日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年12月22日 (月) | 編集 |
12月中旬に鑑賞した映画です。




     『インターステラー』

『ダークナイト』『インセプション』クリストファー・ノーラン監督作品。
移住可能な惑星を探索する壮大なミッションのみならず、家族の絆をも描いた、まさにSF大作と呼ぶにふさわしい作品でした。
惑星探索ミッションは手に汗握るスリリングな展開で『ゼロ・グラビティ』や『インセプション』にも通じる部分があります。
主人公クーパーが娘マーフからのビデオレターを見るエピソードに思わず涙しました。
それにしてもノーラン監督、毎回凄い作品を作ってくれますね。
圧倒的な情報量や映像、ストーリーを一気に見せ切る手腕、そしてそのアイディアにはただただ脱帽するばかり。
3時間近い長尺ながらも観応えある作品でした。

★★★★☆ 90点


インターステラー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/3枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]インターステラー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/3枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
(2015/04/08)
マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ 他

商品詳細を見る





     『フューリー』

久々に戦争映画の傑作と呼べる作品に出会った気がします。
(個人的には『プラトーン』以来の衝撃でした)
バトルシーンの迫力がハンパなく、とりわけシャーマン戦車4台とドイツ軍ティーガー戦車(何と本物を使って撮影!)の戦い、そして身動きが取れなくなったフューリー号と300人のドイツ兵との戦いは見もの。
ブラット・ピットをはじめとする役者さんの演技も実に素晴らしく、5人の男たちの絆に胸が熱くなりました。
とはいえ今作は戦争映画、目を背けたくなるような戦争の残虐さ、悲惨さ、愚かさ、虚しさ、そして戦争に対する”激しい怒り(フューリー)”を観る者に容赦なくぶつけてきます。
観終わって、平和な時代に生まれたことに感謝せずにはいられませんでした。

★★★★☆ 85点


FURY / フューリー [Blu-ray]FURY / フューリー [Blu-ray]
(2015/03/18)
ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ 他

商品詳細を見る





     『ゴーン・ガール』

『ベンジャミン・バトン』『ドラゴン・タトゥーの女』デビッド・フィンチャー監督作品。
ありがちなサスペンスかと思いきや、予測不可能な展開に翻弄されっ放し。
二転三転する中盤以降の展開に「あれれれ、一体どうなるの???」といちいち驚きながら観ておりました。
ラストは落ち着くべきところに落ち着いたかな~って感じ。
役者さんの演技、とりわけエイミー役のロザムンド・パイクの演技に圧倒されました。
ミステリーやサスペンスというよりは「結婚とは何ぞや?」と観る者に問いかけるような作品だったと思います。
カップルや既婚者、あるいは婚活中の人は心して観た方がいいかも?(笑)

★★★☆☆ 70点


ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
(2015/04/03)
ベン・アフレック、ロザムンド・パイク 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。