日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年11月28日 (金) | 編集 |
先日、初めてネットカフェなるものに行ってきました。
(正確に言うと、ネットの他に漫画も読める複合カフェです)
パソコンを持っているのでネットカフェに行くことはまずないだろうと思っておりましたが、ネットの他に漫画も読めるということで行ってみた次第です。

読んだのは『レッドクリフ』でも書いてましたが横山光輝氏の『三国志』
とりあえず第1巻と赤壁の戦いの巻を読みましたが、映画を観たとはいえ、いきなり赤壁の戦いの巻を読むのは無謀でした。
やはり1巻から順に読んだほうがよさそうです。
この『三国志』全部で60巻あります。全巻読破するのはいつになることでしょう?



『三国志』といえば、先日『三国志男』という本を購入。
著者のさくら剛さんが三国志ゆかりの地を訪れた旅行記ですが、さほど三国志に詳しくなくても楽しめます。
イメージと違う武将の像、名だたる武将の像の前に干してある洗濯物などなど。
ナニコレ的な三国志遺跡に対するツッコミの数々に何度吹き出したことか……。
古戦場を殺人現場と表現するのも言い得て妙。
旅行記として読んでも、抱腹絶倒の珍道中で面白かったです。
注:電車や飲食店では読まないほうがいいかも……(笑)。


三国志男 (SANCTUARYBOOKS)三国志男 (SANCTUARYBOOKS)
(2008/05/09)
さくら 剛

商品詳細を見る




『三国志』に詳しい人は同時に日本の戦国武将や幕末にも詳しい人が多いようです。
恥ずかしながら、私は日本の戦国武将に関してはあまり詳しくありません。
最近は若い女性の間に戦国武将がブームのようです。
おそらくゲームの影響でしょう。武将ゆかりの地を訪れたり、グッズを購入したり、中には
「甲冑を着たい」とのたまう人もいるほど。
中には私も知らないような武将に熱を上げている女性たちもいて、驚かされるばかりです。
幕末に関しては司馬遼太郎氏の小説『竜馬がゆく』を読んだり、大河ドラマ『新撰組』や『篤姫』などで少しかじった程度です。
大河ドラマといえば、早いものですでに再来年の作品が決まったようで、2010年は坂本竜馬が主人公で演じるのは福山雅治さん。
最初聞いたときは驚きましたが、魅力的な男を魅力的な男が演じるのだから、さぞかし多くの女性が見るんだろうなぁ~。
ちなみに福山さんの出身地・長崎は竜馬ゆかりの地でもあります。


おっと、ネットカフェの話から思いっきり脱線しました。元に戻りましょう。
『三国志』の他に、映画にもなった『デトロイト・メタル・シティ』『20世紀少年』を読みました。
1時間半ほど店にいましたが、値段も手頃で飲み物も飲み放題なのでハマりそうです。
『三国志』を読破する日まで通いつめるぞー!!!
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。