日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年10月26日 (日) | 編集 |
予告編を観て気になっていた作品。
公開初日に鑑賞しました。


<ストーリー>
コピーショップの店員ジェリーが家に帰ると、部屋に覚えのない荷物が山積みになっているのを発見。その直後、謎の女からの電話で逃げるよう警告されます。
ジェリーは訳が分からずそのままFBIに捕まりますが、彼女の指示に従いどうにか逃亡。
同じ頃、シングルマザーのレイチェルも電話で「子供は預かった」と脅迫されます。
謎の女によってジェリーとレイチェルは合流し、2人は運命を共にしますが…。


予告編はよかったのですが……
前半は息もつかせぬアクションやスリリングな展開。
「2人はどこへ向かうんだろう? 物語の行方はどうなるの?」
とドキドキハラハラしながら観ておりました。
が、しかし……
後半、電話の主が分かってからはやや興ざめしました。
まさかあんなトンデモSF映画だったとは……昨年観た「デジャヴ」を思い出しました。
「デジャヴ」は伏線の張り方が巧かったのでまだ許せますが、今作はさほどヒネリが感じられませんでした。
多くの指摘にある通り、デジャヴ(既視感)……いやいや、他の映画で観たようなシチュエーションが多く見受けられました。
ラストは今作を観る数日前に鑑賞した「ゲット・スマート」と同じやんけ!!!

前半は楽しめましたが、後半がちょっと……個人的にはちょいトホホな作品でした。
ツッコミどころも多かったし。


この作品はスティーブン・スピルバーグ製作総指揮ですが、80年代の映画は”スティーブン・スピルバーグ総指揮”というだけで水戸黄門の印籠の如く、ひれ伏すほどの威光がありました。
私も「グーニーズ」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」など、いろいろ観たものです。
さすがに今となってはスピルバーグ総指揮といわれても、当時ほどワクワク感や胸のときめきを感じなくなりました(何だか倦怠期夫婦の本音みたいですね……笑)。
時代が変わったからなのか、それとも私が大人になったからなのか……(壊れかけのRADIOかいっ!!!)。


イーグル・アイ スペシャル・エディション (2枚組) [DVD]イーグル・アイ スペシャル・エディション (2枚組) [DVD]
(2009/02/13)
シャイア・ラブーフミシェル・モナハン

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。