日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年03月18日 (日) | 編集 |
スティーブン・スピルバーグ監督最新作は軍馬ジョーイの数奇な運命を描いた作品。
アルバートと共にささやかな暮らしをしていたジョーイ。
しかし第一次大戦の勃発によって軍馬として借り出され、ジョーイは戦場で多くの出会いと別れを繰り返します。
イギリス軍大尉や若いドイツ兵兄弟、フランスの農場で暮らす少女など、出会う人々はジョーイにとても優しく、それだけに人と馬の絆が引き裂かれる場面には胸が痛みました。

今作に登場した馬たちは相当訓練されてるんでしょうね。
ジョーイの眼はとても愛らしく、走る姿は躍動感にあふれていました。
それにしても、有刺鉄線の絡まった姿は観ていて痛々しい限り…。

ラストは予想通りの展開ながらも思わず泣いてしまった(涙)。
個人的にはイギリスとドイツ両軍の兵士がジョーイに絡まった有刺鉄線を取り除くシーンに感動。
前半ジョーイが荒れ地を耕すシーンにも心打たれました。

第一次大戦頃までは戦争にまだ馬が使われていた時代。
人命のみならず多くの馬が犠牲になったそうです。
おびただしい数の馬の死体が戦場に横たわるシーンにはただただ言葉を失うばかりです。
ジョーイの姿を通して戦争の愚かさや悲惨さを教えてくれる作品でした。

★★★★☆ 85点


戦火の馬 ブルーレイ(2枚組) [Blu-ray]戦火の馬 ブルーレイ(2枚組) [Blu-ray]
(2012/07/18)
エミリー・ワトソン、デヴィッド・シューリス 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。