日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年09月11日 (木) | 編集 |
キャメロン・ディアス観たさに鑑賞しました(爆)。
ラブコメ映画を観たのは久しぶりです。


<ストーリー>
キャリアウーマンのジョイは結婚を目前にしてフィアンセにフラれ、ジャックは親の経営する家具工場をクビになります。
2人は憂さ晴らしのため、それぞれの友人と共にラスベガスにやってきます。
偶然にもこの2人はホテルで出会い意気投合、バカ騒ぎした勢いで婚約します。
翌日酔いが醒めた2人は婚約を無効にしようとしますが、別れる寸前スロットで何と300万ドル大当たり!!!
かくして2人は300万ドルの所有権を巡って騒動を繰り広げます。


究極の美男美女カップル!?(ブラピ夫妻といい勝負です)
キャメロン・ディアス、久々に観ましたが素敵でした。
「メリーに首ったけ」の頃からするとちょっと年取ったかな?って気もしますが、スタイルのよさは相変わらずです(おじさんは嬉しいです…笑)。
アシュトン・カッチャーも実に男前で、これほどのイケメンなら世の女性たちも放っておかないでしょう。
でも何でまた、よりによって16歳も年上のデミ・ムーアと結婚したんでしょう???
(もっとも外野がとやかく口を挟む事ではありませんが…)
デミ・ムーアも「ゴースト ニューヨークの幻」の頃はよかったなあ…としみじみ思います。

ストーリーはいたってオーソドックスなラブコメ。
まさにラブコメの王道を行く展開、軽快なテンポ、絵に描いたような結末……と意外性はそれほどなく、軽いノリの作品でした。
下ネタおバカ系な部分もありますが、2人の掛け合いは楽しかったです。

300万ドルを巡って子供のような意地の張り合いをする2人。
便座の説明を事細かに説明したり、キッチンで用を足したり、股間にポップコーン入れたりと……いい年こいた大人が何やってんでしょうね~。
まあ昼ドラみたくドロドロしてない分、ずっとましですが…。
300万ドルといえば3億円強ぐらいでしょうか?
半分でも相当な額なので折半すればいいのに……2人ともがめついです。
この2人にはそれぞれ友人がいて、彼らは2人の行く先々に金魚のフンのようについて回りますがよっぽどヒマ人なのでしょう(笑)。

ラブコメの王道を行く作品でしたが、主演の2人はとても魅力的でした。
やっぱラブコメはこうでなくっちゃ、と思います。


ラブコメといえば、今作とほぼ同時期に「セックス・アンド・ザ・シティ」も公開されました。
こちらはテレビドラマの映画化ですが、ドラマ未見なのでパス。
あと、アシュトン・カッチャーといえば「バタフライ・エフェクト」なかなか面白かったです。


ベガスの恋に勝つルール (完全版) [DVD]ベガスの恋に勝つルール (完全版) [DVD]
(2008/12/05)
キャメロン・ディアスアシュトン・カッチャー

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。