日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年04月13日 (金) | 編集 |
いやぁ~、本当に素晴らしい作品でした。
人種差別という重苦しいテーマですが、随所にユーモアや感動的なエピソードが散りばめられている点に好感が持てました。

それにしても1960年代のアメリカは人種差別が激しかったんですね。
黒人のメイドに子供の世話をさせたり料理作らせたりしてるくせに、病気が移るから黒人と白人のトイレは別々という発想は理解できんなぁ。
(「だったら最初から雇うなよ!」って話になりますが…苦笑)
子供たちも実の親よりも黒人のメイドになついていて、実の親の姿たるや、ほとんど育児放棄(…唖然)。
白人キャラの一部は悪役的に描かれていて、とりわけヒリーは腹立つ奴でしたね~。
その分”2切れのパイ”のエピソードには胸のすく思いがしたし、大いに笑わせてもらいました。
『ドラゴン・タトゥーの女』のエロ後見人エピソードに通ずる部分がありますね)

ちなみに今作はアカデミー賞にもノミネートされ、オクタビア・スペンサーがアカデミー賞助演女優賞を受賞。
彼女の演技はもちろん、樹木希林さん似(?)のメイド役の人の演技も素晴らしかったです。

1960年代のアメリカは人種差別が根強い時代で、バスやレストラン、トイレなどは白人と黒人で別々でした。
あれから半世紀が経ち、黒人が市長や大統領になる時代になったのも、この作品で描かれたような勇気ある行動があったからこそだと思います。
まだまだ差別は多く残っていますが、少しずつでもよい方向に変化し欲しいものです。

社会派でありながらも、笑い、涙、感動といった娯楽性も見事に両立させた作品でした。
個人的にはこの作品にアカデミー賞作品賞取って欲しかったなぁ…。
オススメ。

★★★★☆ 90点


ヘルプ~心がつなぐストーリー~ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]ヘルプ~心がつなぐストーリー~ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
(2012/09/19)
エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 女優・樹木希林が俳優・役所広司、原田眞人監督とともに18日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を行った。 映画「わが母の記」(28日公開)上映会後の会見で、海外の記者から米アカデミー賞外国語映...
2012/04/19(木) 01:10:19 | ヤフコメログ - Yahoo!ニュースコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。