日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年09月24日 (水) | 編集 |
別の映画を観るつもりでしたが満席だったので、急遽この作品を鑑賞しました。
「下妻物語」「嫌われ松子の一生」中島哲也監督作品。


<ストーリー>
とある場所の病院、ここには一風変わった患者たちが入院しています。
中でも一代で会社を築いた大貫はわがまま放題で病院内のみんなの嫌われ者。
ある日大貫の前に絵本が大好きな少女パコが現れますが、大貫は邪険に突き飛ばします。
翌日、大貫に何事もなかったように微笑むパコ。
実は交通事故の後遺症で記憶が1日しかもたなかったのです。
パコと接していくうちに大貫の心に変化が起こります。
大貫はパコの心に何かを残したいと考え、パコの大好きな絵本の劇を病院のみんなでやることを思いつきます。


超極彩色学芸会ムービー!?
当初この映画を観ようとは思っていなかったのですが、観てみると想定外に楽しめました。
”映像表現がすごい映画”それぐらいの気持ちで観たところ、思った以上に笑ったり、泣かせるシーンもあり感動しました。
ある意味、掘り出し物的な映画です。こういう映画にめぐり合えると嬉しくなります。

実は中島監督の作品を観るのは初めてです。
映像表現に定評がある監督さんですが、誇張された映像表現や鮮やかな色彩はファンタジーな世界観にマッチしていたと思います。
後半、劇を演じる時のCGと実写が入り混じった映像は見事としか言い様がありません。
「これでもか!!」と言わんばかりに、次々に押し寄せてくる映像の洪水に圧倒されました。
本当にすごかったです。

ストーリーも泣いたり笑ったりと大忙しでした。
絵本の話と大貫の人生がうまくシンクロしており、最後は私も思わず号泣してしまいました。
…で、泣かすだけ泣かしといて、まさかあんな変化球が飛んでくるとは…実に巧いです。
笑いどころはベタな笑いがほとんどですが、中でも山内圭也さん演じるヤクザのエピソードはあまりにもしょうもないオチに大爆笑でした。

登場人物はコスプレ状態で最初見たときは誰だか分からないほど。
特に妻夫木聡さんは最初は本当に分かりませんでした。
役所公司さんも憎々しいほどのクソジジイっぷりでしたし、阿部サダヲさんや上川隆也さんのハイテンションな演技も楽しかった。
個人的には國村準さんのオカマ役が最高!!!いい味出してました。
少しばってん荒川さん(故人)に似てます…(笑)。
そして何といってもアヤカ・ウィルソンさん演じるパコがとても可愛らしかったです。
名前からするとハーフの子でしょうか?洋画に出てくる子役を思わせる顔立ちです。
「ゲロゲーロ」と絵本を朗読するところなんかホントたまりません!!!
超可愛過ぎます!!!


1つだけどうしても気になったのは、大貫が葉巻を吸おうとした時、パコがすかさずライターを出すシーン。
幼くてその上1日しか記憶が持たないパコが気の利いたスナックのママさんみたいにサッとライターを出せるものなのでしょうか?

エキセントリックなキャラクター、色彩豊かな映像、そして泣いて笑って……個人的にはかなり楽しめました。
まさにエンターティメントと呼べる作品でオススメです!!!
大人も子供も楽しめる作品なので、ご家族で是非観てほしい作品です(要ハンカチ、タオルでも可)。


この作品は「MIDSUMMER CAROL ガマ王子VSザリガニ魔人」という舞台劇が原作です。
機会があればこちらの方も観てみたいものです。


パコと魔法の絵本 通常版 [DVD]パコと魔法の絵本 通常版 [DVD]
(2009/03/06)
役所広司アヤカ・ウィルソン

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
パコ役の女の子が、ベッキーと一緒の番組にゲスト出演してるのを見ましたが、
ベッキーと見間違うくらい、かわいかったです。
映画、面白そうですね。

「嫌われ松子の一生」テレビで放送されてたから見ていたら、福田首相辞任会見にかわり、
ちょっとしか見れませんでした。
なぜ今、会見をするんだあ、と。ああいう会見は、夕方のニュースの時間に
3869やってもらうのがいいんじゃないですかねえ。
「下妻物語」深キョンでしたよね。色彩鮮やかでしたね。
2008/09/26(金) 13:48:14 | URL | ヒロ #-[ 編集]
この映画面白そうだなぁと思ってました!
やっぱり面白いんですね。

私も「嫌われ松子の一生」がテレビで放送された時に見てましたが途中で切り替わり・・・。あの続きは自分でレンタルして見なきゃいけないんでしょうねぇ(+o+)
2008/09/26(金) 14:08:20 | URL | みかん #-[ 編集]
ヒロさん、こんにちわ。
パコ役の子本当に可愛らしいですね。ベッキー同様ハーフです。
舌ったらずに「ゲロゲーロ」というところなんかたまりません。
機会があれば是非ご覧下さい。
「嫌われ松子~」TVで観てませんでしたが、そんなハプニングがあったんですね。
「下妻~」はほんの1シーンですが、レディースの中に”まちゃまちゃ”がいたのを覚えています。違和感なく溶け込んでいたので笑ってしまいました。
2008/09/26(金) 23:23:40 | URL | doruhin #-[ 編集]
みかんさん、こんにちわ。
この作品は予想外に面白かったです。
実は当初、それほど期待はしていなかったのですが、観てみると笑いあり涙ありでとても楽しかったです。
映像も見応えありますし、パコ役の女の子も可愛かったですよ。
機会があれば是非劇場でご覧下さい。
「嫌われ松子~」私はまだ未見ですが、今度レンタルして観てみようと思います。
2008/09/26(金) 23:28:44 | URL | doruhin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。