日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年03月23日 (金) | 編集 |
スター・ウォーズ新3部作はアナキン・スカイウォーカーがダークサイドに墜ち、ダースベイダーになるまでを描いたもの。
エピソードⅠで語られるのはアナキン少年がジェダイによってフォースを見出されることぐらいで、この時点ではアナキンがダークサイドに墜ちる予感は微塵も感じません。
ヨーダは不安そうでしたが …)
ストーリー的にはさほど印象には残らなかったものの、ポッドレースダース・モールvsジェダイのバトルシーンは迫力満点。

今作が最初に公開されたのは1999年。
「スター・ウォーズを最新のCG技術で作りました。どや???」
と言わんばかりの作品で、その迫力ある映像に圧倒されました。
あれから13年。
「スター・ウォーズを今度は3Dにしました。どや???」
正直なところ、それほど3D感はなかったです。
そもそも3Dを前提として作られた『アバター』とは成り立ちが違うので致し方ないところでしょう。
個人的には変に立体感を強調し過ぎず、観ていて目が疲れなかったのでむしろ好感が持てました。

21世紀フォックスの高らかなファンファーレで始まり、ルーカスフィルムのロゴ、そして「ジャーン」と壮大な音楽と共にタイトルと文字が宇宙の彼方に遠ざかっていくオープニングは何度観ても胸が高鳴ります。
やはり1度はスクリーンで体験したい作品ですね。

★★★☆☆ 70点


スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]
(2011/09/16)
リーアム・ニーソン、ヘイデン・クリステンセン 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。