日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年11月14日 (木) | 編集 |
ツールドおきなわ001


11月9日・10日、沖縄へ行って来ました。
今回の旅の目的はツール・ド・おきなわに参戦するため。

ツール・ド・おきなわは県内はもとより日本、さらには世界からサイクリストが集う、まさに自転車の祭典。
私にとって念願のツール・ド・おきなわへの出場がついに実現!!!
今回私が出場したのは沖縄中北部を100km走るチャレンジサイクリングコースです。




     11月9日(土)


午後2時の飛行機で沖縄へ。
到着後レンタカーを借り、一路名護へ。

名護へ向かったのは大会受付をするため。
駐車場に車を停め、受付会場へ。
受付を済ませた後、那覇へとんぼ返り。
名護の宿は出場者が早い時期から抑えてあるようで取れなかったので今回は那覇に泊まることに。

那覇に戻ったのは午後7時半頃。
今回は珍しく定宿の照美荘ではなく、以前泊まった沖縄船員会館
この宿は低価格ながらもビジネスホテル並のアメニティがあるのでいいです。
(もちろん船員以外の方も泊まれます)
今回あえて照美荘にしなかったのは、次の朝のチェックアウト時間が早く、ご主人に悪いかな~と思ったので…。


ツールドおきなわ002
チェックインを済ませ、部屋に荷物を置きました。
よくよく考えると昼食を食べてなかったので、夕食をとることに。


ツールドおきなわ003
船員会館内に併設するレストラン、いかり屋へ。
「オイッス!!!!」


ツールドおきなわ004
ステーキを食べました。
「うまいっす!!!」
A1ソースをかけて食べると沖縄だな~って実感します。


食後、国際通り周辺を散策。
ぶらぶら歩いていると、OPAが閉店していたのにびっくり。
この後はドンキになるらしい。

ひとしきり歩き回って部屋に戻ったのは10時頃。
お風呂に入った後、テレビをちょっと見て11時半就寝。




     11月10日(日)


午前5時20分起床。
パンを食べ、身支度を整え、6時前にチェックアウト。
外はまだ暗かったです。

車で一路名護へ。
途中までは一般道を走っていましたが、石川から許田まで高速に乗りました。
名護についたのは午前7時過ぎ。

駐車場に車を停め、自転車をセッティング。
スタート地点である名護市役所前に着いたのは7時20分ごろ。


ツールドおきなわ005
多くの人、自転車が集まっていて、緊張感が高まります。

午前7時52分、スタート!!!

名護市を出てすぐに東海岸方面へ向かう登り坂。
チャレンジサイクリングコース最大の難所で、初めて出場する人や登り坂が苦手な人は心が折れそうになるかも(?)。
私は5月に体験済みだったので難なく登れました。
(とはいってもそれなりにきつかったけど…)
坂を下り、辺野古、漢那を過ぎ、午前9時頃、最初の休憩ポイント、未来ぎのざに到着。


ツールドおきなわ006
ここまでの距離は約25km、早くも4分の1を走破。


補給を済ませ一息ついた後、出発。
しばらく走った後、右折。
今度は西海岸方面へ行く道。
多少のアップダウンはあったものの、最初の坂に比べれば楽勝そのもの。
坂を下りると国道58号線に合流。
58号線を南下、10時頃第2の休憩ポイント、おんなの駅に到着。
走った距離は約50km、すでに半分の距離を走ってしまった。
もしかしたら昼頃にゴールするのでは?と、その時は思いました。


ツールドおきなわ007
おんなの駅、女ではなく恩納と書きます。


休憩後、出発。
ここから金武方面に向かい走りましたが、さしたるアップダウンはなく淡々と走っておりました。
とはいえ、この辺りから多少疲れを感じていたのも事実。
金武に到着したのは11時半頃、距離は約65km。


