日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年09月11日 (水) | 編集 |
10日ほど前になりますが、約5年半ぶりにパソコンを組み立てました。
WindowsVISTAからWindows8にアップグレード。


実をいうと私は自作パソコン派で、メーカー製パソコンを購入したことは一度もありません。
友人から自作パソコンを払い下げてもらって以来、パソコンはパーツを買ってきて”組み立てるもの”だと思っております。


当初は今までのパソコンのパーツを使い回す予定でしたが、結果的にはほとんどのパーツを一新することになりました。
リアル店舗でパーツを購入した前回と違い、今回はリアル店舗で現物を見て検討した上で通販にて購入。
かなり安く手に入ったと思います。
大変だったのはパーツを購入するタイミング。
PCパーツは価格の変動が激しく、購入した翌日に価格が1000円以上跳ね上がったパーツもあれば、逆に価格が下がったところを狙って購入したパーツもあります。


パソコン001
全てのパーツがそろったのは組み立てる3日前。
今回購入したパーツについてざっくりと説明します。


パソコン002
OS:Microsoft Windows8 DSP版 64bit
これがないとパソコンは動きません。
Windowsには32bitと64bitの2種類あり、一般的なパソコンは32bitが多いのですが、最近では64bitも増えてきているようです。
違いは32bitがメモリを4GBまでしか搭載できないのに対し、64bitは32GB搭載できます。
メモリが多い方が処理能力が高いのと、これからは64bitが主流になるだろうと思い、64bitにしました。


パソコン003
マザーボード:ASUS H87M-PRO
パソコンの各パーツをセット、接続する基盤。
CPUの種類によって使える基盤が決まってくるので、今回買ったCPUに合うものを選んで購入。


パソコン004
CPU:Intel Core i5 4570s
パソコンの頭脳ともいうべきパーツ。
今回使ったCPUは第4世代Core iシリーズ(HASWELL)と呼ばれるもので、今年発売されたばかり。
最近のCPUは処理能力が高いものが多く出ています。
ただし処理能力が上がるとそれなりに消費電力も上がってくるので、私は省電力モデルのものをチョイスしました。


パソコン005
SSD:CFD CSSD-S6T128NHG5Q
今回初めて使ったパーツで、今までのHDD(ハードディスク)に相当するパーツ。
違いはHDDはデータをディスクに記録、SSDはフラッシュメモリに記録。
SSDは読み出し速度が速いのでパソコンの起動やアプリケーションの立ち上がりの速さが期待できます。
ただし容量が少ないのが欠点。
そこでOSやアプリケーションはSSD、写真や音楽などのデータは今まで通りHDDに入れることで使い分けます。


パソコン006
メモリ:CFD W3U1600HQ-8GC11
データを一時的に記憶させるパーツで、メモリの容量が多いほど処理能力が高くなります。
Windows8 64bitの場合32GBまで搭載できるので、16GB搭載しました。
ヒートシンクのデザインがなかなかカッコいいですね。
(ケースを閉じてしまえば見えませんが…笑)


パソコン007
グラフィックボード:SAPPHIRE HD6450 1G DDR3 PCI-E HDMI/DVI-D/VGA
映像を司るパーツ。
パソコンでゲームをする人にとっては必須のパーツですが、私はパソコンではゲームをしないし、動画もたまに見る程度なのでローエンド(あまり性能が高くないもの)のものをチョイス。


パソコン008
ブルーレイドライブ:PIONEER BDR-208XJ/WS
パソコンを新たに組み立てるに当たり、ディスクドライブをDVDからブルーレイに一新。
ブルーレイの映画などを見るのはもちろんのこと、ブルーレイディスクにデータを書き込むこともできます。


パソコン009
電源:ANTEC EE550 PLATINUM
当初は前の電源を使い回す予定でしたが、第4世代Core iシリーズ(HASWELL)の場合、不具合が発生する恐れがあるとのことで、それに対応したものを購入。
電源も高いものほどエネルギーの効率がよく省エネにつながるので、意外とあなどれないパーツです。



8月31日、午後4時、組み立て開始!!!


パソコン010

パソコン011
ケースを使い回すので、ケースからすべての部品を取り除きました。


パソコン012

パソコン013
その後、新しい部品を組み立て。
CPUやメモリをマザーボードに取り付けました。


パソコン014

パソコン015
マザーボードをケースに取り付け、さらにSSD、ブルーレイドライブなどをケースに取り付け。
配線を済ませ、本体は完成。


パソコン016
Windows8をインストール。


パソコン017

そして、完成!!!

文章で書くのは簡単ですが組み立てには結構時間がかかり、インストールが終わったのは午後9時。
5時間ぶっ通しで作り上げました。
(まあ、手際よくやれば3時間ぐらいでできそうですが…汗)


とりあえず動かせる状態になったのでいろいろやってみました。
驚いたのは…

起動、シャットダウンが速い!!!!

今までのパソコンでは起動に2分近くかかっていたのが、新しいパソコンでは30秒もかかりません。

そしてアプリケーションの立ち上がりも早い!!!!

ここまで速さを実感するとは思いもしませんでした。


こうして、用途の割には”無駄にハイスペックなマシーン”が完成しました(爆)。
無駄にハイスペック…これでいいんです。
一応10年持つパソコンを目指して組み立てたつもりですから…(笑)。


新しいパソコンで新しいパソコンライフ、最高です!!!
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。