日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年05月09日 (日) | 編集 |
四国旅行記012


今回の旅は高速道路の移動がメイン。
レンタカーに乗り、松山ICへ向かいました。
高速に乗るまで約20分かかったでしょうか。
GWだったこともあり、松山ICまでは渋滞していました。

ようやく高速に乗りました。
カーナビに設定した行き先は高知・桂浜
そう、龍馬像がある場所です。

朝食がまだだったので一番近いサービスエリアに立ち寄ることに。
約30分走った後、石鎚山サービスエリアに着きましたが、すでに多くの車が停車しておりました。

四国旅行記013
ここで”じゃこ天うどん”を食べました。
見た感じごく普通のうどんですが、じゃこ天が美味しかったです。


車に乗り、再び走り出しました。
ここからはひたすら走るのみ。
走っていて驚いたのは

トンネルの多いこと多いこと!!!!

しかも、長い!!!
2000m級のトンネルが何本もあるから驚き。
四国は山が多いんだなあ~と実感させられます。

1時間半ほど走ると、もうすぐ高知ICです。
しかし電光掲示板には”高知IC 渋滞”の表示。
そこで、1つ前の南国ICで降りることにしました。


南国ICで降りる車は多かったです。
みんな桂浜へ行くのでしょうか。
高速を降りると、電柱に張り紙がありました。
これによると

桂浜付近の道路は通行止め。
車は周辺の臨時駐車場に停め、シャトルバスで桂浜へ移動して下さい。


とのこと。
『龍馬伝』の影響でさぞかし観光客多いんだろうなあ~。
そんなことを考えながら、臨時駐車場へ向かいました。

臨時駐車場までは15分もかかりませんでしたが、駐車場内はすでに多くの車。
シャトルバスを待つ人も多かったです。
車を停め、バスを待つ列に並びました。

待つことしばし、ようやくバスに乗りました。
バスではボランティアのガイドさんが桂浜の案内をして下さいました。
観光気分が盛り上がります。


桂浜に着きました。
いよいよ龍馬像と対面です!!!
小高い丘を登ると見えてきました。

四国旅行記014
最初に見えたのは後姿だったので前に回り込みました。


四国旅行記015

「りょ、りょ、龍馬に会ったぜよ!!!」

最初は驚きと感激で言葉になりませんでした。
像の高さは5.3m、台座まで入れると13.4mとかなり大きかったです。
像の周りでは多くの観光客が写真撮影を行っておりました。
龍馬が多くの人から尊敬され、愛されているのを実感します。
33年の短い生涯の中で数々の大業を成し遂げてきたことを思うと、ただただひれ伏すばかりです。
(心の中で畏敬の念を抱いただけで、実際に「ははーっ」とひれ伏したわけではありません……笑)

龍馬像の隣に展望台があったので登りました。
展望台といっても、工事現場の足場みたいでしたが……。

四国旅行記016
展望台から見た龍馬像。
太平洋を見つめています。


龍馬像を見た後、桂浜を散策。

四国旅行記017
多くの観光客で賑わっております。
かつて龍馬もここから太平洋を眺めたのでしょうか。


四国旅行記018
竜王宮から見た桂浜。見晴らしが最高!!!


桂浜の風景を満喫した後、坂本龍馬記念館へ行きました。

四国旅行記019
建物のデザインが独特です。


四国旅行記020
龍馬が最期を迎えた近江屋を復元したセット。
様々な資料や展示品があり、龍馬が辿った軌跡を興味深く拝見しました。


四国旅行記021
記念館の屋上からは太平洋が一望できます。
沖縄の海に負けないくらいきれいな海でした。


四国旅行記022
記念館の隣にあるのは国民宿舎桂浜荘
一度泊まってみたいものです。


記念館を出て、土産物屋を物色。
ここでは何も買わなかったのですが、ドラマの影響でしょうか、”龍馬伝~”という商品が本当に多い。
「便乗商法もそこまでやるかぁ?」と半ば呆れ気味。
(「そういうお前も便乗ツアーだろがっ!!!」と内なる声……笑)

一通り見て回ったので、帰りのバスに乗ることにしました。
20分ほど待ったでしょうか。
ようやく来たバスに乗り込むと、帰りは市原悦子さんのような声のガイドさんが案内してくれました。

臨時駐車場を準備してくれた上、シャトルバスで送迎(しかも無料)までしてくれて、本当に至れり尽くせりというか、町を挙げて龍馬を盛り上げようとしているのが伝わってきました。
本当にありがたい限りです。

駐車場に到着。
龍馬ゆかりの地を訪れた興奮と感動が冷めやらぬ中、桂浜を後にしました。


実は桂浜で大ハプニングが発生。
何とカメラを岩場に落っことしてしまった!!!
あちこちに傷が入った上、ズームがあまりできなくなってしまいました。
全く撮れないわけではなかったのですが、おかげでしばらく立ち直れませんました(涙)。
(つづく)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
桂浜は20代に行きましたわ。
四万十には大学のときにS氏と一緒にキャンプにも行きましたわ。
今となってはホロ苦い思ひ出っすぅ~。。今年は南の島に行くぞー!うおー!!
2010/05/09(日) 23:09:01 | URL | 三毛 #-[ 編集]
No title
龍馬像見れてうらやましいです!
1度は見てみたい!
血痕の掛け軸、墓ほとんど見たつもりですが、桂浜は一度も。。。
2010/05/10(月) 13:10:39 | URL | ひひひ #-[ 編集]
No title
三毛さんご無沙汰しております。お元気でしょうか。
桂浜、龍馬像も立派でしたし海もきれいでした。

三毛さんは四万十川にも行かれたんですね~。
残念ながら今回は四万十川には行けませんでした(涙)。
今度四国に行く時は、四万十川、足摺岬、鳴門を見たいですね。

南の島、ぜひ行ってきて下さい。沖縄はいいですよ!!!
2010/05/11(火) 23:31:43 | URL | doruhin #-[ 編集]
No title
ひひひさん、こんにちわ。(改名されたのでしょうか?)

龍馬像立派でしたよ~。
ぜひとも桂浜の龍馬像は見て欲しいですね。
ただ今年は龍馬ブームなので観光客多いかも。

長崎や鹿児島にある龍馬像も見てみたいし、亀山社中跡にも行ってみたいですね。
2010/05/11(火) 23:38:50 | URL | doruhin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。