日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年06月15日 (金) | 編集 |
沖縄旅行記8 143

沖縄旅行記Ⅷ(7)はこちら



午後2時、那覇空港に到着。
空港からモノレールに乗り、定宿の照美荘へ向かいました。

照美荘に着いたのは3時前。
ここのご主人とオバアに会うために沖縄本島で一泊したようなものです。
久しぶりに会うご主人、髪が随分伸びて相撲取りのような髪形になっていました(笑)。
オバアも元気そうで何より。
積もる話でしばし盛り上がりました。
ひとしきり話したところでオバアが
「今ちょうど泊港でハーリーやってるから見てくるといいさ~」
とおっしゃったので見に行くことに。


沖縄旅行記8 144
照美荘の前には立派なマンションが建っていました。
マンションが建つ前は情緒ある沖縄家屋があったのに何とももったいない…。
那覇の町は来るたびに風景が変わっていきますね。


宿から歩いて約20分、那覇ハーリー会場である泊港近くまで来ました。
周辺の道路は案の定大渋滞。


沖縄旅行記8 145
会場に到着。
実を言うと、ハーリー見るのは初めてです。


ハーリーは今から600年ほど前に中国から伝来した船の競走がルーツ。
漢字だと”爬竜”と書きます。
実は長崎にもこれに似た行事があって、長崎では”ペーロン”と呼ばれます。
中国から伝来したという点では共通していますが、決定的に違うのはその伝来時期。
ペーロンが始められたのは今から350年ほど前、ハーリーよりも約250年後になります。
ちなみにペーロンを漢字で書くと”白竜”Vシネとは関係なし)。
ハーリーとペーロン共に竜の字があることからわかるように、海外にも”ドラゴンボート”と呼ばれる競技があります。
(もちろん”かめはめ波”を出す競技ではありません…笑)
伝統行事的な色合いが強いハーリーに対し、ドラゴンボートは近代スポーツとして世界各地で行われています。


沖縄旅行記8 146

沖縄旅行記8 147
スタートを目前に3艘の船がスタンバっております。
ハーリー会場はハンパない人の多さで、船の前は黒山の人だかり。
米兵らしき観客も多く、しかも彼らは背が高い。
背伸びしないと見えません。
どうにか人の間を縫うようにして見る有様でした(汗)。


沖縄旅行記8 148

沖縄旅行記8 149
午後4時、合図と共にスタート!!!
大勢の人が船を漕ぐ姿は勇壮そのもの。
途中まで見ておりましたが、人の多さもあって勝負の行方を見届けることはできませんでした。


沖縄旅行記8 150

沖縄旅行記8 151

沖縄旅行記8 152
ハーリー会場は出店や遊具などがあり、ちょっとした遊園地みたいでした。


沖縄旅行記8 153
ステージもあって、ミュージシャンの演奏などが披露されておりました。


午後5時過ぎ、ハーリー会場を後にしました。
国際通りに戻り、小腹が空いたので喫茶店へ。


沖縄旅行記8 154
喫茶ルイ
この昔ながらの喫茶店は創業39年の老舗。
こういう昭和な雰囲気のお店、好きですね~。


沖縄旅行記8 155
タコライスとコーヒーを注文。
小腹を満たすつもりで来たのが思いのほか腹一杯に。
店を出た後で知ったのですが、このお店はアイスクリームの天ぷらが有名らしい。
う~ん、知っていれば食べたのに…(泣)。
よし、今度来た時に食べようっと!!!


食後、市場をぶらり。
空きテナントの一角に戦後の沖縄に関する写真やアイテムなどが展示してありました。
私はこういうのを見出すと止まりません。


沖縄旅行記8 156
ハウスシャービックは現在もありますが、このパッケージは初めて見るなぁ。
いつ頃の物でしょう???


沖縄旅行記8 157
初めて見る飲み物のビンです。


沖縄旅行記8 158
でいごゴールド???
はて、これは一体???


沖縄旅行記8 159
味王は明らかに味の素のバッタモンっぽいですね(笑)。


沖縄旅行記8 160
アクアポリスエメラルド レストランキッサ????
恐らくこれは海洋博関連グッズではないでしょうか。


沖縄旅行記8 161
銀行で配布されていたも貯金箱。
最近は銀行で貯金箱や組み立て式のカレンダーもらわなくなりましたね。


沖縄旅行記8 162
泡盛のポスター
琉球美人がいいですね~。


沖縄旅行記8 163
「このてんとう虫はもしや!!!!」
若い人は多分知らないかもしれませんが、これはレコードプレイヤー。
かつて私の実家にもありました。


沖縄旅行記8 164
この電話機は何と5セント硬貨でかけるようになっています。
米軍統治時代の名残りですね。


沖縄旅行記8 165
米軍統治時代、飲食店などにあったもので衛生状態1級を示しています。


沖縄旅行記8 166
こちらはおなじみAサイン
これもまた米軍統治時代の名残りで、米兵の出入りのある飲食店によくあります。


沖縄旅行記8 167
これは初めて知りました。
1973年に陥没事故があったそうです。
場所は今でいうと”とまりん”近く。


会場にいたオバチャンがいろいろ説明してくれたこともあり、けっこう長居してしまったな…。
見た後は路地裏などを歩き回り、猫などの写真を撮っていました。

午後8時過ぎ。
オバアの話だとハーリー会場で花火が上がるというので、見に行こうと思ったら緊急事態発生。

SDカードの残量がほとんどない!!!!

4GB×2枚持って行ったのに…。
急遽モノレールに乗り、小禄のイオンへ行きました。
イオンなんてどこも同じだと思いきや、店舗によって売り場の位置やテナントが違うので探すのに一苦労。
テナントで入っているカメラのキタムラで購入。
16GBで1500円。
これだったらなくなる心配もないし、今後の旅行にも重宝しそう。
買った後にイオン店内をぶらぶらしたこともあり、店を出た頃には花火はすでに終わっていました(トホホ…)。

9時半頃、国際通りに戻りました。
「何か小腹が空いてきたなぁ~」
軽く沖縄そばでも食べたいところですが、沖縄そばの店は意外と閉まるのが早い。
そんなわけで訪れたのは…


沖縄旅行記8 168

何を血迷ったのか、豚骨ラーメンを食べてしまった!!!

福岡に住んでるのだから何も沖縄で食べなくても…と言われそうですが、どういうわけか食べたくなったのだから仕方がありません。
例えるなら1週間ほど海外旅行に行って3~4日ほど経つと無性にご飯や麺類、醤油味の食べ物といった日本食が恋しくなる、そういう感覚に近いです。
まあ3、4日の旅行でそうなるのは極端ですが、長期の沖縄旅行でふるさとの味が恋しくなったり、あるいは旅行で沖縄に来たはいいが沖縄料理にあまりなじめないという人にはいいかもしれません。
また、転勤や進学などで九州から移住した人にとっては豚骨ラーメンは欠かせないと思います。
沖縄、特に那覇には豚骨ラーメンに限らず、醤油ラーメンや味噌ラーメン、つけ麺などもあるので沖縄で日本各地のご当地ラーメンを食べるのもそれはそれで面白いのでは?(笑)


11時頃、宿に戻りました。
しばらくテレビ見たり本を読んだ後、シャワーを浴びました。
沖縄旅行4日目は竹富島~石垣島~沖縄本島と目まぐるしく動き回ったせいか、すごくくたびれた…。
疲れに任せて、12時半頃就寝。

(つづく)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。