日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年11月16日 (日) | 編集 |
『三国志』の中の”赤壁の戦い”を映画化した作品。
北京オリンピックイヤーということもあり中国を舞台にした映画が多かったのですが、今作はまさに真打ち登場といったところでしょう。


<ストーリー>
西暦208年曹操は強大な軍事力で中国全土を支配しようとしています。
曹操軍との戦いで苦境に立たされた劉備は、同盟を結ぶべく呉の国の孫権のもとへ諸葛孔明を派遣。
孫権は同盟に消極的で交渉は難航。そこで孔明は軍の司令官である周瑜に会い、連合軍を結成するに至ります。
連合軍5万に対し曹操軍は80万と圧倒的不利な状況の中、赤壁での戦いの火蓋は切って落とされますが……。


壮大なる歴史絵巻!!!
中国らしく人海戦術を駆使した映画です。
一昔前の表現をするならば、一大スペクタクルといったところでしょうか。
『ロード・オブ・ザ・リング』ばりの壮大なバトルシーン、『トロイ』を思わせる大河に浮かぶ無数の船、実に観応えありました。
諸葛孔明や周瑜、各武将のキャスティングもマッチしていたと思います。

それにしても孔明の策略には驚かされます。
盾の裏の鏡を反射させて目くらまししたり、砂埃を立てて敵陣におびき寄せたりと、天の利地の利を生かした作戦には脱帽しました。
圧巻だったのが亀の甲羅のような陣形である”八卦の陣”。
実際にあったのかどうかはさておき、その眺めは実に壮観。
これらの作戦は”将を射んとせばまず馬を射よ”のことわざ通りでなかなか巧いものです。
鏡攻撃は馬を驚かせて兵士を落馬させる大胆な作戦だし、”八卦の陣”の陣中に閉じ込められた馬は訳が分からずパドックの競走馬のようにぐるぐる回るより他にないでしょう。
中国の人はものすごい事を考えるなあと思わず唸ってしまいます。
孔明は頭もいい上、馬のお産に立ち会ったり、周瑜とセッションをしたりかなり器用です(笑)。

劉備軍の武将である趙雲・関羽・張飛もキャラ立ちまくりでした。
彼らの立ち回りは演舞のようでカッコよく、”アクションの詩人”と呼ばれるジョン・ウー監督らしいシーンでした(多勢を相手に戦うシーンはゲーム『真・三國無双』みたいですが……)。
さすがに2丁拳銃はありませんが、ハトが飛ぶシーンやスローモーションも健在。

ドラマシーンもけっこうありますが、やや冗長な感じでした。
もう少しテンポがよければよかったのですが……。

実は私『三国志』に関してはあまり詳しくなく、登場人物の名前を辛うじて知っていたくらいです。
観る前は登場人物が多くて混乱するのではと思いましたが、冒頭に簡単な説明があり、またくどいほどに人物名のテロップが出ておりましたので、私のような三国志初心者にも分かりやすい作品でした。

今作は2部構成になっており、残念ながら「さあ、これから赤壁の戦いが始まるぞ!!」というところで終わります。
後半を観ないことには何とも言えませんが、とりあえず前半は観応えあるシーンが多く楽しめました。
2009年4月に公開されるpart2が楽しみです。


さて、『三国志』といえば……
『三国志』について語りだすと延々何時間も語り続ける人、仕事や人生について語る際に『三国志』を引き合いに出す人など……クラスに、職場に、サークルに”三国志マニア”と呼ばれる御仁(自称他称問わず)が必ず1人はいたものです。
『三国志』を知るきっかけは吉川英治氏の小説、横山光輝氏の漫画、アニメや人形劇などの映像作品、光栄の歴史シミュレーションゲームなど、入り口は様々でしょう。
この映画で初めて『三国志』に触れた人も、あまり詳しくない人も、これを機に『三国志』に親しむのも一興かと思います。
私も漫画喫茶デビューを果たそうと企てております(漫画で読むんかーい!!!)。


レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]
(2009/03/11)
トニー・レオン金城 武

商品詳細を見る



レッドクリフ Part I ブルーレイ [Blu-ray]レッドクリフ Part I ブルーレイ [Blu-ray]
(2009/03/11)
トニー・レオン金城 武

