日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年10月07日 (木) | 編集 |
1963年に作られた作品のリメイク(オリジナルは未見)。

まずキャスティングが超豪華。
役所公司さん、市村正規さん、松方弘樹さんなど錚々たる顔ぶれです。
予想外によかったのが稲垣吾郎さん演じるバカ殿・松平斉韶
極悪非道な暴君を嬉々として演じていましたが、他のSMAPのメンバーがやってもこの雰囲気は出せなかったと思います。
目に余るほどの暴君ぶりですが、もし乱世に生まれていたら案外幸せだったかも、と少し可哀想に思った部分も…。
また、市村さんは時代劇のイメージとは程遠いのですが意外にハマっていたと思うし、『相棒』米沢鑑識官が何気に出てたのも驚き。
岸辺一徳さん面白すぎ!!!(笑)

後半のアクションシーンも見どころ満載。
矢で次々敵を倒すわ、トラップで敵を封じ込めるわ、豪快に爆破するわ、斬って斬って斬りまくるわと怒涛のようなアクションの連続で楽しかったです。
個人的には伊勢谷友介さんと伊原剛志さんの立ち回りがえらくカッコよかった!!!
役所さん演じる島田新左衛門と市村さん演じる鬼頭半兵衛の一騎打ちもなかなか見もの。

ただ13人もいると、全員のキャラを把握するのは大変。
火薬のスペシャリスト、弓の達人、怪力自慢などといった具合に得意分野や役割分担をより特化させた方が分かりやすかったのでは?と思います。

クライマックスまでの溜めがやや長く感じましたが、痛快娯楽時代劇と呼ぶにふさわしい作品でした。

★★★☆☆ 70点


十三人の刺客<Blu-ray>豪華版(特典DVD付2枚組)十三人の刺客<Blu-ray>豪華版(特典DVD付2枚組)
(2011/05/27)
役所広司、山田孝之 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。