日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年10月30日 (金) | 編集 |
10月24日(土)、ジプシー・キングスのコンサートに行ってきました。
ツアータイトルは

『KIRIN 淡麗極上〈生〉presents
 The Gypsy Kings
 featureing Nicolas Reyes and Tonino Baliardo
 Japan Tour 2015』


会場は大阪フェスティバルホール



ジプシーキングス01

ジプシーキングス02
会場に着いたのは開演15分前。


ジプシーキングス03
格調高い会場の雰囲気に思わず驚いてしまいました。
(クラシックのコンサート会場に間違えて来たのかと思ったほど)
今回私の席は3階でかなり後方でした。



午後6時過ぎ、開演。
『ジョビ・ジョバ』『ベン・ベン・マリア』『バンボレオ』などのヒット曲を数多く演奏。
情熱的なラテンのリズム、メロディにすっかり魅了されました。
『鬼平犯科帳』のテーマでおなじみ『インスピレーション』は哀愁漂うギターの音色が渋い一曲。
やはり最高に盛り上がった『ボラーレ』、会場全体が大合唱になってすごく楽しかった!!!
この時ばかりはお酒が飲めない私もビール、いや発泡酒が飲みたくなったほど(笑)。
メンバーの卓越したギターテクニックも圧巻の一言に尽きます。
コンサート終盤、客席で踊っていた人が飛び入り(?)でステージに上がったのにはびっくり、ステージを大いに盛り上げてくれました。
(見た感じ、フラメンコダンサーっぽかったです)
今回のコンサートは1時間半と短めではありましたが、素晴らしい演奏を聴かせていただきました。
あと、会場のフェスティバルホールの音響が最高だったので、もし機会があればぜひここでコンサートを聴きたいものです。



実はジプシー・キングスのコンサートに行ったのはこれで2回目。
前回行ったのはかれこれ15年前、このブログを始めるよりもずっと前のことでした。
ジプシー・キングスといえば80年代後半~90年代に大ヒットし、日本では『鬼平犯科帳』のテーマや空耳アワー、そして淡麗生のCM曲でご存知の方も多いかと思います。
でもたまに曲は知ってても名前は知らないという方がいて、私の知人なんぞ
「ジプシー・キングス??? ああ~、ムード歌謡の人たちね」とのたまったほど。
(そら”殿さまキングス”だろがっ!!!!…爆)



久々のコンサート遠征、今回は観光らしきことはほとんどいたしませんでした。
(11月、12月も県外に行く用事があるので旅費を安く抑えた次第…苦笑)


ジプシーキングス04
大阪で食べたのはどういうわけか長崎ちゃんぽん。
本場の味にかなり近く、美味しくいただきました。


ジプシーキングス05
中央軒で食べました。
関西在住の友人がえらく気に入ってるお店です。


ジプシーキングス06
551蓬莱のアイス美味しかったなぁ~。
(肉まんも美味しいです)


最後は食べる話題になってしまいましたが、コンサート最高でした!!!!





スポンサーサイト
2015年10月30日 (金) | 編集 |
10月に鑑賞した作品です。



     『ピクセル』

まさにアイディア勝負の映画。
バカバカしいと言ってしまえばそれまでですが、よくまあゲームの世界と現実をごっちゃにした作品を大真面目に作ったものです(笑)。
今時の若い人が観たらどう思うか分からないけど、少なくとも今作に出てきたゲームをプレイしたことがあるのなら懐かしさを覚えるはず。
ゲーム以外の80年代ネタも何気にツボでした。

★★★☆☆ 55点

『ピクセル』



     『天空の蜂』

最後まで緊張感のある作品で観応えありました。
原作が20年前のものとは思えぬほど現代にも通じるテーマがあります。
娯楽映画として素晴らしい出来栄えだったのと同時に、原発のあり方についてもいろいろ考えさせられる作品に仕上がってました。
役者さんの演技も実に素晴らしかったです。

★★★★☆ 85点

『天空の蜂』



     『キングスマン』

『キック・アス』マシュー・ヴォーン監督によるスパイアクション映画。
『キック~』のようなキレッキレのアクションは今回も健在。
とりわけ教会での殺戮シーンは凄まじいの一言に尽きます。
飲み屋でのアクションシーンや義足女のアクションシーンも見もの。
終盤ある装置が作動した時の演出にはぶっ飛びましたが…(笑)。
スパイアイテムも仕掛け満載で楽しかった。
今年は『ミッション:インポッシブル』から『007』まで、やたらスパイ映画が多いなぁ。

★★★★☆ 70点

『キングスマン』



     『進撃の巨人  ATTACK ON TITAN 
      エンド・オブ・ザ・ワールド』


原作が完結していないのでどうオチをつけるのか気になっていました。
まあありがちな話ではありましたが、うまくまとまっていたのではないでしょうか。
相変わらず石原さとみさんの演技がぶっ飛んでます(笑)。
巨人同士のバトルは実写的リアル感があまりなく、昔の怪獣映画を観てるよう。
上映時間は87分と短め、無駄に長いよりはましかも。
原作とは別物と割り切って楽しむべきでしょう。

★★☆☆☆ 50点

『進撃の巨人  ATTACK ON TITAN エンド・オブ・ザ・ワールド』




     『アントマン』

アメコミ映画なんだけど今回のヒーローは何と身長1.5cm。
ミクロの世界の戦いはアイディア満載で楽しかったです。
かといってアクション一辺倒というわけではなく、家族の絆も描かれていてホロリとさせられます。
人間が小さくなるのはまあいいとして、アリを意のままに操るのはどうなんだろう????
そんな設定のムチャクチャさを受け入れられれば存分に楽しめる作品だと思います。
続編あるいは『アベンジャーズ』にも出てくるのかな???

★★★★☆ 75点

『アントマン』

2015年10月29日 (木) | 編集 |
北海道旅行記 131

初めから読む

[READ MORE...]
2015年10月23日 (金) | 編集 |
北海道旅行記 094

初めから読む

[READ MORE...]
2015年10月18日 (日) | 編集 |
旅先で地域限定アイテムを探すのも私の旅の楽しみの一つ。
そんなわけで北海道限定ドリンクをいろいろ飲んでみました。


北海道飲み物01
ソフトカツゲン
北海道限定ドリンクの代表格といえばこれでしょう。
爽やかな飲み口の乳酸菌飲料です。
この手の乳酸菌飲料はローカルごとに違うネーミングで発売されてたりします。 
(沖縄だと森永ヨーゴ、高知県だとひまわりリープルなど)


北海道飲み物02
カツゲンにはフルーツ味のバリエーションも多数あります。


北海道飲み物03
コアップガラナ
北海道ではガラナ系炭酸飲料がけっこう幅を利かせています。
(沖縄でいうところのルートビア的な立ち位置でしょうか)
ガラナ独特の味わいがいいですね。


北海道飲み物04
ガラナ系ドリンクは各社からいろいろ発売されています。


北海道飲み物05
北海道のコンビニセイコーマートに行ったらガラナアイスもありました。


北海道飲み物06
リボンナポリン
北海道で古くから親しまれている炭酸飲料。
オレンジ色をしていますがオレンジの味は全くしません。
(元々はブラッドオレンジを原料に使用していて、”ナポリン”というネーミングもイタリアの”ナポリ”から付けられました)


北海道飲み物07
ハスカップソーダ
ハスカップとは北海道内で広く栽培される果実。
飲んでみるとブルーベリーによく似た味わいでした。


北海道飲み物08
ミルクコーヒー
これも北海道限定。
飲んでみるとかなり甘い。
練乳っぽい味でベトナムコーヒーを飲んでるようでした。


北海道飲み物09
夕張メロンドリンク
メロンの味と香りがたまりません。


北海道飲み物10
ミネラルウォーターもありました。


北海道限定ドリンク、今回の旅で腹くだしそうになるくらい飲んだな…(笑)。

2015年10月14日 (水) | 編集 |
北海道旅行記 058

初めから読む

[READ MORE...]
2015年10月09日 (金) | 編集 |
北海道旅行記 030

初めから読む

[READ MORE...]
2015年10月07日 (水) | 編集 |
道産猫01

道産猫02


北海道ではあまり猫を見ませんでした。
冬寒い地域だから猫が少ないのかな???
今回の旅では猫を2,3回ぐらいしか目撃していない上、シャッターチャンスも少なく、撮れたのはこの2枚だけ。
函館の女…もとい、函館の猫です。

2015年10月04日 (日) | 編集 |
北海道旅行記 001


[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。