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
私も日曜に見て来ました!
福山の容疑者Xと迷いましたが、連れが三国志好きでレッドクリフを見ることに。
私も初心者で、二週間前にアジア美術館で三国志展を見に行きました。しかし、さっぱり分からずに帰ってきました。
映画を見て、人物関係が分かったので先に映画を見てから展示を見に行けばもっと理解できたなぁと残念です。
本当にキャストがマッチしてましたよね!
孔明の策には本当に驚きました!!
来春が楽しみです♪

土曜には初めて九州国立博物館へ。
今は、「国宝 天神さま展」が開催中です。
菅原道真が京の都から太宰府へ左遷されてきた様子の絵巻や左遷させた人がのちに地獄に落ちた絵巻やら、その他歌集や仏像などが展示されていました。
500円で音声の案内を貸してくれるので借りました。
イヤホンで聞いてみると市原悦子さんの声案内で、まるで日本昔話を聞いてるようでとても聞きやすかったです。
あまり、興味なかったのですが行ってみるととても興味深く勉強になりました☆充実した土日となりました。
2008/11/19(水) 16:10:33 | URL | みかん #-[ 編集]
みかんさん、こんにちわ~。今回は頑張りましたね(笑)。
「レッドクリフ」ですが、迫力ある映像を楽しみました。
キャスティングもマッチしていましたね。
個人的には、中村獅童さんが少し浮いていたような気がしましたが……。

私も全然「三国志」に関しては知りませんが、先日「三国志男」という本を購入。
三国志ゆかりの地を巡る旅行記ですが、けっこう面白いです。
4月公開の後編も楽しみですし、12月公開で孔明役の金城さんが出ている「K-20 怪人20面相・伝」も楽しみです。

三国志展、いつまでやっているんでしょうか?
もし行けそうだったら見てみたいものです。
九州国立博物館は2年ほど前、琉球展を見に行ったことがあります。
近くには菅原道真公ゆかりの大宰府天満宮がありますね。
この付近はこれから紅葉がきれいになることでしょう。

映画に博物館 充実した休日でしたね~。
2008/11/19(水) 21:09:49 | URL | doruhin #-[ 編集]
三国志は、中学生くらいのころかな?NHKで、人形劇でやってるのを、毎週見ていて、面白かったです。今はほとんど覚えてませんが。

漫画喫茶は、最近娘と行きました。「フリードリンクだから、なんか飲んだら?」と言うのに、飲む時間ももったいないように、ひたすら読んでました。
夫には、縁のない場所です。
2008/11/20(木) 16:31:52 | URL | ヒロ #-[ 編集]
ヒロさん、こんばんわ~。
「三国志」の人形劇やってましたね。NHKで。
紳介竜介が出てたのをおぼろげながら覚えています。
再放送してくれんかな~。

漫画喫茶デビューはまだですが是非行ってみたい!!!
家の近くに漫画読んだりネットができるカフェがあるので今度行ってみようと思います。
ご主人は漫画を読まれないんですね~。
私もどちらかと言うとそんなに漫画は読みませんが「三国志」は読んでみたいです(小説だと時間かかりそうなので。漫画も60巻近くありますが……)。
行ったらブログに書きます!!!
2008/11/20(木) 21:58:55 | URL | doruhin #-[ 編集]
三国志展11月16日までだったようですー!
残念!!
やっと、金曜ロードショウで続・オールウェイズ~三丁目の夕日を見ました☆久しぶりのほのぼの映画で良かったです♪
2008/11/25(火) 17:18:59 | URL | みかん #-[ 編集]
みかんさん、こんにちわ。
三国志展すでに終わっていたんですね~。惜しいです。
先日私はネットカフェで漫画の「三国志」読んでました。

「ALWAYS続・三丁目の夕日」よかったですね。
私はDVDを買いました(定価の半額で)。
冒頭のゴジラのシーンには意表を突かれました。すごかった!!!
高速が通る前の日本橋も見ものです。
小雪さんがよかったです(笑)。
2008/11/25(火) 23:41:22 | URL | doruhin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。