日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年10月25日 (金) | 編集 |
『第9地区』ニール・ブロムカンプ監督作品。
未来、富裕層は”エリジウム”と呼ばれるスペースコロニーに住み、貧困層は荒廃した地球に住んでいるという設定。
いたって普通のSF映画でしたね。
『第9~』のようなひねりやインパクトが感じられなかったのが残念。
とはいえ、人種差別や格差社会といった現実に起きている問題をSFに置き換えて表現する手腕はなかなかのもの。
今回のマット・ディモンの役どころは痛々しいというか、ドMですな…。
冒頭の骨折に始まり、不慮の事故で被曝し、さらには養成ギプス(?)みたいなものを装着させられ…と痛々しい限りです(汗)。
SFということでメカやアイテム類も見もの。
中でも医療用ポッドはすごい!
白血病などの難病はもとより、爆風で損傷した顔面さえも再生してしまうのだから恐るべし。
これが本当にできたらお医者さんは商売上がったりですね(笑)。
余談ながら二極分化した社会が舞台ということで、昨年観賞した『トータル・リコール』、さらにはアニメ『戦闘メカ・ザブングル』に出てくるイノセントとシビリアンを思い出しました(古っ!)。
『第9~』が好きだった人は今回ハードルを下げて観賞した方がいいでしょう(苦笑)。

★★★☆☆ 65点


エリジウム [Blu-ray]エリジウム [Blu-ray]
(2014/02/05)
マット・デイモン、ジョディ・フォスター 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。