日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年12月31日 (木) | 編集 |
12月下旬に鑑賞。



     『パブリック・エネミーズ』


『マイアミ・ヴァイス』マイケル・マン監督作品。
1930年代に実在した犯罪者・ジョン・デリンジャーを描いたこの作品、私的にはあまりハマれませんでした。
デリンジャーと警察の攻防戦を描きたかったのか、デリンジャーとビリーのロマンスを描きたかったのかどっちつかずな感じでしたし、登場人物もあまりキャラが立っていなかったように思います。
またデリンジャーは義賊的存在として知られていますが、その辺があまり伝わって来なかったですね。
ただし女たらしには見えますが……。
にしても、ビリーがあんなセリフで簡単に落ちるとは……やはりジョニー・デップだから成せる業でしょうか?(笑)
ジョニー・デップやクリスチャン・ベールといった豪華キャストだっただけに、何とももったいない作品。トホホ……。


パブリック・エネミーズ [Blu-ray]パブリック・エネミーズ [Blu-ray]
(2010/05/26)
ジョニー・デップクリスチャン・ベイル

商品詳細を見る





     『アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち』


伝説のバンド・アンヴィルのドキュメンタリー。
アンヴィルが初来日したのは80年代、私が10代の頃です。
恥ずかしながらアンヴィルの存在は知りませんでしたし、実を言うと当時私はヘビメタプリンスが大嫌いでした(何でそこでプリンスが出てくるの?……笑)。
夢を諦めない事、一つのことを続ける事の大切さ、そして友情というものを教えられた作品でした。
50過ぎてなおロックの夢を追い求めているオヤジたちですが、しっかり家族に支えられて……彼らは本当に幸せ者です!!!
彼らのセリフもカッコよさを感じるのと同時に、時には胸にズシリときます。
サクセスストーリーとはちょっと違いますが、ラストは清々しさを感じました。
世のオヤジたちに贈るエールのような映画でした。秀作。


アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~ [DVD]アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~ [DVD]
(2010/04/14)
アンヴィル

商品詳細を見る



2009年は『アンヴィル~』で映画観納め。
『アバター』は来年に持ち越しそうです……トホホ。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。