日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年01月26日 (月) | 編集 |
年末年始から最近にかけて観た映画です。



   「ワールド・オブ・ライズ」

2008年最後に鑑賞した作品。
多少混乱した部分もありましたが、男たちの騙し合いは実に見応えありました。
車4台を使い砂煙を起こして、レオナルド・ディカプリオ扮するフェリスを拉致するシーンは本当にうまいものです。
今作はリドリー・スコット監督作品ですが、どちらかというと「アメリカン・ギャングスター」の方が面白かったかな、私的には。


ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]
(2009/04/29)
マーク・ストロングラッセル・クロウ

商品詳細を見る




   「WALL・E」

2009年最初に鑑賞。
CGの出来栄えが実に素晴らしく、ウォーリーの仕草も愛嬌たっぷりで楽しかったです。
今作に限らず、アメリカのアニメは動物や機械などの擬人化が本当にうまいものだと感心します。
エンターティメント性の高い作品ながら、環境破壊や機械に頼りきった便利な生活を警告しているようにも感じました。
本編前のアニメがやたら面白かったなぁ~。


ウォーリー [DVD]ウォーリー [DVD]
(2009/04/22)
ディズニー

商品詳細を見る




   「地球が静止する日」

案の定リメイク作品でしたが、予告編以上の見せ場がなかったなあ……。
キアヌ・リーブス扮する宇宙人クラトゥは結局何しに地球に来たのでしょう???
「地球を救うためには人類を滅ぼさなければならない」と言っておきながら、情に流されて簡単にやめてしまうし……。
徹底的に地球で暴れまくった方がストーリー的にも盛り上がっただろうし、作品のテーマにも説得力があったのではないかと思います。
オリジナル版にも登場したロボット・ゴートはどう見てもペプシマンでした(笑)。


地球が静止する日 <2枚組特別編>〔初回生産限定〕 [DVD]地球が静止する日 <2枚組特別編>〔初回生産限定〕 [DVD]
(2009/05/02)
キアヌ・リーブスジェニファー・コネリー

商品詳細を見る




   「Kー20 怪人二十面相・伝」

”第二次大戦がなかった日本”という架空の設定が面白く、さらに格差社会なのが現代の日本とリンクしているように思いました。
架空の都市”帝都”のヴィジュアルや、「007 カジノ・ロワイヤル」を思わせるアクションシーンが見もの。
おなじみ少年探偵団も登場しますが、探偵団というよりはほとんど明智小五郎のパシリですね(笑)。
ラストはまんま「カリオストロの城」じゃん!!!(爆)
とまあ、いろんな意味で楽しめた娯楽映画でした。


K-20 怪人二十面相・伝 通常版 [DVD]K-20 怪人二十面相・伝 通常版 [DVD]
(2009/06/24)
金城 武松 たか子

商品詳細を見る



このところ忙しかったり、風邪引いたりで映画館に行けずにいます(涙)。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。