日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年05月12日 (水) | 編集 |
四国旅行記023


桂浜から車で約20分、高知市街にやってきました。
駐車場に車を停め、高知市街の名所を観光。

その前に小腹が空いたので腹ごしらえ。
高知城近くにあるひろめ市場へ向かいました。

四国旅行記024

四国旅行記025
中に入ると市場や食堂があり、多くの人でごった返しております。
その雰囲気は沖縄の牧志公設市場そっくり!!!!


四国旅行記026
ここでかつおのたたき丼を食べました。
恥ずかしながら、わさびを多く付け過ぎてゲホゲホむせながら食べる醜態をさらしてしまった……(汗)。


市場を出ると、道路の片側2車線に市場がずらーーっと並ぶ日曜市が開催されていました。
この市は300年近い歴史があり、野菜や果物、日用品などが売られています。
日曜市が行われるこの通りでは、8月中旬によさこい祭りが開催されます。
(会場はそこ1ヶ所だけでなく、市内各所に点在)




↑よさこいの踊りをYouTubeで見ましたが、一糸乱れぬその踊りは実に見事。
一度は生で見てみたいなあ~(どっちかいうと踊ってみたいかも……)。
よさこいに阿波踊りと、踊り好きな四国の土地柄は沖縄にも通じる部分があります。


日曜市を見た後、通りの先にある高知城に行きました。
高知城は土佐藩を治めた山内家の居城で、築城したのは大河ドラマ『功名が辻』の主人公・山内一豊

四国旅行記027
大手門を入ってすぐに板垣退助の銅像がありました。
「板垣死すとも自由は死せず」の名言はあまりにも有名。


四国旅行記028
階段を登った先には、山内一豊の妻・千代の像。
残念ながら仲間由紀恵さんにはあまり似てません(笑)
(不覚にも山内一豊の像は見そびれてしまった……)


四国旅行記029
天守閣。南海の名城と呼ぶにふさわしい威容を誇っています。


四国旅行記030
天守閣最上階より高知市内を一望。


高知城を見た後、はりまや橋に行きました。

四国旅行記031
はりまや橋は純信とお馬の悲恋物語の舞台になった場所。
「土佐の高知のはりまや橋で 坊さんかんざし買うを見た」
とよさこいの歌詞にも出てきます。


四国旅行記032
現在は大通りになって路面電車が走っていますが、昔は堀に小さい橋があったに過ぎません。

このはりまや橋、大変不名誉なことに”日本三大がっかり名所”の1つに数えられています。
調べてみたところ、残り2つは北海道の時計台沖縄の守礼門だそうな。
「フ~ン、がっかり名所ねぇ……。そこまで言うんだったら、どんだけがっかりなのか確かめてやろうじゃないの!!!」
と、不真面目極まりない動機で見に行きました(笑)。

はりまや橋に行ってみると多くの観光客で溢れていましたが、
「チッ、とんだがっかり名所だな。来て損したぜっ!!」
などとホザく輩は1人もおらず、それどころか嬉々として記念撮影する人々が後を絶ちません。
ものすごくがっかりするかと思いきや、思ったほどがっかりじゃないところにがっかり
……という、何ともわけの分からない感想になりました(爆)。


がっかり橋……もとい、はりまや橋から路面電車に乗り、坂本龍馬誕生地に行きました。

四国旅行記033
坂本龍馬誕生地には石碑が建っていました。
ここで龍馬が誕生したと思うと感慨深いものがあります。
といっても、1分もせぬ内に近くにある龍馬の生まれたまち記念館に行きましたが……。
記念館は閉館時間ぎりぎりだったので急いで見ました。


こうして、高知市街の観光は終了。
駐車場に向かう途中、ひろめ市場でお土産をいくつか買いました。

四国旅行記034
お土産とは別にトロかつお飯も買いました。
美味しそうだったのと、値段が半額だったので衝動買い(なんと150円でした!!!)。


駐車場に戻り、車のエンジンをかけ、カーナビを松山にセット。
こうして高知を後にしました。

高知市街を抜け、高速に乗りました。
最初は普通に走っていたのですが、松山、徳島、高松に分岐するジャンクションの10kmほど手前で案の定、渋滞に出くわしてしまった!!!!
渋滞を抜けるのに1時間ほどかかりました。

どうにか渋滞を抜け、約1時間ほど走ってようやく松山に到着。
ホテルに着いたのは午後9時近くでした。

四国旅行記035
泊まったホテルはホテルチェックイン松山
(この写真は3日目、松山城にて撮影)


四国旅行記036
部屋に入りました。

ホテルに着いてほっとしたのも束の間、よくよく考えると夕食がまだでした。
どこかで食べようと思ったものの、ホテルの周りには飲食店があまり見当たらない。
歩き回るのも面倒だったので、やむなくコンビニ飯。……トホホ。

部屋でコンビニ飯を食べようとしたら、
「あっ、そうそう、ひろめ市場で買ったトロかつお飯があったっけ!!!」
ふと思い出したので、それも食べました。
小腹が空いた時に車で食べるつもりで買ったのですが、まさかここで役に立つとは……。
なかなか美味しかったです。

夕食後、最上階にある温泉に入りました。
ここの温泉は奥道後温泉の引き湯(この宿をチョイスしたのはそのためです)。
朝5時から起きて、車を長時間運転して、行列に並んで、暑い中歩き回って、渋滞に出くわして……とハードな1日だっただけに、温泉が本当に気持ちよかったです。

温泉から上がり、部屋に戻りました。
疲れていたので布団に入るやいなや、ものの見事に爆睡。
こうして四国旅行1日目は無事に終わりました。
(つづく)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。