日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年08月31日 (月) | 編集 |
8月中旬~下旬に観た映画。
今回は”夏休みアニメ特集”です(もう夏終わりますケド……汗)。




     「ボルト」


主人公は犬です。陸上選手ではありません(笑)。
自分がスーパー犬だと信じ込んでいる妄想犬(?)ボルトがとても可愛かったです。
CGのクオリティが高く、大人から子供まで安心して楽しめる作品だと思います。
ストーリーはややお子様向けな感もありますが、冒頭のアクションシーンはかなり観応えあり(私的にはこのテンションで全編やり通して欲しかったところ)。
『ワイルド・スピード』っぽい前座アニメも上出来でした。


ボルト/ブルーレイ(本編DVD付) [Blu-ray]ボルト/ブルーレイ(本編DVD付) [Blu-ray]
(2009/12/16)
ディズニー

商品詳細を見る





     「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」


人物やキャラクターがCGで背景が絵のようなビジュアルはなかなか面白い表現だし、ホッタラケの島のレトロ感あふれる混沌とした雰囲気は『鉄コン筋クリート』を思わせます。
話は割とよくある冒険モノながらも、メッセージ性の強い作品でした。
「人間は物だけでなく大切な人との思い出もホッタラケにする」
そんな意味のセリフに思わずハッとさせられました。
”物を大事にしましょう”という教訓のみならず、わが身を振り返らせてくれる映画でした。


ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~ 【Blu-ray】スタンダード・エディションホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~ 【Blu-ray】スタンダード・エディション
(2010/02/26)
綾瀬はるか沢城みゆき

商品詳細を見る





     「サマーウォーズ」


予備知識なしで鑑賞しましたが、スッゲー面白かった!!!!!
私的にはこの夏……いや、今年観た映画の中でも上位にランキングするほど面白かったです。
もっと小ぢんまりした話かと思いきや、「どこまで大風呂敷広げてくるの?」って言いたくなるほどスケールがでかいからびっくり!!!
いろんな要素を詰め込み、多くの登場人物が出てきたにも関わらずうまくまとまっていました。
田舎の大家族バーチャルなコンピューターの世界、この相反する2つをうまく絡めた物語はさすがとしか言い様がありません。
物語の行方を高校野球の試合とリンクさせて描いている点も夏らしくでよろしい。
ビジュアルもコンピュータの世界はポップな色使いやキャラが鮮烈でしたし、現実世界は心癒される田園風景や青い空、手描きアニメ風のキャラと温かみあふれるタッチに仕上がってました。
デジタルとアナログの描き分けが実に見事!!!
この映画に出てくるような大家族は年々少なくなり、デジタル機器の普及に伴い人間関係の希薄化が進む中、人と人との絆、つながっていることの大切さを教えてくれた作品でした。
惜しむらくは上映館が少ないこと(実にもったいない限り……)。
サザンやチューブの歌じゃありませんが、できれば夏に観たい作品。
オススメです!!!!


サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
(2010/08/01)
神木隆之介、桜庭ななみ 他

商品詳細を見る




久々に映画の記事を書きましたが、お盆休みやコンサート、ドラクエにかまけていて一月ほど映画を観ない日々が続きました。
その間に観たい映画が随分たまったので、9月は映画ラッシュになりそうです。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
どるひんさんの大プッシュに、どうしても見たくなり、最終日滑り込みでみにいきました。
アニメに求めてる夢、希望、愛情、冒険。
すべてが詰まっててワクワクしました。とっても大満足でした。
ご紹介ありがとうございました。
2009/10/07(水) 17:46:08 | URL | sonatine #-[ 編集]
No title
sonatineさんお久しぶりです!!!

「サマーウォーズ」ギリギリ間に合ってよかったですね!!!
私にとっても2009年の映画で上位にランキングするくらい面白い作品でした。
デジタルとアナログの描き分けもうまいし、予測できないストーリー展開も楽しかったです。
アナログにしろデジタルにしろ、つながってることの大切さを教えてくれる作品でもありました。

この作品、なかなか好評で私の友人も面白かったと大絶賛。
映画館出るときも「もう1回観たい」という会話が聞こえてきました。
私もブルーレイ出たら買おうと思っています。
本当、いい映画でした!!!
2009/10/07(水) 22:30:44 | URL | doruhin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。