ツールドおきなわ008

ツールドおきなわ009
第3の休憩ポイント金武アクティブパーク
ここで昼食でした。


ツールドおきなわ010

ツールドおきなわ011
昼食は金武名物のタコライス
めちゃ美味しかった~。
もう1パック食べたかったほどです。


食後、周辺をぶらぶら見物した後、出発。
少し進んで左折。
宜野座から少し進んで西海岸へ向かう時に走った道を再度走りました。
58号線に合流したら今度は北上。


ツールドおきなわ012
しばらく進むと12時50分頃、最後の休憩ポイント、幸喜公園に到着。
ここまでの距離は約83km、ゴールはもう間近。


ツールドおきなわ013
ここからの海の眺めは素晴らしかったです。


ラストまでもう一息、出発。
海岸通りをしばらく進み、名護市街へ。
ここでとんでもない場面に遭遇。
何と自転車の渋滞にはまってしまったのだ!!!!
ゴールはすぐそこだというのに…。
これは想定外でしたね~。
結局15分~20分ほどだらだら進み、やっとゴールする有様。

午後1時半頃、ゴール!!!

何だか締まらないゴールではありましたが、無事完走出来て何よりでした。

   走行時間:4時間19分

   走行距離:93.80km
(あれっ?100kmじゃなかったのね…苦笑)


ツールドおきなわ014
ゴール後完走証をもらい、しばし休憩。


完走の喜びも束の間、その日の内に飛行機に乗って帰るので駐車場へ。
自転車を解体し、着替え、午後2時45分頃、那覇へ向かいました。
帰りは一般道を走ったので何度か渋滞にはまり、着いたのは4時半を過ぎていました。

レンタカーを返却して空港へ送ってもらい、荷物を預けました。
ツール・ド・おきなわの時は手荷物を預ける際に混むと聞いていたのですが、10分ほどで荷物を預けることが出来ました。

荷物を預け、国際通りへ。
本当はお土産をあれこれ買おうと思っていたのですが、何か体調がすっきりしない…。
結局何も買わず、夕食をちゃちゃっと済ませて空港に戻ってきました。
職場用のお土産を空港で買うにとどまりました。

午後8時10分発の飛行機で福岡へ。
福岡に到着したのは午後10時前。
こうしてツール・ド・おきなわの旅は無事終了。
今回は自転車で走るため沖縄に行ったようなもので、旅という実感はあんまりなかったですね(笑)。


今回ツール・ド・おきなわに初参戦しましたが、5月に沖縄本島一周という体験をしたこともあり意外と楽勝でした。
本当は2日間で328km走る沖縄一周サイクリングコースに出場したかったのですが、2日間で長距離を走るとなるとある程度練習が必要だし、出るために休みの確保もしなければなりません。
でもいつかぜひ出てみたいと思っています。




     今回の参加賞


ツールドおきなわ015

ツールドおきなわ016
Tシャツはスマホのアイコンみたいなデザインですね。
金武名物タコライスの素、ツール・ド・おきなわのクッキー、草履の形をしたストラップ。


ツールドおきなわ017
完走証。



     おまけ写真


ツールドおきなわ018
名護市民会館入り口で見つけたアグー豚の像。
黒光りするアグー豚はちょっと不気味で、子供が見たら泣き出しそうですね。


ツールドおきなわ019
未来ぎのざにはどういうわけか”真実の口”がありました。
宜野座とイタリアの友好と交流を図るということで設置されたようです。
口に手を入れる人はほとんどいませんでしたが…。


ツールドおきなわ020
山芋スーブって一体???
帰って調べたところスーブとは勝負のことで、毎年12月頃に山芋の大きさを比べ競うイベントだそうです。
ちなみに”スープ”ではありません、念のため。



今年1年の内に沖縄に3回も行くとは思いもしませんでした。
しかも3回とも自転車で走るのが目的。
沖縄の青い空、青い海を眺めながら自転車で走るのは最高です!!!
3回沖縄を自転車で走って、沖縄はまさに自転車の聖地だな~と実感しました。
また沖縄で走りたいなぁ…。


沖縄旅行記 ~ツール・ド・おきなわ編~(おわり)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。