日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年11月27日 (火) | 編集 |
伊藤英明さん演じるハスミンこと蓮実は多くの生徒に慕われる英語教師。
しかしその真の姿は他人への共感能力を持たない殺人鬼。
物語後半は殺戮祭りと化していました。
殺すのに躊躇も容赦もないところは『ダークナイト』のジョーカーみたい。
苦手なジャンルと言いつつも、時折ハスミン目線で観ている自分がいて、人は誰しも多かれ少なかれハスミンのような狂気を持ち合わせているのではないかと思えてきます。
しかし殺し方がショットガンぶっ放すだけなので、計画性も何もないような気がする。
手口があまりにもワンパターンなので残虐さよりも「いつまでやるの?」って感じで観てました。
夜中とはいえ、あれだけンバンバン撃ってたら近所の人も気づくだろうに…。
それに、どんだけポケットに銃弾入れてんだ?
あと、ハスミンがどうしてああなったのか、殺人の動機など説明不足な点も多かったな。
…とまあ、ツッコミどころ満載なおかげで残虐さがいくらか中和されてたように思います。
万人受けする『海猿』とは真逆の作品なので「観たければどうぞ」とだけ言っておきましょう(笑)。

★★☆☆☆ 55点


悪の教典 Blu-ray スタンダード・エディション悪の教典 Blu-ray スタンダード・エディション
(2013/05/24)
伊藤英明、二階堂ふみ 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。