日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年12月14日 (日) | 編集 |
大河ドラマ『篤姫』最終回見ました。

この『篤姫』、大河ドラマでは久々に高視聴率を上げていました。
見ている周りの人に聞いてみるとおおむね評判がよく、特に女性に好評でした。
私も毎回面白く見させていただきました。
個人的には堺雅人さん演じる徳川家定公が亡くなる前後からが面白かったです。
激動の時代を生き抜いた篤姫の姿、また仲間や家族を思う篤姫の姿に感銘を受けました。
「女の道は一本道」という生き方を見事に体現していたと思います。

音楽もよかったです。
オープニングテーマも素晴らしかったし、大河ドラマにしては珍しくロック調やラテン調の曲を採用したのも面白い試みだったと思います。

篤姫と小松帯刀が最後に会うシーン、小松帯刀をはじめ篤姫の周りにいた人々が次々に亡くなっていくエピソードには思わず号泣しました。
篤姫の一生は多くの人々との出会いに恵まれてきっと幸せだったことでしょう。

いや~、久々に面白い大河ドラマでした。


今年の命名ランキング、女の子の名前の1位は「葵」。
篤姫を演じた宮崎あおいさんにちなんででしょう。
あるいは徳川家の葵の御紋という意味もあるのかも……。
いずれにせよ篤姫効果がこんなところにも出ているようです。

2008年を表す漢字1文字は「変」。
今年は政治・経済などいろいろな変化がありました。
波乱万丈な篤姫の人生、そして篤姫が生きた幕末の時代も「変」という言葉がぴったり当てはまります。


私にとって惜しかったのは、篤姫ゆかりの地・鹿児島へ行けなかった事。
車中泊しながら行こうと考えておりましたが、ガソリン代高騰などの理由で実現しませんでした。
まあ行こうと思えばいつでも行けますが、できれば放映中に行きたかったなあ……(涙)。


NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第壱集 [DVD]NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第壱集 [DVD]
(2008/12/19)
宮崎あおい瑛太

商品詳細を見る


NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]
(2009/03/25)
宮崎あおい瑛太

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こんばんは、個人的には松田翔太が好きでした~。
あの時代は変化の激しい時代で、勉強しても、ごちゃごちゃしたままなじだいです、、、。

堀北真希可愛かったな~~

ちと早いですが、どるひんさん良いお年を~v-7
2008/12/20(土) 23:35:22 | URL | あいじ #-[ 編集]
あいじさんこんばんわ~。
松田翔太さんが好きですか。父である松田優作さんの面影を感じますね。(どちらかというと兄の龍平さんの方がより優作似です)。
篤姫は後半からがおもしろかったですね~。
恥ずかしながら幕末は私もごちゃごちゃした状態で覚えています…(汗)。
あいじさんもいい年をお迎え下さい!!!
2008/12/21(日) 23:01:24 | URL | doruhin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。