日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年05月21日 (火) | 編集 |
沖縄旅行記9 037



     5月3日(金)

午前6時45分起床。
窓の外は晴れ。
朝食を食べるため、食堂へ行きました。


沖縄旅行記9 038
朝食は前日の夕食に比べ、質素な気がします。
(もっとも、私は朝そんなに食べないので十分な量でしたが…)


食後準備を整え、チェックアウト。

午前8時45分出発

沖縄一周サイクリング2日目の始まりです。


沖縄旅行記9 039
出発するといきなり国頭トンネルがありました。
この先いくつかトンネルを抜け、沖縄本島最北端の辺戸岬へと向かいました。


沖縄旅行記9 040
遠くに見えるのは大石林山
さすがにそこまでは行きませんでした(苦笑)。


沖縄旅行記9 041
やんばる(沖縄本島北部)の道はアップダウンが多いと聞いていたので「これから大変だろうな~」と予感させます(汗)。


9時45分、辺戸岬に到着。


沖縄旅行記9 042
ここから本土復帰を願い、与論島にのろしを上げていたそうです。
晴れていたので遠くに島を望むことができました。


沖縄旅行記9 043

沖縄旅行記9 044
辺戸岬から望む風景。
絶景ですな。


沖縄旅行記9 045
はるか遠くに見えるのはヤンバルクイナの展望台


風景を十分に堪能し、辺戸岬を後にしました。
走り出すとすぐ登り坂が私の目の前に立ちはだかりました。
私的にはそれほど急な坂とは思いませんでしたが、いかんせん坂の長さがハンパない。
どれだけ登ればいいのか…。
心が折れそうになりました。

やっとの思いで登りつめたら今度は下り。
下り坂はスピードが軽く40~50km出るので実に痛快!!!
(もっと出るかも)

坂道を抜け、奥集落に到着。
奥は本島最北端の集落でお茶の産地でもあります。


沖縄旅行記9 046
集落には無数のこいのぼりが空を舞っていました。


沖縄旅行記9 047
奥共同店に立ち寄り、パンと飲み物を購入。
共同店とは地元の住民が共同出資、運営するお店。
驚くことにこの奥共同店は100年以上の歴史があります。


座ってパンを食べていると、隣に居合わせた男性が私に話しかけて来ました。
このお兄さん、東京から沖縄に移住して9年経つとのこと。
(それを聞くと私も移住にちょっと憧れますね…笑)
私が自転車で沖縄一周してることを話すと驚いた様子。
お兄さんはサーフィンが好きで時々海に行くとも話してました。

サーファーのお兄さんに挨拶し、奥共同店を後にしました。


沖縄旅行記9 048

沖縄旅行記9 049
奥集落から少し行ったところにある奥橋を境に国道58号線から県道70号線に変わります。
ここは沖縄における58号線の起点です。
(ちなみに国道58号線は鹿児島から続いています。陸続きじゃないのにね…)


沖縄旅行記9 050
走っている途中、亀のオブジェのある東屋が。
親亀の背中に子亀がいます。


アップダウンの道は相変わらず続きます。
そんな時、思いがけぬものを発見!!!
それは…


沖縄旅行記9 051
ヤンバルクイナ!!!!!

まさか目撃するとは!!!


沖縄旅行記9 052
拡大した写真。
紛れもなくヤンバルクイナですね。


大きさはニワトリくらいのサイズでした。
道路をちょこちょこ歩いていて、脇には5,6羽のひな鳥もいました。
実際に目にするとは思いもしなかっただけに感激でした。
(実はもう1回目撃したのですが、カメラを取り出している間に隠れてしまいました)

ヤンバルクイナにしばし歓喜した後、さらなる道を進みました。
アップダウンはまだまだ続きます。
下り坂で喜んだのも束の間、また登り坂。
それの繰り返し。
そんな時は下り坂を全速力で走って、その勢いで登り坂を登ります。
気がつけば、下り坂で助走をつけ、登り坂を少しでも楽に登る走り方がいつの間にか身についていました(笑)。


沖縄旅行記9 053
時々風景をカメラで撮りながら走っていました。
いい眺めです。


沖縄旅行記9 054
11時半、楚洲(そす)共同店に着きました。
ここで一休み。


アイスを食べながら休んでいると、車に乗ったおじさんに話しかけられました。
しばし自転車のことを話していると、このおじさんも自転車に乗るとのこと。
車を見ると、何とロードバイクが後部座席に積んであるではないか!!!!
自転車を愛好する同志に出会い、嬉しさを感じました。
このおじさんは本島南部からこちらに来ていて、どこかの駐車場に車を停め、そこを拠点に走るつもりだったらしい。
ひとしきり話した後、おじさんは私に挨拶し、車で走り去りました。
この後おじさんは自転車で走るのでしょうか?
おじさんが去って5分もしないうちに私も出発しました。
(つづく)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。