日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年10月29日 (木) | 編集 |
北海道旅行記 131

初めから読む


北のウォール街と呼ばれるエリアを散策しました。


北海道旅行記 132
おしゃれなレンガ造りの建物は旧向井呉服店支店倉庫で1907年築。
現在はカフェバーCANAL運河として営業しています。


北海道旅行記 133
旧三井物産小樽支店(松田ビル)
黒と白のツートンカラーが一際目を惹きます。
1927年築、当時としてはモダンなセンスだったんでしょうね。


北海道旅行記 134
旧北海道銀行本店
1912年築、現在は小樽バイン(ワインの販売、飲食店)として営業。


北海道旅行記 135
旧北海道拓殖銀行小樽支店
1923年築、現在はホテルヴィブラントオタルとして営業。


北海道旅行記 136
旧第一銀行小樽支店
1924年築、現在は洋服工場として活用されています。


北のウォール街を見て回った後、小樽運河に再びやってきました。


北海道旅行記 137

北海道旅行記 138
昼の小樽運河、夜とはまた違った風情がありますね。
小樽運河は時間帯や季節によっていろんな表情を見せてくれます。
(個人的には雪景色を見てみたいな~)


北海道旅行記 139
運河は多くの観光客でごった返していました。


北海道旅行記 140
運河のすぐそばにあるのは小樽出抜小路
複数の飲食店が集まった屋台村です。


北海道旅行記 141
運河からちょっと行くと、川に魚が泳いでいるのを発見。
よく見ると鮭でした。
(最初は錦鯉かと思いました)
鮭が泳ぐのを見るのは初めてでした。


小樽で最後の観光は境町通り
ここは海産物、フルーツ、スイーツ、カフェ、ガラス工芸、オルゴールなどの店が立ち並び、お土産目当てに多くの観光客で賑わうスポットです。


北海道旅行記 142
小樽大正硝子館
ガラス製品を扱うお店のようです。
建物は1906年築。


北海道旅行記 143
小樽浪漫館
中はカフェや雑貨店がありました。
元は旧百十三銀行小樽支店で1908年築。


北海道旅行記 144

北海道旅行記 145

北海道旅行記 146
味わい深い建物が並んでいますね。


北海道旅行記 147
北一ベネツィア美術館
中は見ませんでしたがすごくおしゃれな建物でした。


北海道旅行記 148
ルタオ本店
女子に(男子にも?)人気のスイーツのお店。


北海道旅行記 149

北海道旅行記 150

北海道旅行記 151
小樽オルゴール堂
食べ物以外のお店で唯一入ったのはここ。
店内には素敵なオルゴールが所狭しと置かれており、次から次へ目移りしました。


境町通り、お土産はもちろんのこと、建物も見ていて楽しかったです。
まさに”一粒で二度美味しい”です(笑)。
今回の旅のお土産、大半はここで買いました。

気が付くともう12時半過ぎ。
そろそろ小樽を発つことに。
その前に昼食をとりました。


北海道旅行記 152

北海道旅行記 153
石川屋にてもりそばを食べました。
(朝からガッツリ食べたので昼は軽めにしました)


北海道旅行記 154
そばを食べた後、小樽駅へ。
快速エアポート140号に乗り、札幌へ向かいました。


北海道旅行記 155

北海道旅行記 156
車窓から解体中の観覧車や北の海をぼんやり眺めていました。


午後2時過ぎ、札幌に到着。
夕方まで札幌の街を散策しました。


北海道旅行記 157

北海道旅行記 158
狸小路と呼ばれるアーケード街。
土産物屋や飲食店などが立ち並んでいました。


北海道旅行記 159

北海道旅行記 160
大通公園
札幌市街の東西に伸びる公園。
ちょうど”さっぽろオータムフェスト”というイベントが開催されていて、多くの人で賑わっていました。


北海道旅行記 171
公園内にはとうきび売りの屋台。
あいにく店じまいしていたので食べそびれました(残念)。


北海道旅行記 161
札幌テレビ塔
”何とかと煙は高いところに登る”の言葉通り登りました(笑)。


北海道旅行記 162

北海道旅行記 163

北海道旅行記 164

北海道旅行記 165
テレビ塔から見た札幌市街。
「何か名古屋に似てるな~」というのが正直な感想。
(実際は逆で、戦後焼け野原となった名古屋は札幌をモデルに街づくりを行ったそうです)
札幌の街は整然とした街並み。
心なしか福岡よりも高いビルが多い気がします。


北海道旅行記 166
遠くに札幌ドームが見えました。


北海道旅行記 167
右端に観覧車も見えました。


午後5時半。
すっかり夕焼け空、少し早目の夕食をとることに。


北海道旅行記 168
北海道で最後の晩餐はジンギスカン。
羊肉は臭みがあるというイメージを持っていましたが、食べてみると肉に臭みは全くなく、美味しくいただきました。


北海道旅行記 169
ひげのうしというお店にて食べました。
カウンターがあるのでおひとりさまでも気兼ねなく食べることが出来ます。


ジンギスカンに舌鼓を打った後、札幌駅へ。
18時55分発のエアポート186号新千歳空港へ向かいました。
3日間過ごした北海道を後にするのは本当に名残惜しい…。
旅の思い出を振り返りつつ、窓の外を見ておりました。
午後7時半過ぎ、新千歳空港に到着。
搭乗手続きを済ませ、空港内をぶらついていました。


北海道旅行記 170
新千歳空港は結構広いな~。
お土産屋さんや飲食店を物色してました。
空港内に食べてみたいラーメン屋さんが1軒あったのですが、行列が出来ていたのでまたの機会に持ち越し(惜しい)。


そろそろ飛行機に乗り込む時間。
帰りはバニラエアの飛行機。
北海道の旅も終わりを迎える時が来ました(泣)。
20時30分、離陸。
またいつか来ようと胸に誓いつつ、北海道を後にしました。

午後10時過ぎ、成田空港に到着。
今回の旅は行きも帰りも直行便ではなく東京経由でした。
成田からバスに乗り、日が変わって午前12時半頃東京都内のカプセルホテルに到着。



     9月24日(木)

午前5時起床。
朝一の飛行機に乗るため、ホテルをチェックアウト。
電車に乗り、羽田空港へ向かいました。

6時25分発のANA便で一路福岡へ。
8時10分到着。
こうして北海道旅行は無事終了しました。
(エピローグへつづく)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。