日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年06月07日 (日) | 編集 |
沖縄旅行5 111


時間は正午前
タコライスを食べるべく、キャンプハンセン前にある金武の繁華街へと向かいました。
まずキャンプハンセン前にある駐車場に車を停めました(車でタコライスを食べに来る際はその駐車場を利用するといいでしょう。無料)。


沖縄旅行5 112
駐車場から少し歩くとキャンプハンセンのゲート
基地の入り口ということもあり、物々しい雰囲気です。
ゲート前の信号を渡り、金武町新開地と呼ばれる繁華街へ足を踏み入れました。



     金武町新開地

沖縄旅行5 113

キャンプハンセン前にある米軍相手の店が建ち並ぶ区画。
タコライス発祥の地として有名です。





沖縄旅行5 114
町のエキゾチックな雰囲気に驚きつつも、タコスの店”キングタコス”に向かいました。
店に入ると米兵らしき先客が2人。
早速タコライスを注文。
10分もせぬうちにタコライスが出てきました。


沖縄旅行5 115
量の多さにまたもや絶句。具がはみ出そうなほど乗っています。
ここでは自分でケチャップやタコソースをかけて食べるようになっていて、タコソースをしこたまかけていただきました。
「こ、こりゃうまいっ!!!」
タコライス発祥地だけあって絶品の美味しさ。
量が多いにもかかわらずペロリと平らげました。

先に来ていた米兵たちは「ゴチソウサマデシタ」とカタコト日本語で店を出ました。
こういう光景を見ると基地の町であることを実感します。
私もしばらくして店を出ました。
「いやあ、うまかった!!!!」


店を出て、金武町新開地のあちこちを見て回りました。


沖縄旅行5 116
アメリカンな雰囲気の建物。
海を思わせるブルーが店の名前に似つかわしいです。


沖縄旅行5 117
飲み屋が何軒も建ち並んでいます。
アメリカ人も琉球民謡を聞くのでしょうか?


沖縄旅行5 118
オリオンビールから店の名前を思いついたのでしょうか。
「めんそうれ」の文字がご愛嬌。


沖縄旅行5 119

沖縄旅行5 120
金武町新開地は色鮮やか建物が多いです。
しかし、営業してなさそうな店もけっこうありました。


沖縄旅行5 121
ホテル東京。沖縄なのになぜ東京????
うらぶれた雰囲気がミョーに気になるホテル(実は密かに泊まってみたいと思っています)。
今も営業してるようです。


沖縄旅行5 122
レストラントーミー。看板に年季が入っていますね。
後で知りましたが、先に亡くなった忌野清志郎さんは自転車好きでも有名で、沖縄をサイクリングした際に立ち寄った店がここ。店にはサインもあるようです。
次回金武に来たときは是非とも立ち寄りたいものです。



エキゾチックな雰囲気で見ていて本当に楽しかったです。
1時間ほど散策した後、金武町新開地を後にしました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。