日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年06月23日 (火) | 編集 |
6月に入ってから観た作品です。
公開終了間近になって観たものもあります。




     「天使と悪魔」


おなじみ『ダ・ヴィンチ・コード』の続編。
前作よりも出来がよく、世界史の知識に疎い私でしたがどうにかついてこれました。
時間に追われてあちこちを駆け回るあたりは『24』『ダイ・ハード3』などを思わせますし、ヴァチカンのロケ地の美しさも堪能できました。
ただ前作に比べると、ストーリーが小ぢんまりとした感あり。
一言でいうと”○曜サスペンス劇場「ヴァチカン連続殺人事件」”とでもいったところでしょうか。


天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]
(2009/10/28)
トム・ハンクスユアン・マクレガー

商品詳細を見る




     「セブンティーン・アゲイン」


何となく『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を連想しますが、主人公がタイムスリップではなく17歳になる点が違います。
仕事や家族関係に行き詰まった37歳のマイクが突然17歳になり、わが子も通っている母校に潜り込んで人生や家族のあり方について見つめ直すストーリー展開はなかなかうまいと思いました。
個人的に面白かったのがマイクの友人、ネッド
彼のオタクぶりや17歳になったマイクの保護者になりすますところも相当笑えますが、とりわけマイクの通う高校の女校長に猛烈にアタックするシーンは大爆笑。
ザック・エフロンが好きな女子はもちろん、アラフォー世代の人も楽しめる作品です。


セブンティーン・アゲイン [Blu-ray]セブンティーン・アゲイン [Blu-ray]
(2009/11/03)
ザック・エフロンレスリー・マン

商品詳細を見る




     「スター・トレック」


ぶっちゃけこのシリーズに深い思い入れはなく、印象に残っているのはエンタープライズ号の独特なフォルムやMr.スポックの髪型ぐらい。
またこのシリーズに対して冗長、デザイン的に古臭いというイメージがありましたが、観てみるとストーリーのテンポもよかったし、コスチューム等のデザインもスター・トレックらしさを残しつつもうまく現代風にアップデートされていたと思います。
登場人物もキャラが立っていて楽しかったし、宇宙でのバトルシーンやエンタープライズ号建造シーンは圧巻。
あと女性乗組員のコスチュームもナイス(笑)。
私的には『宇宙戦艦ヤマト』を観るような感覚で楽しみました。


スター・トレック スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]スター・トレック スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
(2009/11/06)
クリス・パインレナード・ニモイ

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。