日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2009年09月29日 (火) | 編集 |
9月上旬~下旬にかけて鑑賞。
今回は”ザ・時代劇スペシャル”です。





     「BALLAD 名もなき恋のうた」


原案はアニメ『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』ですが、評判が良いようで私も知人から薦められたことがあります。
でもしんちゃんの喋り方が生理的に嫌だったので、未だ観るに至っていません(汗)。
『ALWAYS 三丁目の夕日』山崎貴監督作品ということで期待していましたが、個人的には、うーん、微妙でした。
同じタイムスリップものでも山崎監督の前作『リターナー』のほうが数段面白かったと思うし、アクションシーンもミニ『ロード・オブ・ザ・リング』っぽくてさほど新鮮味は感じられなかったです(草薙剛さんの殺陣は頑張っていたと思いますが)。
ラストの展開はあまりに唐突だったのと釈然としない部分があって、私の頭の中は「?」マークの嵐。
本来なら泣けたであろうそのシーンもそれどころじゃなかったです。
真一とその両親が現代に帰ってきてどう成長したのかも見てみたかったところ。
やや辛口な感想になりましたが、山城のセット(CG?)はなかなか雰囲気が出てたと思います。
あと、戦いの前にみんなで写真を撮るシーンもよかったし、新垣姫もよかったです(笑)。


BALLAD 名もなき恋のうた [Blu-ray]BALLAD 名もなき恋のうた [Blu-ray]
(2010/04/07)
草ナギ 剛新垣結衣

商品詳細を見る





     「TAJOMARU 」


試写会にて鑑賞。
”TAJOMARU”すなわち多襄丸は、芥川龍之介原作の小説『藪の中』に登場する盗賊の名前。
ぶっちゃけ、あまり期待してはいなかったのですが、二転三転するストーリー展開に引き込まれました。
アクションは割と普通だったかな……。
終盤、地獄谷に落ちたはずの阿古姫と多襄丸がしぶとく生きていたのには拍子抜け。
落ち武者のような姿の阿古姫は何だかコントみたいでした(爆)。
出演者をみるとけっこう他の作品とカブってます。
多襄丸襲名シーンは大河ドラマ『天地人』だし、後半登場する盗賊・道兼と多襄丸の関係はまんま『クローズZERO』でした(笑)。


TAJOMARU[Blu-ray]TAJOMARU[Blu-ray]
(2010/02/19)
小栗旬柴本幸

商品詳細を見る




     「カムイ外伝」


白土三平氏のマンガが原作。
話自体は単純なんですが、話の展開が遅くてもどかしさを感じました。
宮藤官九郎さんの脚本にしてはテンポが悪かったなぁ……。
CGや特撮のクオリティも今どきの水準からすればお粗末と言わざるを得ません。
サメや鳥などはあからさまにCGと分かる質感だし、アクションとCGがうまく噛み合ってなかったように思います。
馬の脚を斬るシーンはあまりにもえげつなかったです(CGとはいえ、動物愛護団体からクレームが来そうですね……汗)。
今回観た時代劇の中ではトホホな作品。
よかったところといえば、ラストの一騎打ちと小雪さんが出ていることぐらいか……。


カムイ外伝 [Blu-ray]カムイ外伝 [Blu-ray]
(2010/02/17)
松山ケンイチ小雪

商品詳細を見る





     「火天の城」


安土城建築のプロセスを描いた作品で、原作は山本兼一氏の小説。
今回観た中では比較的正統派な時代劇といえるでしょう。
話が矢継ぎ早ではあったものの、私的には築城のプロセスを楽しみました。
クライアント(織田信長)の無理難題や次々に降りかかるトラブルを撥ね退け、城作りはもとより、プレゼンテーションから材料調達までやってのける又右衛門
城作りにかける情熱に頭が下がります。
終盤、親柱の長さを修正する大仕事は見もので、手に汗握って観ておりました。
家族の支え、多くの犠牲の元に完成した安土城、1000年どころか3年で焼け落ちるとは……。
諸行無常とはこの事でしょうか。
西田敏行さんや椎名桔平さん、大竹しのぶさんの演技も素晴らしかったです。
個人的には寺島進さんと緒方直人さんの熱演もよかったなぁ……。
ただし巨石を運ぶシーンでのエピソード、何故かここだけが娯楽時代劇っぽくて浮いていたのが残念。
それと福田沙紀さん出過ぎ!!!


火天の城 [DVD]火天の城 [DVD]
(2010/02/21)
西田敏行福田沙紀

商品詳細を見る





     「ゲキ×シネ 五右衛門ロック」


個人的には一番期待していた作品。
元々は劇団☆新感線による演劇で、演劇と映画が融合したものがゲキ×シネ
こういうタイプの映画を観たのは初めてです。
演劇ならではのライブ感、映画ならではのカメラワークを高い次元で両立していたと思います。
今回観た時代劇の中では最もストーリーや世界観がハジけまくってました。
その破天荒ぶりは春に観た『GOEMON』といい勝負です。
出演者も古田新太さん、江口洋介さん(『GOEMON』つながりでしょうか?……笑)、松雪泰子さん、森山未来さん、北大路欣也さんと超豪華キャスト。
中でも泰子姐さんがメチャクチャ色っぽかった~~(半分それ目当てで観たようなものです……笑)。
タイトルに”ロック”とあるだけあって、音楽もすごく盛り上がりました。
演劇というよりはミュージカルみたいで楽しかったし、激しい殺陣の動きギンギンのハードロックがものすごく合っていて最高にカッコよかった!!!!
エンドロールで映し出されたカーテンコールやスタンディングオベーションからは熱気がガンガン伝わってきました。
是非とも演劇のほうも観てみたいものです。
3時間半近い長丁場でしたが本当に楽しかったです!!!
ロック最高!!!!!


五右衛門ロック standard edition [DVD]五右衛門ロック standard edition [DVD]
(2009/10/09)
古田新太松雪泰子

商品詳細を見る




9月は時代劇映画ラッシュでした。
5本観ましたが、観る前の私の期待度は

◎ ゴエモンロック
○ ナモナキバラッド
▲ カムイガイデン
△ カテンキャッスル
× オグリタジョウマル


の順です。(競馬みたいですね……笑)。
結果は以下のとおり。

1着 ゴエモンロック
2着 カテンキャッスル
3着 オグリタジョウマル
4着 ナモナキバラッド
5着 カムイガイデン


観る前の期待度と観た後の面白さがここまで違うとは驚きです。



8月下旬から約1ヶ月間、映画鑑賞ラッシュが続きましたが、思った以上に”当たり”作品が多かったのもうれしかったです。
さて、10月以降の観たい映画、それほど多くは思いつきませんが
『沈まぬ太陽』『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』は是非観たいです。
あと、少し先になりますがジェームス・キャメロン監督最新作『アバター』も気になります。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こんばんは
BALLAD、先日見に行ってきました
笑うところあり、泣くところありでいい作品だったと思います
2009/10/04(日) 20:22:32 | URL | ぱる #s8kTdXTU[ 編集]
No title
パルさん初めまして!!!コメントありがとうございます。
「BALLAD~」は笑いどころもけっこうありましたね~。
草薙くんもがんばってたと思うし、ガッキー姫も可愛かったです。
原作の「クレヨンしんちゃん」ぜひ観たいのですが、このところレンタル貸し出し中です…(涙)。
2009/10/04(日) 21:45:37 | URL | doruhin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック