日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年05月26日 (水) | 編集 |
四国旅行記069


     5月4日

朝7時起床。
テレビを見ながら身支度を整えていました。
7時半に朝食。
といってもこのホテルには食堂がないので、ルームサービスで持ってきてくれました。

四国旅行記070
豪華な朝食でした。
楽天トラベルのクチコミでもここの朝食は評判がいいようです。
(この宿をチョイスした理由、実はそこなんです)
とても美味しかったし、朝からこんなに豪華な食事が出来てリッチな気分でした。

朝食を済ませ、8時過ぎに宿をチェックアウト。
駐車場から車を出し、出発。


四国旅行3日目、晴れ。
3日間晴天に恵まれてありがたい限りです。
その日は栗林(りつりん)公園に行こうか?それとも金刀比羅宮(ことひらぐう)に行こうか迷ってましたが、2ヶ所回ると時間がかかりそうだったので1ヶ所だけ行くことにしました。
迷った末、金刀比羅宮をチョイス。

高松から金刀比羅宮までは一般道を通って行きました。
かかった時間は約40分ぐらい。
近くにある市営駐車場に車を止め、金刀比羅宮へ向かいました。

金刀比羅宮は香川県仲多度郡琴平町にある神社で、”こんぴらさん”の愛称で親しまれています。
長い石段で知られており、御本宮まで785段、奥社まで1368段あります。
海の神さまが祀られた金刀比羅宮は四国有数のパワースポット。
「旅先のパワースポットを訪れる」
という私の旅のモットーに従い、ここまでやってきました。

駐車場から歩くこと5分、金刀比羅宮の参道入り口に着きましたが、すでに多くの観光客であふれていました。
ここから長い長い道のりです。
気合を入れ(エィッ!!!)、早速階段を登り始めました。

四国旅行記071
かごで移動することも可能です(有料)。


四国旅行記072
てくてくてく……てくてくてく……
300段ほど登ると、大門が見えました。


四国旅行記073
大門をくぐると、桜馬場と呼ばれるまっすぐ伸びた参道があります。
4月には桜の花が咲き乱れます。


四国旅行記074
桜馬場の先にある広場に大きなプロペラが奉納されていました。
海の神さまが祀られているからでしょうか。
プロペラは大型タンカーのサイズです。


四国旅行記075
プロペラの隣には馬小屋があり、馬が2頭いました。
元々は競走馬で、神馬として奉納されています。


馬小屋やプロペラのある広場からしばらく進むと、旭社(あさひしゃ)が見えました。

四国旅行記076
立派な建物でした。
かなり大きいので最初はこれが本殿かと思ったほど。
国の重要文化財に指定されています。


旭社からさらに進むと、ようやく御本宮に到着。

四国旅行記077

「着いたーーっ!!!」

御本宮までの階段の数は785段。
よくぞここまで登ったものです。
ここでしっかりお参りしました。


四国旅行記078
御本宮の隣には絵馬が飾ってありましたが、海の神さまだけに船に関するものが多かったです。



ここまで来ると
「御本宮も見たことだし、そろそろ戻ろうか」と来た道を引き返す人と
「せっかくここまで来たから、奥社も見に行こう」と奥社を目指す人の2パターンに分かれます。
私はもちろん、奥社を目指して歩きました。

四国旅行記079
御本宮からしばらく歩くと白峰神社がありました。


そこからさらに進むと……
ついに

四国旅行記080
奥社である厳魂(いづたま)神社に到着!!!!

「バンザイ!!!!」

1368段登った甲斐がありました!!!
達成感を味わいつつ、お参り。


四国旅行記081
ここから見える景色は何よりのごほうびです。
深呼吸すると、空気がうまいなぁ~。
本当に心癒されます。


奥社の横には断崖があり、よく見ると……

四国旅行記082
天狗の面が2つありました。
でも何であんなところにあるんだろう???


登り終えた達成感にしばし浸った後、来た道を引き返すことに。
帰りも景色を楽しみつつ、階段を下りました。

40~50分ほど歩いたでしょうか。
ようやくお土産屋さんのある参道に着きました。
お土産をいろいろ買っていたら、もうお昼。
歩き終わってちょうどお腹も空いてきたので、参道沿いのうどん屋さんに入りました。

四国旅行記083
出てきました。ぶっかけうどん
うどんの上に乗ったおろし大根、ねぎに醤油をぶっかけて食べる、讃岐うどんの典型的な食べ方です。
ゴムのように弾力のある麺はなかなか食べ応えがありました。
好みの問題かもしれませんが、私的には醤油にもう少し甘みがあったほうがいいかな~。

がっかり名所に続く日本三大ネタですが、うどんにも”日本三大うどん”があります。
私の知る限りでは今回食べた讃岐うどん、稲庭うどん、そして五島うどん(これには諸説あって他のうどんが入る場合もあります)の3つが挙げられます。
前々から思っていましたが、うどんに限らず”日本三大~”は一体誰が、どのような根拠で言ったのか分からないものもけっこうあります。
そのチョイスに関しては異論があるかもしれませんが、そもそも”日本三大~”というのは言った人の主観によるところが大きいので、まあ言うたモン勝ちの世界なんでしょうね。


うどんを食べ終わり、駐車場に戻りました。
こうしてこんぴら参りは無事終了。
きつかったけど、充実感、達成感がありました。
こんぴら参りは観光というより、山登りに近かったです。
女性の方はハイヒールで行かないほうがいいでしょう。
また、階段が多いのでミニスカートもやめた方がよろしいかと。
(私は大いに奨励しますが……爆)

心地よい疲れの中、金刀比羅宮を後にしました。
(つづく)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。