日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2009年12月18日 (金) | 編集 |
遅くなりましたが、11月下旬に鑑賞した作品です。



     『SOUL RED 松田優作』


映画としては微妙……。
優作さんが偉大なのはすごく分かりますが、内容が散漫で、結局何を伝えたかったのか分かりませんでした。
むしろ、以前テレビで観た優作さんの特番の方が面白かったように思います。
役者さんのコメントも優作さんと深く関わった役者さんのも聞きたかったなあ。
ただ優作さんの80年代の作品はあまり多くは観ていないので、その映像から優作さんは演技の幅が広い役者さんだなあと改めて実感しました。


SOUL RED 松田優作 [DVD]SOUL RED 松田優作 [DVD]
()
不明

商品詳細を見る




     『イングロリアス・バスターズ』


『ドラクエⅣ』ばりに全5章で構成された作品。
1、2章のつかみはOK。ただ3,4章は時々意識が遠のきそうになりましたが……(汗)。
そしてクライマックスとなる最終章、スクリーンに映し出されたショシャナの高笑いの中、ナチスを映画館ごと焼き払う作戦は実に痛快!!!
ナチスを題材にした映画は『ワルキューレ』みたいに史実に基づいたものが多いのですが、今作の様なフィクションもこれはこれで有りだと思います。
もう1つ、特筆すべきはランダ大佐を演じたクリストフ・ヴァルツの演技。
4ヶ国語を操り、鋭い洞察力と頭脳明晰さ(杉下右京かっ!!!)で一際存在感を放っていました。
主演のブラピが霞んでしまうほど。
長いトークシーン、バイオレンスシーンで好き嫌い別れそうですが、タランティーノ映画らしさを随所に感じる作品でした。


イングロリアス・バスターズ [Blu-ray]イングロリアス・バスターズ [Blu-ray]
(2010/04/21)
ブラッド・ピットメラニー・ロラン

商品詳細を見る





     『2012』


『インディペンデンス・デイ』『紀元前1万年』ローランド・エメリッヒ監督作品。
話はあってないようなものですが、高速道路やビルが崩壊するシーン、割れた大地が海に沈んで行くシーンは圧巻でしたし、車や飛行機で脱出するシーンも手に汗握って観ておりました。
ただ前半のスペクタクルシーンに対し、後半の半分SFっぽい内容に思いっきり違和感を覚えましたが……。
個人的には地球がどうなるのかをもっとじっくり観たかったですね。
そういえばエメリッヒ監督と並ぶ大バカ特撮ムービーの巨匠、マイケル・ベイも2012年をテーマにした作品に着手してるという噂ですがどうなったのでしょう???


2012 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]2012 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
(2010/03/19)
キウェテル・イジョフォージョン・キューザック

商品詳細を見る




2012年にはやれ地球滅亡だ、やれフォトンベルトだ、やれアセンションだ、などなど何かとんでもない事が起こるとまことしやかに囁かれています。
マヤ暦の暦が2012年12月22日で終わっているのがその根拠ですが、ノストラダムスの大予言の時と同様、こればっかりは来てみないと分かりませんね。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック