日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2013年02月22日 (金) | 編集 |
熊本城マラソン001



2月16日~17日、熊本に行ってきました。
目的は熊本城マラソンに出場するため。
今回は久々のフルマラソンでした。



     2月16日(土)

午後2時40分の高速バスに乗り熊本へ行きました。
2時間弱で到着。
バスを降りて歩くこと約10分、予約していたホテルに着きました。


熊本城マラソン002
スーパーホテルCITY熊本

チェックインして部屋に荷物を置いた後、再び外へ。
マラソン大会の受付がある熊本城へ行きました。
受付を済ませた後、再びホテルへ。

時間はもう6時近く。
ホテルに戻ってマラソン大会受付でもらった書類やゼッケンを部屋に置き、また外へ。
(行ったり来たり大変ですな…苦笑)
今度は市街地方面へ向かいました。
そう、その日は熊本在住の友人2人に会うことにしておりました。
待ち合わせ場所の辛島公園から電話すると、友人はすぐそばに待っていました。
久しぶりの再会に感激!!!
見た感じ、2人ともあまり変わってないようです。

3人で焼肉屋さんへ行きました。
友人らと積もる話で盛り上がりながら食べる焼肉は実に美味い!!!
一つ惜しかったのは、マラソン大会前だったのでアルコールが飲めなかったこと。
友人らはビールを美味そうに飲んでいました。


熊本城マラソン003
本来なら熊本の夜を存分に楽しみたいところでしたが、翌朝が早いので10時過ぎには友人らと別れ、ホテルに戻りました。
部屋でマラソンの書類に目を通していたらもう11時。
ホテル内にある温泉に入りました。
天然温泉を謳っているだけあってなかなか気持ちよかったです。
部屋に戻り、しばらくテレビを見て12時に就寝。




     2月17日(日)

午前5時50分起床。
朝食が6時からだったので早起きしました。
食堂の前はすでに長蛇の列。
ある程度予測していたのですが、こんなに並んでいるとは…。
約15分後、ようやく食べることが出来ました。


熊本城マラソン004
朝食はバイキング形式。
走る時にお腹が痛くならない程度に食べました(笑)。


熊本城マラソン005
食後、ウェアに着替えました。
着替える際にバンソウコウを2枚用意。
使い道はそう…

乳首に貼るんです!!!

長距離のマラソンになるとシャツと乳首が擦れて、乳首がヒリヒリすることがあります。
(ひどい場合は出血することも)
それを防ぐために貼ります。
実際私も練習で20km走った時にヒリヒリしたので…(苦笑)。

準備を済ませ、7時半にホテルをチェックアウト。
マラソン大会会場までは路面電車で行きました。



会場に到着。
マラソン会場はすでに多くの人で埋め尽くされていました。
荷物を預け、スタート地点へ。

スタート地点で待つ間は何ともいえぬ緊張感。
今回はフルマラソンだからなおのことです。
そしてスタート時間…。

午前9時4分、スタート!!!!

実際は10分ほど後にようやくスタート。
走り始めると沿道では多くの人の応援。
テンションが上がったのと同時にちょっぴり照れ臭かったです。
応援に来ている友人のためにも頑張らねば、そう思い走りました。

マラソン大会に出場すると必ずといっていいほどコスプレした参加者を見かけます。
今回も様々なコスプレランナーを見かけました。
仮面ライダー、タイガーマスク、AKB、メイド服、貞子、ゴールデンボンバーの白塗りの人、スギちゃんなどなど…枚挙に暇がありません。

そうそう、熊本で忘れてはならないのは…


熊本城マラソン006

くまモン!!!!

走っているくまモンを何頭目撃したことでしょう(笑)。

コスプレランナーを見るのはもちろんのこと、私にとっては女性ランナーを見るのも楽しみの一つ。
女性ランナーの後ろ姿を追うことで走るモチベーションをキープしています(笑)。
こんな風でフルマラソンといっても堅苦しさはあまりなく、半分はお祭り気分。
コスプレランナーや女性ランナー、沿道の応援を楽しみながら走っておりました。

市街地を抜け、長い直線道路を走り、10kmほど走ったところでアミノ酸系サプリをチャージ。
今回はアミノ酸系サプリを携行してマラソンに臨みました。

15kmほど過ぎると、昭和っぽいレトロな街並みが続きました。
こういうのどかな場所を眺めながら走るのもいいものです。
11時半頃、20kmを過ぎました。
ここでサプリチャージ。

昭和の街並みを抜けると川沿いの道。
もうすでに25kmを過ぎ、後半戦。
このあたりから疲れてくる人もちらほら見かけました。

30km地点、最後のサプリをチャージ。
この30kmを超えたあたりからが大変だったなぁ…。
スタミナが落ちてきてるのがわかるし、走るスピードは落ち、足も痛くなりました。
さすがに30km超えると歩く人が続出、私も何度歩こうと思ったことでしょう。
しかし一旦歩くと再び走るのがとてもきついので、補給やトイレ以外は極力走るようにしました。

40km近く、残りは足の痛みとの戦いでした。
市街地が見え、ゴール地点の熊本城が見えた時はホッとしたものです。
いよいよ熊本城、ゴールまであと少し。
ところがどっこい、この熊本城のゴールまでが登り坂。
最後の最後で登り坂に出くわすとは…(トホホ)。

足の痛みをこらえつつ坂を登ると…。
沿道で友人らが応援に駆けつけてるではないか!!!!
嬉しさのあまりその時だけは足の痛みを忘れ、友人らとハイタッチ!!!!
感激も束の間、坂道はしばらく続きました。

坂道を登り詰めるとようやくゴールが見えてきました。
ラストスパート!!!
足が痛いので全速力では走れませんが、最後の気力を振り絞り


熊本城マラソン007

ゴール!!!!

42.195kmを5時間15分で完走!!!

那覇マラソンで5時間半かかったので記録更新されました。
(もしかしたらアミノ酸サプリが功を奏したのかもしれません)
実際のところトイレに4回ほど行ったので、その間のロスタイムを鑑みると実質5時間弱で走ったのではないかと思います。
次にフルマラソン出る時は4時間台を目指したいですね。

走り終えた後は足がガクガク、ちょっと歩くだけでもすごく痛かった~。



着替えを済ませ、応援に来た友人らと合流。
帰りのバスの時間まで軽く食事をしながら、マラソンの話などで盛り上がりました。

バスセンターに向かい5時半のバスで福岡へ。
友人らとここでお別れ、寂しいなあ…。
バスの窓から友人らに手を振りつつ、熊本を後にしました。

マラソン疲れでバスの中では爆睡、気がつくと福岡に着いていました。
こうして熊本城マラソンの旅は無事終了。


熊本城マラソン008
今回の参加賞
Tシャツ、タオル、メダルなど賞品が豪華でした


熊本城マラソン009
完走証


熊本城マラソン010
今回の残念賞
ウエストバッグ
これに携帯やスマホ、サプリなどを入れて走ります。
通販で購入したのですが、商品が届いたのはマラソン大会後でした(残念)。



     あとがき

2度目のフルマラソン、とてもきつかったけど達成感、充実感がありました。
那覇マラソンから記録更新できたのも嬉しい。
走ったその日は足がものすごく痛かったけど、翌日は痛みの7割ぐらいは取れていて普通に仕事ができました。
参加したランナーの皆さんは翌日の仕事が大変だったことでしょう。

今回参加したランナーの皆さん
大会をサポートしてくださったボランティアの皆さん
沿道で応援してくださった多くの皆さん
本当にお疲れ様でした!!!
皆さんのおかげで無事完走することができました。

本当にありがとうございました!!!


今回熊本に来たのは、マラソンだけでなく旧友に会うのも楽しみの一つでした。
久々に再会して積もる話で盛り上がったり、マラソンの応援にも駆けつけてくれて本当に嬉しかったです。
この場を借りてお礼申し上げます。

本当にありがとう!!!

熊本城マラソン、一応来年も出る予定です。
(同時期に開催される東京マラソンの抽選結果次第です)



     おまけ写真


熊本城マラソン011

熊本城マラソン012
熊本で見たレトロな風景


熊本城マラソン013
熊本城の入口にある加藤清正公の銅像

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れさまでした!
完走おめでとうござます!今回は沿道からの応援でしたが、ランナーが羨ましく思いました。今からトレーニングして完走できる目処がたてば来年は、、とかなり影響されました!
2013/02/22(金) 23:33:13 | URL | mike #-[ 編集]
mikeさん、先日は応援に駆けつけてくれて本当にありがとうございました。
おかげで最後まで頑張ることができました。
マラソンを見たことでmikeさんのアスリート魂に火がついたようですね。
いつの日か共に走れたらいいですね!!!!
2013/02/23(土) 19:51:47 | URL | doruhin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック