日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年04月20日 (金) | 編集 |
ウォルト・ディズニー生誕110周年記念作品…といってもあまり関係なさそう(笑)。
原作は100年前に書かれたSF小説『火星のプリンセス』
(できればこのタイトルにして欲しかったな…)

ストーリーや映像に目新しさはなかったものの、『スター・ウォーズ』『アバター』に影響を与えた作品として観たら、それはそれで興味深い内容でした。
惑星バルスーム(火星)はまんま惑星タトゥイーンだし、ハゲのおっさんはシスの暗黒卿
ナヴィ族みたいな異星人と共に戦う展開は『アバター』とカブります。
原作にどれだけ忠実かは分かりませんが、2作品に与えた影響をうかがい知ることができます。
ビジュアル的には『スター・ウォーズ』と『ロード・オブ・ザ・リング』を足して割ったような感じで、ストーリーはちょっと『カリオストロの城』が入ってますね。
あと、ジャバ・ザ・ハット似の生物が犬みたいで愛嬌あったな…。

見どころがなかったわけではないけど、作品としては突出した部分がなかったように思います。
ちなみにこの作品、本国アメリカでは大コケしたそうです。
(3部作の予定らしいけど、どうなるんだろう???)

★★★☆☆ 65点


ジョン・カーター ブルーレイ(2枚組/デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]ジョン・カーター ブルーレイ(2枚組/デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]
(2012/08/22)
テイラー・キッチュ、リン・コリンズ 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。