日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2010年01月21日 (木) | 編集 |
ジェームス・キャメロン監督、12年ぶりに再浮上!!!
最新作をどれだけ待ちわびた事でしょう。
先日ようやく観てきました。3Dで鑑賞。

息を呑むような映像の数々に圧倒されました!!!!
幻想的な惑星パンドラの風景は圧巻で、あたかもパンドラを冒険しているような錯覚さえ感じます。
地球側のヘリコプターやパワードスーツ、パンドラ側のドラゴンによるバトルシーンも迫力満点。
パンドラに住む動物のデザインもユニークでしたが、中でも動物達と触手のようなもので心を通わせるアイディアは面白かったなあ~。
と、見せ場には事欠かない作品でした。

キャメロン監督の作品は娯楽性が高い一方で、強いメッセージ性を持っています。
今作では環境破壊や他国への侵略に対する警告を感じました。
人類とナビィ族の戦いを観ていると、有史以来人類が繰り返してきた侵略の歴史を見せ付けられたような気がしますし、森林を破壊するシーンは『THIS IS IT』でマイケルが歌う「アース・ソング」を思い出しました。
また今作ではこのようなメッセージの他に、”自然と共存する”といったスピリチュアルなテーマをも含んでいたように思います。

ストーリーや設定についてはやや既視感があったのも事実。
だからといって目くじらを立てるほどではなく、「あそこのシーンはあの映画の影響か?」などと推理しながら、むしろ楽しんで観ておりました。
惑星パンドラの自然やナビィ族はゲーム『ファイナルファンタジー』などを連想しますし、カプセルに入ってアバターとシンクロする点は『マトリックス』でしょうか。
パワードスーツは『エイリアン2』かな?
ストーリーは『ラストサムライ』を彷彿とさせ、終盤の戦いは逆『インディペンデンス・ディ』といったところでしょうか。
いろんな作品が次から次に思い浮かび、別の意味で楽しめました(笑)。

ジェームス・キャメロン監督といえば『タイタニック』があまりにも有名。
それだけに次回作に対するプレッシャーも相当なものだったと思いますが、よくぞここまでクオリティの高い作品を作ったものだと感心します。
『タイタニック』の映像にも度肝を抜かれましたが、今作の映像もハンパなくすごかった!!!
ひょっとしたら、またアカデミー賞を取ったりして……。

今回3D版で鑑賞しましたが、映像には立体感や奥行きがあったし、CGと実写の違和感もそれほど感じませんでした。
ただ、観終わってから目が疲れたので、寝不足の時は鑑賞を控えた方がいいでしょう(笑)。
また字幕版の場合、3D映像と字幕の両方を観るのはかなりしんどかったので、映像に集中したい方は3D吹替版の方がいいかも(私も2回目は吹替で鑑賞予定……ってまた観るんかいっ!!!)。
今作の臨場感あふれる映像は是非とも劇場で”体験”してほしい。

★★★★★ 95点



アバター ブルーレイ&DVDセット [初回生産限定] [Blu-ray]アバター ブルーレイ&DVDセット [初回生産限定] [Blu-ray]
(2010/04/23)
不明

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
この1年で2~3本しか映画見ておらず比較する対象が少ないけど、まさに個人的にはここ10数年で確実に5本の指に入る作品です!3時間もあるのに一度も時計を気にせず見たのは初めてかもしれません!
DVDがでても家庭では見れない3D映像なのでぜひ映画館で見てほしいものです!
ちなみにTHIS IS ITのブルーレイ予約しましたが。。。
2010/01/23(土) 23:36:27 | URL | ひひひぃ~ん #-[ 編集]
No title
ひひひーんさん、こんにちわ。
『アバター』、私にとっても”記憶に残る映画”でした。
今後は3D映画が多く作られる事でしょうね~。

ある雑誌を読んだら、3D映像が観れるテレビを各メーカーが開発しているそうですよ。
発売はいつになるか分かりませんが、楽しみですね。

マイケルのブルーレイ、私も買おうかな……。
2010/01/24(日) 22:33:41 | URL | doruhin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック