日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年09月09日 (火) | 編集 |
長崎ツアー014

最初から読む


山王神社から車で数分、平和公園近くの駐車場に車を停めました。
ここから先は路面電車で移動。
(長崎の市街地はけっこう車が多いので運転は大変です)
電車で約15分、午前10時頃、常盤埠頭に到着。
長崎ツアー2日目は何と、かねてより行きたかった軍艦島ツアーに参加しました!!!


長崎ツアー015
受付を済ませ、しばし待つと乗船の案内が。
すかさず船に乗り込みました。
船に乗ってしばらくの間はビデオ上映やガイドさんの説明がありました。
乗客が全て乗り込み、10時50分頃、出航。


軍艦島までの移動時間は約30分。
その間、周辺に見える建物や島についてガイドさんが説明してくれました。


長崎ツアー016
軍艦島の本当の名前は端島(はしま)
軍艦に似ていることからいつしか軍艦島と呼ばれるようになりました。
元々は岩礁に過ぎない島でしたが、石炭が発見され採掘されるようになってから周囲が埋立てられ、現在の形になりました。
最盛期には5千人以上いた人口もエネルギーが石炭から石油に移行するにつれ減少。
1974年の閉山とともに無人島となり、現在に至ります。


約30分後、軍艦島が見えてきました。


長崎ツアー017

!!!…………

すっかり廃墟となった島を目の当たりにして、しばし絶句。
かつてこの島が多くの人々で賑わっていたとは、にわかに信じがたいものがあります。


長崎ツアー018

長崎ツアー019

長崎ツアー020

長崎ツアー021
まずは島の周辺をクルーズ。
島を回りながら建物などの説明がされました。
猫の額ほどの小さな島に住宅、学校、病院はもとより、映画館や遊技場さえもあったというから驚きです。


長崎ツアー022
高台にある三角屋根の建物は神社。
島の人々の心の拠り所だったのでしょう。


長崎ツアー023
建物と建物の間が渡り廊下でつながっています。


長崎ツアー024
島の外壁のところどころにある穴は排水口。
そう、ここから下水垂れ流し状態(うわっ!)。
当然ながら島の周りは遊泳禁止になっていました。
とはいえ「やるな!」と言われたらやりたくなるのが子供。
島の周りで泳いだばかりに体を壊し入院した子もいたとか…。


長崎ツアー025
この島には当時としては珍しい鉄筋コンクリート造りのアパートがあったというから驚きです。
また、この島に住んでいた人は給料がよかったこともあり、テレビの普及率も高かったそうです。
小さい島ながらもこのような先進的な部分があったことにも驚かされます。


長崎ツアー026
島の高いところにある灯台。
人が住んでいた頃は家の灯りで島があることが分かりましたが、無人島になってからは真っ暗なので灯台が作られたそうです。


長崎ツアー027
一番軍艦っぽく見えるスポットから撮影。
どうです、軍艦に見えません?
大戦中は軍艦と間違えられて砲撃されたほどです。


長崎ツアー028
島の周辺をぐるりと見て回った後、いよいよ島へ上陸。


長崎ツアー029
廃墟となった島の姿にただただ目を奪われました。


長崎ツアー030
この高い場所にある建物は会社でも重役や幹部クラスの人や家族が住んでいたそうです。
まさに”山の手”ですね。


長崎ツアー031
レンガ造りの壁。
何か西部劇に出てきそうな感じです。


長崎ツアー032

長崎ツアー033

長崎ツアー034

長崎ツアー035

長崎ツアー036
この島がかつて多くの人で賑わってたこと、日本の繁栄を支えてきたことを考えると感慨深いものがあります。
往時の賑わいに思いを馳せながら島内を見ておりました。


長崎ツアー037
この丸いコンクリートの物体はクレーンの土台でした。


長崎ツアー038
この島は見ようによっては要塞に見えなくもありませんね。
見ていて秘密基地遊びや探検ごっこをしていた子供の頃をちょっぴり思い出しました。


長崎ツアー039
上陸して約1時間弱、そろそろ船に戻る時間。
廃墟と化したこの島を万感の思いでしばし眺めた後、船に乗り込み、軍艦島を後にしました。


軍艦島、実に見応えありました!!!

ガイドさんの説明も非常に素晴らしく、島について時には分かりやすく、時には面白おかしく語ってくれました。
島に関するうんちくやこぼれ話なども大変興味深かったです。
軍艦島ツアー、機会があればまた行きたいですね。


船は30分ほどで常盤埠頭に到着。
時間を見ると午後1時。
そろそろお腹空いたな…。
ガイドさんに挨拶し、常盤埠頭を後にしました。
(つづく)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。