日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年11月21日 (金) | 編集 |
原作はジュール・ヴェルヌ『地底探検』
この映画は3D眼鏡をかけて鑑賞しました。


<ストーリー>
行方不明になった兄・マックスの意思を継ぎ、大学で地質学の研究をしているトレパー・アンダーソン
ある日トレパーは甥のショーンを預かり、地震調査装置を調べるために2人はアイスランドへ向かいます。
そこで出会ったガイドのハンナも加わり3人で山に登ると、落雷に襲われ、洞窟に閉じ込められてしまいます。
出口を求めて向かう先にあるものは……。


地球の中心で、絶叫!!
地底深くにこんな世界があったらそりゃあ驚くでしょう。
ピラニアのような魚やら食虫植物やら、あげくの果てには恐竜まで出てきます(さすがに地底人は出ませんが……)。
……絶対行きたくない世界です(笑)。

3D映画は過去にもいろいろありましたが、観たのは今回が初めて。
その映像には度肝を抜かれました。
……といってもそう思えたのは最初の内だけ。しばらくすると何だか飽きが来ました。
テーマパークのアトラクションでもせいぜい10分か20分ぐらいだから、延々と1時間半近く観せられるのは正直つらいものがあります。
またテーマパークのアトラクションと違い、振動などの体感が伴わないためアトラクション的にも映画的にもどっちつかずになってしまったような気がします。
ストーリーもアトラクションだったらこの内容でもまあ許せますが、映画としてみたらかなり辛いです。

試みとしては非常に面白いのですが、私的には意外と目が疲れて、
「3D映画はもういいや!!」と思ったのが正直なところです。
眼鏡をかけない私にとって、3D眼鏡をして観るのはあまり集中できなかったというのもあります。


3Dといえば、ひと頃3Dアートの本を見るのにハマっておりました。
最初はなかなか見えてこないのですが、コツが分かり慣れてくると面白いほどよく見えます。
3Dアートの本もたまに見るとなかなか楽しいです。


センター・オブ・ジ・アース [DVD]センター・オブ・ジ・アース [DVD]
(2009/03/25)
ブレンダン・フレイザージョシュ・ハッチャーソン

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。