日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年08月13日 (木) | 編集 |
7月下旬~8月上旬に観た映画です。



     『ターミネーター:新起動/ジェニシス』

前作の続きと思いきや、1、2作目をベースにしたリメイクっぽい内容。
(結局4作目は何だったんでしょう????)
生みの親であるジェームス・キャメロン監督が絶賛していることもあってか、ストーリーはうまくまとまっていたと思います。
過去作のアイディアがいろいろ散りばめられていて、ファンなら思わずニヤリとさせられる場面も。
惜しむらくはキャスティング。
ジョン・コナー、3作目ほどひどくはないものの思いっきり悪人面。
(顔の傷については何も語られず…謎)
サラ・コナーも童顔なので今までのイメージとはちょっと違うかなぁ…。
出番少なかったけどT-1000を演じたイ・ビョンホンはなかなかハマっていたと思います。

★★★★☆ 75点

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』



     『バケモノの子』

『時をかける少女』『サマーウォーズ』細田守監督作品。
人間の九太とバケモノの熊徹、2人の絆と成長がじっくり描かれていていました。
渋谷の街やバケモノたちが住む渋天街のビジュアルや終盤のクジラが出てくるラストバトルは圧巻。
心の中の剣のエピソードにも胸が熱くなりました。
キャスティングはバッチリだったけど、バケモノの世界を統べる宗師津川雅彦さんそのまんま(笑)。
人間世界のエピソードにやや蛇足感がありましたが、よく作り込まれた作品だったと思います。

★★★★☆ 80点

『バケモノの子』
 


     『コンフェッション 友の告白』

テレビで予告編を観て面白そうだったので観に行きました。
ある事件を機に3人の男たちの友情が破綻していく様を描いたドラマ。
内容が内容なだけに救いのないストーリーではありました。
1人の友人のためにある計画を遂行したら想定外のことが起きてしまい、思いがけぬ展開へ…
完全犯罪ものによくありがちなパターンですね。
謎解き要素やアッと驚くようなオチがあまりなかったのでやや拍子抜けした感も。
役者さんの演技や話のアイディアは悪くなかったのですが…。

★★★☆☆ 65点

『コンフェッション 友の告白』



     『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』

人気漫画の実写版。
さほど期待してなかったのですが、まずまず楽しめました。
冒頭に登場する巨人は圧巻、こんなのが襲ってきたら怖いだろうな~。
わさわさ出てくる巨人の表情や人間を食うシーンも不気味。
個人的には石原さとみさんのハイテンションな演技がツボでした(笑)。
ストーリーや世界観などは原作と若干違うようで、この辺が原作ファンの好みが分かれるところかも。
後編にも期待。

★★★☆☆ 70点

 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。