日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2010年02月07日 (日) | 編集 |
物語のいたる所に張られた伏線がどこで収まるのか、その辺は観ていて楽しかったです。
ただ事件そのものについてはあまり多く語られず、すっきりしない部分があったのも事実。

堺雅人さん演じる主人公・青柳は友人達の助けを借りて逃亡するのですが、あらかじめ申し合わせたようにうまく事が運び過ぎてる気が……。
ダミーのマンホールの蓋が用意されていたり、長い間打ち捨てられていた車がバッテリー変えただけで走ったりと、ツッコミどころには事欠きません(笑)。

主人公をはじめとする登場人物は存在感がありました。
甲高い声の通り魔裏稼業の男も妙にハマっていたし、伊東四朗さん演じる青柳の父がテレビで息子に「逃げろ!」と言うシーンはすごくカッコよかったです。
極めつけはゴルゴ13のような刺客、あれはマジで怖かった……。

”ゴールデンスランバー”とはビートルズの曲のタイトルですが、私にとっては印象が薄い曲だったので、フレーズを聴いて「ああ、こんな曲もあったな……」とやっと思い出したほど(汗)。
そういえば、劇中で歌っていた”カローラの歌”はいつ頃の歌だろう???(謎)

★★★☆☆ 60点


ゴールデンスランバー [Blu-ray]ゴールデンスランバー [Blu-ray]
(2010/08/06)
堺雅人竹内結子

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック