日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年02月02日 (月) | 編集 |
少し遅くなりましたが、毎年恒例、2008年の映画を総括したいと思います。
私が2008年に劇場で鑑賞した作品は58本でした。



個人的によかったなあと思った作品は次の通りです。
昨年同様、優秀賞・入選・佳作に分けてみました。




   優秀賞☆☆☆

 『アメリカン・ギャングスター』
2人の男の生き様を描いた骨太なドラマでした。
アカデミー賞2大スターの共演が素晴らしかったです。

 『おくりびと』
死というテーマを時には厳かに、時にはユーモアたっぷりに描かれていました。
多くの賞を獲得したのもうなずけます。

 『ダークナイト』
もはやアメコミの枠を超えた作品でした。
単純な勧善懲悪でないので好みが分かれそうですが、密度の濃い映画で観応えありました。


   入選☆☆

 『ザ・マジックアワー』
売れない役者とマフィアのボス。
2人の立場の違いから生まれる笑いが最高に面白かったです。

 『パコと魔法の絵本』
エキセントリックなキャラと極彩色の映像で存分に楽しめました。
パコ役の子も可愛らしかったです。

 『カンフー・パンダ』
CGで表現された東洋的なビジュアルが見事。
痛快なストーリーの中にも哲学的な奥深さがありました。

 『クライマーズ・ハイ』
日航機墜落事件を追う男達のドラマ。
戦場のような新聞社内の壮絶さが伝わってきました。


   佳作☆

 『クローバーフィールド HAKAISYA』
怪獣映画をこういう手法で作ってしまうとは……アイディアの勝利です。

 『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』
王道的冒険アクション。往年のファンにとっては思わずニヤリとさせられる場面もありました。

 『最高の人生の見つけ方』
余命わずかの男2人の人生をユーモラスに、痛快に描いた感動作。

 『ブタがいた教室』
食について、命について考えさせられた映画でした。

 『ミスト』
人間心理の怖さをまざまざと見せ付けられた作品でした。




2008年の映画で、部分的に印象に残った点を挙げてみると……

2008年は日本映画が大健闘していたと思います。
『おくりびと』『パコと魔法の絵本』『ザ・マジックアワー』『クライマーズ・ハイ』などクオリティの高い邦画が多かったです。

北京オリンピック開催年ということもあり、『カンフー・パンダ』『ハムナプトラ3 失われた皇帝の秘宝』『ドラゴン・キングダム』『レッドクリフ』など中国を題材にした映画も多かったです。

昨年は『ハプニング』『ミスト』『ブラインドネス』など得体の知れない恐怖を描いた作品が多く見受けられたように思います。

『ランボー 最後の戦場』『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』などアラフォー映画ファンにとっては感激モノの映画もありました。


特撮では
『レッドクリフ』『パコと魔法の絵本』の特撮が圧巻でした。
『ウォンテッド』『僕の彼女はサイボーグ』の特撮も無駄にすごかった(笑)。
『魔法にかけられて』の実写とアニメの融合も面白いアイディアでした。


音楽では…………


ポニョを置いて他にありません!!!

『崖の上のポニョ』の主題歌はさんざん聞かされて脳裏にこびりついたというのが正直なところです。


役者さんでは
洋画だと『アメリカン・ギャングスター』のラッセル・クロウとデンゼル・ワシントンの2大スターの共演、『ダークナイト』でジョーカーを演じた故・ヒース・レジャーの怪演が印象に残りました。
あと、『トロピック・サンダー 史上最低の作戦』のロバート・ダウニーJr.の演技には大笑いしました。
邦画だと『おくりびと』の本木雅弘さん、『クライマーズ・ハイ』『容疑者Xの献身』の堤真一さん、『容疑者Xの献身』『デトロイト・メタル・シティ』の松雪泰子さんが印象深かったです。



さて、2008年のマイ・トホホムービー

 『紀元前一万年』
歴史考証もへったくれもありません。

 『スピードレーサー』
『マトリックス』からの進歩があまり感じられず。観終わって目が疲れました。

 『イーグル・アイ』
予告編にまんまと騙されました。

映画を多く観ていると、ババを引いてしまうことも往々にしてあります(汗)。



2008年は多くの舞台挨拶を見ることができてラッキーでした。
 『チーム・バチスタの栄光』
 『相棒 劇場版 絶対絶命!42.195km東京ビッグシティマラソン』
 『僕の彼女はサイボーグ』
 『252 生存者あり』

この4本の舞台挨拶に行きましたが、中でも『相棒~』の水谷豊さんに会えたのは感激でした!!!



2009年を迎えて1月ほど経ちましたが、世界的な不況は相変わらず続いています。
こんな時だからこそ暗いムードを吹き飛ばし、人々に勇気と希望を与えてくれる映画が出てくることを祈らずにはいられません。
2009年もいい映画に巡り合えますように!!!



最後に2008年に観た映画で心に残ったセリフを1つ。

「昨日は過去(ヒストリー)のこと。明日は未知(ミステリー)のこと。
 今日は天からの贈り物(プレゼント)。だから現在(プレゼント)なんだ。」


さて、何の映画のセリフでしょう(ヒント:中国に関係あります)。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
今年もたくさんの映画を見てますね~☆
ダークナイト見ました!面白かったですね。
最近はハンコックをDVDで見ました♪

最後の心に残ったセリフはなんでしょう。。。
中国系の映画は少林少女とレッドクリフしか見てなくてそんな良いセリフ無かったような。。カンフーパンダとか??
2009/02/03(火) 13:53:25 | URL | #-[ 編集]
こんにちわ。
ハンドルネームが書いてありませんでしたが、文体で何となく察しがつきました。まずはコメントありがとうございます。
「ダークナイト」は本当にすごい作品でしたね。実は2回観に行きました。
本来ならDVD即買いするところですが、DVDにするかブルーレイにするか迷っており未だ買っていません。
ちなみにブルーレイを再生できる機器は持ってませんが……(汗)。
「ハンコック」もハチャメチャぶりが楽しかったですね。

さて、最後のセリフですが「カンフー・パンダ」に出てきました。
過去と未来でうまく韻を踏んであり、さらに”プレゼント”がダブルミーニングになっている、なかなかひねりの効いたセリフで心に残りました。
2009/02/03(火) 22:52:49 | URL | doruhin #-[ 編集]
名前が入ってなかったですね。。。
全然気づかず送ってしまいました(^^ゞ

カンフーパンダ面白そうですがまだ見れてなく、
最近は昔の相棒ドラマにハマって夜な夜な見てます☆
2009/02/05(木) 13:30:34 | URL | みかん #-[ 編集]
みかんさん、こんにちわ。ビンゴでした(笑)
「カンフーパンダ」機会があれば是非御覧下さい。

「相棒」私も現在観ておりますが、亀山君がいなくなって寂しくなりましたね~。
捜査一課の刑事との絡みが面白かったのですが……。でもはまってます。
ドラマといえば「トライアングル」もなかなか面白いです。
2009/02/05(木) 22:05:40 | URL | doruhin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。