の症状も出なかったので何よりでした。

走った後は花立山温泉でまったり過ごしました。

スポンサーサイト
2015年03月20日 (金) | 編集 |
2月下旬~3月中旬にかけて鑑賞した映画です。



     『マエストロ!』

解散したオーケストラの再起をかけて指揮者と楽団員たちが奮闘する話。
クライマックスまで引っ張った感はあるものの、終盤の演奏シーンはまさに圧巻。
指揮者を演じた西田敏行さん、松坂桃李さんをはじめとする楽団員の皆さんはあたかも実際に演奏してるんじゃないかと思ったほど。
随所に出てくる音楽の雑学もなかなか興味深い内容でした。

★★★☆☆ 70点







     『味園ユニバース』

歌がうまい記憶喪失の男を描いたドラマ。
話の展開は淡々としていて好みが分かれるかもしれません。
私的にももう少し抑揚があった方がよかったんじゃないかなって思う。
とはいえ、音楽はすごくよかった!!!
主演の渋谷すばるさん、歌がめちゃめちゃうまかったですね。
劇中歌や主題歌はもちろん、和田アキ子さんの往年の名曲『古い日記』にしびれました。

★★★☆☆ 65点







     『ミュータント・タートルズ』

日本ではなじみが薄いようですが、本国アメリカでは絶大な人気を誇るアメコミ作品。
20数年前にも映画やテレビゲームが作られ、私もそれを観たりプレイした記憶があります。
ほんの少し誕生秘話を描きつつも、テンポのいい痛快系アクションに仕上がっているので何も考えずに楽しめます。
雪上のチェイスシーンやビル屋上でのバトルはなかなか観応えあるアクション。
マイケル・ベイが製作に関わっているのでどことなく『トランスフォーマー』っぽかったですね。

★★★☆☆ 70点







     『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル』

ジオン・ズム・ダイクンの死後、その遺児キャスバルとアルテイシア(後のシャアとセイラ)の波乱に満ちた運命を描いた作品。
シャアとセイラをはじめ、ザビ家の人々(まさか次男がいたとは…)、ランバ・ラルなどおなじみの登場人物が出てきて、ファーストガンダム世代にはたまらない作品でした。
個人的には後にラルの妻になるハモンさん、素敵だったなぁ…。
(ある意味、マチルダさん超えたかも…笑)
冒頭、赤い彗星黒い三連星のザクが大艦隊を相手に大暴れするシーンは確かにすごかったけど、今回のエピソードに直接関係ないのでファンサービスなのかな???
シリアスな作品かと思いきや、ユルいギャグも随所に挿入され、ドズルは半ばお笑いキャラと化しています(笑)。
全4話で構成され、次回は秋公開予定。
(半年も待つんか~い!!!!…泣)
今後ファーストガンダムにどうつながっていくのか、なかなか興味深いですね。

★★★★☆ 80点







     『アメリカン・スナイパー』

クリント・イーストウッド監督最新作は実在のスナイパークリス・カイルの人生を描いた作品。
戦場の空気感やスナイパーが引き金を引く時の緊張感が伝わってくるような作品でした。
実話ベースでありながらも敵のスナイパーをあたかもカイルの宿敵のように描いてある辺りは映画的というか、監督自身がかつて出演した西部劇にも通じる部分があります。
また、戦場に身を置く中で次第に心を蝕まれていくカイルの姿や家族の苦悩も克明に描かれていたと思います。
音のないエンドロール、何とも言えぬ余韻が残りました。

★★★☆☆ 75点