日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年10月08日 (金) | 編集 |
観終わって重い余韻が残る作品でした。

”悪人”ってなんだろう?
単純に考えると罪を犯した人は当然悪人ということになりますが、見方を変えれば罪を犯す原因を作った人も悪人といえるかもしれません。
でもあまり拡大解釈すると、この世は悪人だらけになってしまいそう(笑)。
まあ生まれながらの悪人はいませんが、悪人になり得る要素は誰もが平等に持っているのではないかと思います。

”誰が悪人なのか?”というキャッチフレーズがありましたが、それは当然インチキ薬売りでしょう。
…もとい、彼らも確かに悪人ですが本筋とはあまり関係ないので横に置いときましょう(笑)。
観る者の多くは恐らく、佳乃を山道に置き去りにした圭吾が最も極悪人に映っていることと思います。
もっとも、殺された佳乃も”したたかさ”という点では圭吾と大して変わらないし、むしろ佳乃を殺した祐一の方が変な計算がない分、善人的かもしれません。
しかし山道に置き去りとはとんでもないことをやるもんだな…。
他人の痛みに対する想像力が欠落してるからこんなことをするのでしょう。
幼児虐待のニュースが最近多いのも、そういう人たちが増えたからかもしれません。

2人の灯台への逃避行も印象的。
「海の先は行く場所がない」というセリフと相まって悲壮感たっぷり。
ラストで祐一が取った行動には胸が締め付けられそうでした。

この作品は福岡・佐賀・長崎ロケということもあり、個人的には見覚えある風景が多く出てきたのが嬉しい限り。
モントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を獲った深津絵里さんの体当たりの演技も素晴らしかったし、妻夫木聡さんも陰のある役を見事にこなしていました。
柄本明さん、樹木希林さんの演技も味わい深く、被害者の家族の深い悲しみや加害者の家族の苦悩が痛いほど伝わりましたし、柄本さんのセリフも胸にズシリときました。

今作を撮ったのは『69-sixty nine-』『フラガール』李相日監督。
『69』は青春コメディで思いっきり笑わせてくれ、『フラ~』は町興しサクセスストーリーでラストでは感動の涙を流しましたが、今回は笑いやサクセスとは真逆の”人間の闇の部分”を見せ付けられました。
次回作、どんな作品を放ってくるのか楽しみです。

★★★★☆ 85点


悪人 (特典DVD付2枚組) [Blu-ray]悪人 (特典DVD付2枚組) [Blu-ray]
(2011/03/18)
妻夫木 聡、深津絵里 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ついに見ましたか
>それは当然インチキ薬売りでしょう。
ふふふ確かに(^^)

わたしは最初、祐一のばぁちゃんも悪人と思ってみていました。
自分のことばっかりなんだもの!

考えさせられる映画でしたね。
人間って多面的だ・・・。
2010/10/08(金) 19:00:43 | URL | sonatine #-[ 編集]
満を持して観て来ました。
sonatineさんこんにちわ。

もし大勢で観たら、見終わってからディスカッションしそうな映画ですね。
私にとってもいろいろ考えさせられた映画で、感想書くのにすごく時間かかりました。

それにしても、殺された佳乃はあの両親の元で育って、どうしたらあんなにしたたかになるんでしょうね~?(謎)

2010/10/09(土) 00:07:03 | URL | doruhin #-[ 編集]
やっと
あけましておめでとうございます(ってまだいいのですかね?)
今年もよろしくお願いします。

今日、見てきました。
私は、マスコミも悪人に見えました。そしたら、そういうのを報道するワイドショーを見て、
あーだこーだ言う自分も・・・とか、考えてしまいました。

昔は、テレビで見る番組は、正義の味方、善と悪、というのがきっぱり分かれていて、
「こっちはいい人?悪い人?」
という質問に、はっきり答えがかえってきてたのに、これは難しい・・・。
今の世の中がそうなのだろうと思います。

佳乃も、ある意味、いまどきの娘かも。うちの娘がああならないよう、祈るばかりです。
2011/01/13(木) 21:11:00 | URL | ヒロ #7VgScPWU[ 編集]
No title
ヒロさん、遅くなりましたがあけましておめでとうございます。

「悪人」再上映されてたんでしょうか?
確かに、映画に出てくるマスコミもある意味悪人といえますね。
マスコミの場合、悪意はなくても知らず知らずのうちに人を傷つけてしまうことがあるので始末が悪いかも…。
見る側もマスコミを増長させないよう気をつけないといけませんね(笑)

最近の映画やテレビ番組は善悪で割り切れない、白黒つけがたいものが増えましたね。

今年もよろしくお願いします。
2011/01/13(木) 23:45:15 | URL | doruhin #-[ 編集]
No title
昨年度邦画NO1では?
某ディズニー3Dと違いアバター以来時間を忘れさせてくれる作品でしたね!
2011/01/16(日) 15:10:37 | URL | ひひひぃ~ん #-[ 編集]
No title
ひひひーんさん、こんにちわ。
「悪人」も確かに印象に残る映画でしたが、どちらかいうと「告白」の方が邦画NO1ですね。私的には。
洋画では「アバター」はまあ別格として、「第9地区」「インセプション」が個人的にはよかったです。
アニメでは「トイ・ストーリー3」「ヒックとドラゴン」「カラフル」がよかったです。
実は2011年、まだ映画観てません…。
2011/01/19(水) 22:39:43 | URL | doruhin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。